最長往復切符の旅に少し参加

2017年4月26日(水)

IMG_7639.jpg

もはや何度目の乗車だと思えるくらい乗っているNEX。今回は朝一番の始発のNEXに乗車します。私の居住する町田から乗る場合、横浜線始発で横浜駅に行けば横浜駅からNEXに乗れますが、それだと特急料金が上がるのでわざわざ武蔵小杉まで横須賀線普通列車で移動して武蔵小杉から乗車。どっちにしても始発の横浜線に乗らないと間に合わないので、それなら安く済む方法を選びます。

IMG_7644.jpg

始発のNEXで行くとバニラエアの8:15発の便にギリギリ乗れます。これより前は厳しい。新千歳行きのLCCって最近は高くなってきている印象だったものの、この時期は閑散期なのか諸手数料込で5000円ほどで乗れました。飛行機が高い時期は苫小牧のフェリーを利用する手もあるものの、飛行機が5000円なら断然飛行機一択である。これなら毎週行ける。

新千歳空港に定刻で到着し、タイムズカーレンタルでディーゼルアクセラを借りて今回もレンタカー旅行開始。つい千歳の山岡家でラーメンを食べてしまった。やっぱり山岡家は北海道名物である。

IMG_7647.jpg

近場なので前回も訪れているけど美々駅を訪問。といっても今年の3月に廃止されてしまい、ロープと張り紙で廃止された旨が示されている。本当にここの駅の周りは何もないし、空港と間違える誤下車がそこそこあったようなので廃止で困ることは少ないかもしれないが、フライトまでのちょっとした空き時間に訪れるスポットみたいな存在で残っていてもよかったのになと思う。

IMG_7673.jpg

続いて追分駅へ。ここに来る途中、何もない道路でタンクローリーが横転していました。火災にはなってなかったものの消防車が何台も来ていた。事故は怖いな。
追分駅は室蘭線と石勝線が交差するポイントながら、列車本数はもちろん少ない。「交通の要所」とよく表されるが、本当に要所なのかはよく分からない。
しかし写真で分かるように広大な敷地があり、貨物輸送の拠点として栄えていたことが推測されます。

IMG_7715.jpg

続いて楓駅を訪問。こちらも去年冬に訪れたものの、雪で駅跡地には近づけず、夏に再訪しようと願っていた場所でした。
おかげさまで雪は溶けており、ホームがあった場所と思われる場所にたどり着けました。しかしここの目の前は家賃の安そうな団地で、団地の駐車場が見当たらないことからここの居住者は車も持っていなさそうで、路線バスの本数もごく僅か、こんな環境でここの住民はどうやって暮らしてるんだろうと思います。

IMG_7738.jpg

続いて夕張支線を北上。清水沢駅。別に訪れる予定はなかったものの、通る道のルート沿いにあったので一応見ておくことにします。
待合室が広いけどほぼ何もなく駅舎からホームへ到る道が変な後づけされたような道になっているのが印象に残った。

IMG_7749.jpg

ここからひたすら国道452を走り、富良野を目指すのですが、途中に面白いものを発見してしまった。
南大夕張駅跡。なんとここは古い車両が三菱大夕張鉄道保存会さんの手で静態保存されており、車内を見学することまでできる。
無人で静態保存されているような場所でこんな古い客車の中を見学できる所なんてそうそうない。
もっとゆっくり見学したいところであるが、この後の待ち合わせがあり、あんまり長居すると遅れるので泣く泣く歩を進める。

IMG_7772.jpg

富良野駅に到着。ここに来た理由は、現在進行中で最長往復切符の旅を実行されているスーツさんにお会いするためです。
ちょうど今日私が北海道で時間があるので、スーツさんの日程と合致すればなと思い連絡をとってみたら快諾していただけた。
まあちょっと30分くらい差し入れを渡してお話を伺って解散するかなって予定だったものの、スーツさんも今日はかなり日程に余裕がある日だったようで、3時間くらいかけてドライブしに行く驚きの展開に。

IMG_7777.jpg

3時間もドライブすると思ってなかったので何も決めていなかったという流れになると、観光案内所に話を聞きに行くスーツさん。観光案内所なんて俺行ったことないや。そして案内所の人が適当に散策できるルートを考えてくれたが、ドライブ中に話に夢中になっていたため教えてもらったスポットは余裕で通り過ぎてラベンダー畑駅に到着。
たまたま列車が通過するシーンを見ることができた。なんでこの駅はわざわざ建設と解体を繰り返しているんだろう。

IMG_7792.jpg

続いて美馬牛駅付近にあるクリスマスツリーの木という場所に。富良野はラベンダーだが美瑛はどういうところなんだ?という疑問に対し、こういった丘の景勝地が多数ある地だということか。こんな場所は北海道でないとありえないだろうな。

IMG_7808.jpg

ここから車を走らせて富良野駅に戻り、最長往復切符の旅のルートに戻るスーツさんを見送る。しかしやはり、動画の収入で旅を続けるほどの大物であり、放つオーラが違った。こうした人と少しでも関わることができたのが本当にうれしい限りである。
今後のご活躍が本当に楽しみである。ちなみに私もスーツさんの動画に少し登場している。

IMG_7824.jpg

そこから一気に新千歳空港に戻り、仕事を終えて旅に合流する同行者を迎えに行き、千歳駅近くのビジネスホテルホーリンというところに宿泊。

(2017.5.2投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク