東日本特急乗り継ぎ旅・2

2017年5月11日(木)

青森に到着したが、もちろんここで終わりではない。
軽く記念撮影をすませ、また来た方向に戻る。22:37の普通弘前行きに乗車。最終の1本前である。
乗客は思ったよりかはいて、飲み会帰りの人たちである。さらに新青森で新幹線からの接続を受けて席がおおかた埋まる。

IMG_8642.jpg

そして自分は津軽新城下車。
今後の行程まで時間があるので時間調整と、特急つがる減便に伴う新幹線連絡列車設定のために当駅始発が大増発した様子を見ようと思い。
とはいえここで降りたのは2名。列車の本数は増えたものの、使い倒してやろうって人はそんなにいないようだ。

IMG_8646.jpg

深夜にこんな駅に来て帰れるのって感じだけど、津軽新城始発の23:07、青森行き最終に乗ります。
乗客はなんとゼロ。乗務員は計3人乗っており、客のほうが少ない状況。

IMG_8653.jpg

新青森で下車。もう新幹線は終わっており、ここから乗る人もゼロ。自分が乗らなきゃ全区間空気輸送になるところだったな。

ここから本日の宿パート1、青森健康ランドを目指します。
青森で入浴するとしたら青森まちなか温泉が定番でした。急行はまなすの前後に丁度いい。
しかし、まちなか温泉は深夜営業していないので、これから乗る青函フェリーと組み合わせるのは難しい。

IMG_8659.jpg

そこで新名所誕生。青森健康ランド。新青森駅より徒歩10分。途中道を間違えたものの、無事に23:45ごろに到着。
通常は400円くらいで入浴できるが、深夜料金が加算されて約1200円に。それでも安い。
しかもなんと、風呂には誰も客がおらず完全な貸切状態。全ての種類の風呂を順番に入ったり、露天風呂で歌ったりして自由であった。

2017年5月12日(金)

3時間利用できる料金を払ったが、45分くらいの利用で0:30に退店。
これから2:00発の青函フェリーに乗ることに。4:30発とどっちに乗るか迷ったが、まだあまり眠くないので今のうちに港に行く作戦。
歩き出す。けっこう歩いた所で違う道に行ってることに気づく。
雨が降ってくる。傘を持ってない。
本来は健康ランドから徒歩30分で行けるはずなのに、逆方向に10分歩いたから気づいたポイントから徒歩40分という羽目に。
時刻は0:40。乗船受付締切は1:30。
一応間に合うけどギリギリだし疲れるし雨が。。最悪である。
しかし助っ人、ますのすしを買った時にもらった無意味に大きい紙袋。これを頭に乗せて傘がわりにすることに成功。
あとは気合で歩き続けて、結局新青森駅からトータルで1時間以上歩いて港に到着。

青函フェリーの受付をすませる。電話予約すると安くなるので1時間くらいの前に予約した。1440円になった。これは安い。
夜行のフェリーで1440円なんて他にあるか?

IMG_8673.jpg

徒歩で乗船なので連絡橋を使うと思ったら、乗り場が普通の車と同じところからだった。僕の常識が破壊された。
まあこんな夜中の便、徒歩乗船は2名だったのでその方が効率がいいか。
船内は雑魚寝ゾーンが5区画くらい、あとはドライバールームというシンプルな構造。
この船は車の中にいてもいいタイプのようなので、乗用車の人も車で休む人が多いようで、奇跡の雑魚寝ゾーン1人1区画が達成された。
夜中だし、外の景色も見れないし、完全にこの船は貨物船のおまけで旅客をのせてる感じなので寝れるうちに寝ることとする。

IMG_8682.jpg

雑魚寝ゾーンじゃ熟睡はできないものの、区画を占有できたため割と快適ではあった。
5:50に函館港に到着。しかし、この船は車を先に全て降ろしてから旅客の降車なので、実際に降りれるのは6:20くらい。この時間がでかかった。30分余計に寝れるだけでなく、6:20に降りて五稜郭駅まで歩くと丁度函館線の始発で函館駅に行けるのだ。

朝っぱらから30分歩いて五稜郭駅へ。昔の青函連絡船なら双方の駅から近かっただろうなと嘆くが、まあウォーキングして時間調整した方がいい時間になるかとも思う。
五稜郭駅に着。
6:48 いさりび鉄道函館行き
6:57 函館本線函館行き
7:09 はこだてライナー函館行き
と、さすが交通の結節点、かなりの頻度で鉄道が運行されています。

IMG_8702.jpg

6:48には間に合わなかったので、6:57に乗る。朝早くから学生たちで混雑していた。
五稜郭駅の券売機は故障しており、出札が大変そうだった。

IMG_8713.jpg

ともあれ7:02に函館着!家を出てから25時間かけてやっと函館まで来れた。

(2017.5.18投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク