行川アイランド

2010年9月1日(水)

9月になったにも関わらず、まだ18きっぷが余っています。さあどうしよう。
ということで、友人を誘って18きっぷ消化の旅にでます!

今回の出発は横浜駅から。朝9時過ぎと遅めの出発です。18きっぷに押印をもらい、横須賀線に乗車。
途中東京で乗り換え、11時6分に千葉着、勝浦行きに乗り換えます。

PIC_1190.jpg

これがまたスカ色!初のスカ色に乗車です!
風情があっていい車両でした。

PIC_1192.jpg

そして勝浦からは、乗り得として有名な「特急わかしお7号」の普通列車となる区間に乗れます!

PIC_1193.jpg

やはり特急は豪華!
ながらの回送から始まり、踊り子の回送、くびき野、セントラルライナー、新夕張~新得、木古内~蟹田、スーパーカムイの快速エアポート、津軽線、珍しいものではいさぶろうの回送、なのはなDXの回送ときて、外房線!
特急型車両の普通列車の大方には乗っているんではないかと思うくらい乗ってます。

そして行川アイランドで下車するのかと思いきゃ、安房鴨川で下車。時刻は13時6分。
駅前のジャスコで昼食を調達します。

そして折り返し13時39分発の「特急わかしお18号(勝浦まで普通)」に再び乗り込みます!

PIC_1199.jpg

ちゃんと「勝浦まで普通」と方向幕に表示してあります。丁寧です。

PIC_1202.jpg

PIC_1203.jpg

そしてやってきました!高校1年の頃から行こうとしてたら大学1年になっていた秘境駅・行川アイランド駅!!

PIC_1208.jpg

最近作られたのであろう、綺麗な待合室があります。しかし既に虫がいっぱいおり、蜘蛛の巣も。。。

PIC_1213.jpg

駅前には営業してるのか分かりませんが例のホテルが。。

PIC_1217_20110820180239.jpg

そのホテルの脇を通っておせんころがしへ。
崖です。海がきれいです。こういった崖になっている場所を訪れたことは今までなかったので、なかなか楽しめました。

PIC_1225_20110820180555.jpg

崖を堪能したところで、駅前に戻ります。

PIC_1228_20110820180555.jpg

PIC_1229.jpg

行川アイランドの施設がそのまま残っていて、廃墟となっています。
しかしこの入園券売場、天井が一部落ちてきており、もうすぐ崩れ落ちてしまうのではないかと怖かったです。

PIC_1231.jpg

行川アイランドの本体につながっているトンネルはさすがに閉鎖されていました。

PIC_1243.jpg

そしてやっと安房鴨川行きの列車が到着したので乗り込みます。
私はトイレに行きたかったので、友人を残して早速トイレへ。
そうしたら検札が来たようで、2人分の18きっぷは自分が持っているため、友人はきっぷを所持していません。
その旨を車掌に説明したら、何事もなくスルーできたようで、再検札もありませんでした。

行川アイランド→安房鴨川→館山→蘇我

と移動します。途中の岩井駅(だったと思う)は、友人が高校生の頃、部活の合宿で毎年訪れていた思い出の地だそうです。
彼は既に24歳なので、相当なつかしかったことでしょう。

PIC_1246_20110820181723.jpg

そして蘇我駅で下車。この蘇我駅も、理由は書けませんが友人の思い入れの駅です。
私の行きたかった行川アイランドだけでなく、友人の思い入れの岩井・蘇我を訪れることができたので二人とも満足できたすごい旅行であると思います。

さらに京葉線は一部未乗であったため、未乗区間を走破といいことずくめです!

そして東京駅から東海道線で私の地元、川崎駅に戻り、ココスで夕飯を食べて帰りました。

こちら

にも書いてあるとおり、昨年11月に泊まりで大掛かりな旅行に行こうとしていたのですが、友人が体調を崩してしまい、結局行けずに。
それ以来、一年近く会っていなかったのですが来月会えることになりそうです!
今から楽しみです。

(2011.8.20投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク