路線バス乗り継ぎの旅・豊橋から姫路・1

2017年2月6日(月)

1日目

ついに復活しました路線バス乗り継ぎの旅。
今回は豊橋→名古屋→大阪→姫路を目指し、東海道・山陽新幹線区間の路線バスでのルートの制覇にかかります。

豊橋の東横インを6時半にチェックアウト。楽しみだ。

IMG_6243.jpg

1本目 豊橋駅6:48→八幡駅口7:20 豊鉄バス 500円 始発

やはり路線バスの旅、基本は始発から。一応乗客は5人いた。運賃箱にICカードリーダー的なものが設置されてるが、まだ仮設で支払いは現金のみ。いきなり500円ってなかなか高額だな。
音声合成の放送で"世界心道教の協力で放送しています"というアナウンスがたびたび流れる。諏訪町駅前が世界心道教前みたいなバス停になってて支配されてた。
途中の豊川体育館で客は自分のみに。
八幡駅口で下車したが、次の豊川市民病院で降りれば降りた停留所で次のバスが来る模様。

IMG_6264.jpg

2本目 名鉄八幡駅7:51(+5分)→大榎橋8:38 豊川市コミュニティバス 200円 1日3本

さっそく登場するコミバス。コミバスといっても数種類あり、大まかに 普通のバス、小型バス、ジャンボタクシー、ジャンボタクシーなうえに降車ボタン等がないものの4パターンかな。
その中で最強ランクのジャンボタクシーで降車ボタン等がないバスがこちらです。
乗車の際に降りる停留所を申告する方式。
数名乗客がいたものの、皆常連のようで特に言わなくても下車する場所が運転士も分かるよう。
末端区間の音羽中学あたりで客が自分だけになった。
豊橋から西に行くバスは選択肢が乏しく、おそらくこれが最良ルートだがこのバスには自分のようなバス趣味者がたまに現れるのだろうか。それも利用者からしたら奇妙に感じるであろう。

IMG_6279.jpg

大榎橋→徒歩約37分→本宿駅

コミバスに続きさっそく現れた徒歩区間。どんな所を歩くのかと思ったらひたすら国道1号を西へ行くのみ。なぜこの区間にバスがないのか若干不思議でもある。
しかし40分ほど歩いたが、道中にコンビニやまともな店はなく、交通量は多いが周りに何もない場所なのであろう。
びっくりしたのが沿線がずっとトレインビューであること。名鉄の電車がいったりきたりし続け、飽きない徒歩区間であった。
少し寒かったものの体力的に余裕で本宿駅に到着。
しかしこの本宿駅の周りにも何もない。どうなってるんだ。

IMG_6294.jpg

3本目 本宿駅9:48→美合駅10:26 名鉄バス 560円 始発 1日4本

ここから名鉄バスゾーンに突入します。相変わらずの本数の少なさ。とりあえず割引目当てに豊橋でmanacaを買っており、利用してみることとする。残額余っても東京で使えるしな。
このバスは本宿駅を出ると駅近くの高台をぐるっと回ってまた駅近くに戻ってくる。運賃表はよく見てなかったが、この分の距離が加算されるとしたらもったいない。
車はポンチョで乗客はまばらであった。

IMG_6303.jpg

4本目 美合駅 10:31→東岡崎駅11:00(+30) 名鉄バス 380円 本数多

わずか5分の乗り継ぎでスムーズに乗り換え。この7分後にも東岡崎行きがあるが、昼食の時間を長く取るために少しでも早い時間のバスに乗車。
美合駅を出て順調に進んだが、国道1号の脇道に入る大平地区周辺で停車。

IMG_6309.jpg

何事かと思ったら、道路の前方で一般車同士の事故があり、普通車は通行できるものの、大型車は通行できない幅しかスペースがない状態である。
バスは簡単にバックすることはできない。このバス自体は通行止め解除まで足止めである。
東岡崎で乗り継ぐ予定のバスは12:10発であり、このバスが1時間10分遅れまでなら間に合う。
しかしレッカー移動するまで通れないとなると1時間じゃすまない。どうするか。

運転士さんは営業所と連絡を取りつつ現場を確認しに行って案を提示してくれた。

「近隣の停留所で降りる人は徒歩で行くのが良い。」
「遠方へは営業所の自家用車で近くの停留所まで送るので、後続のバスを利用してください。」

とのことでした。どうやら今自分がいる所は国道付近の側道であり、後続のバスは迂回して国道1号を通しているので問題ないようである。
後続も30分おきくらいで来るので多分大丈夫であろう。助かった。

自家用車が到着。営業所の職員と思われる方が運転し、なんと目的地まで送ってくれるとのこと。私を含めて乗客は4名。この人数だからこそできる技だな。
とりあえず私は元バス会社職員ですのでお疲れ様ですと告げる。こういうときにクレーム言われるのが一番面倒だろうから、こう言っておけば向こうも安心であろう。
どうやら上下1台ずつ通行止めに引っかかっていたが、連絡ミスでさらに1台引っかかってしまったようだ。これをひたすら自家用に乗せるのだろうか。名鉄バスさん本当にお疲れ様です。

結局東岡崎駅へは所定より30分遅れの11:30に到着した。乗り換え時間がシビアなポイントが多々ある行程な中で、時間に余裕のある区間での事故で本当に助かった。

IMG_6313.jpg

ここで昼食。近くにたまたまあった二郎系の店でいただく。汁なしの味噌味。本家の二郎ではなかなか味わえない組み合わせなのでなかなか良かった。

IMG_6321.jpg

5本目 東岡崎駅12:10→中垣内12:46 名鉄バス 570円 約2時間おき

今までほぼ名鉄の線路沿いに進んでいたが、進路を北に変える路線。
終点の中垣内は何もないような所だが、バスが折り返す設備があるからたまたま豊田市からのバスが終点になっているような場所である。
今回の旅行、このバスが遅れるかどうかだけが勝負である。
東岡崎のバスターミナルが特殊な構造で、直進で入ってバックで出る、綱島駅の逆バージョンみたいになっているのだが、12:10発のバスが3台あったので3台同時にバックする風景が面白かった。これは動画で撮りたい。
さて道中、火災があったようで警察・消防・中部電力がサイレン鳴らしてた区間があったものの、特に問題なく定時で中垣内に到着。これでこの旅はゴールできるのはほぼ確実。

IMG_6341.jpg

6本目 中垣内12:55→豊田市13:22 名鉄バス 540円 本数僅か

本数僅かなバスが9分接続で行くという好接続。しかし周りに何もない所なのでちゃんとバスが来るか少し不安であった。
もちろん定時にバスは来る。バス会社はすごい。
本数が少ないものの、乗客は意外と少しずつ乗っている。川沿いを走って綺麗な区間が長いが、唐突に都会になって豊田市駅に到着。

IMG_6346.jpg

7本目 豊田市駅13:35→赤池駅14:21 名鉄バス 670円 15分間隔

ここからはイージーモード。本数の多い路線が続きます。とはいえ、あまりにも乗り遅れると新東名スーパーライナーの最終に間に合わなくなり、3倍の運賃を払って新幹線で帰る羽目になってしまうので油断はできない。
豊田市駅から乗る赤池行き、あるはずなのにバスがない。少々焦るも駅の反対側の乗り場を探したら無事に発見した。都市部では本数が多いものの、乗り場がわからないというケースが現れる。
この赤池行き、15分おきという高頻度の割には長距離を走り、運賃も670円という本日最高額。よっぽど需要がある路線なのだろうか。

IMG_6356.jpg

赤池駅→徒歩20分→平針小学校

赤池駅に着き、写真を撮っていたら目の前で長久手古戦場駅行きのバスが発車していった。
古戦場行きのバスは14:25発で、これに乗っていれば古戦場駅で名古屋行きに乗り換えられる。
調査不足によりこのバスへ乗り継げることを見逃していた。
とはいえ、名古屋着は古戦場経由の方が遅くて運賃も高く、先ほどの赤池行きが遅れたら乗り継げない可能性も高いので現実味のあるのはここから歩くルートである。

ここ赤池駅は名鉄と市営地下鉄の境目の駅である。しかし名古屋市内ではないので、少し歩いて名古屋市バスが来るゾーンに向かう。
市バスエリアに入りさえすれば、どこかしらで乗り継いで名古屋駅には行ける。
住宅が乱立する都会の中を歩く。今までのバス旅の徒歩区間の中で最も都会であったのではなかろうか。
特に迷うこともなく平針小学校停留所に到着。

IMG_6360.jpg

8本目 平針小学校14:57→島田15:08 名古屋市バス 210円

名鉄バスゾーンが終了し、ついに名古屋市バスゾーンに突入。ゴールはあと少し。バスに乗ってみてびっくり。前乗り先払いである。都心では見慣れた光景ではあるが、後払いがスタンダードな地域で突然出くわすと戸惑う。運賃は均一210円。近距離だと割高な感じもするが、やっぱり安心の均一運賃。大都会なので大幅な遅延が不安だが、とりあえず乗換地点の島田に到着。

IMG_6365.jpg

9本目 島田15:23→名古屋大学15:45 名古屋市バス 210円

本当は島田で6分乗り換えの千種駅前行きに乗り継ぐはずであった。この島田停留所は大きな交差点の二か所にバス停があり、乗り換えだからきっと違う方向のバス乗り場だろうと交差点を移動した方のバス停に向かった。
あれ?千草駅行きがバス停に載ってない。来た道を見返すとバスが行ってしまった。ゴールが近いからといって油断しすぎである。同じバス停から乗り換えだったのだ。
あわてて代替となるルートを検索。しかしさすが大都市、次に早く着くルートは同じ千種駅行きではなく、名古屋大学経由のようだ。大学訪問は私の趣味でもあるし、このルートで行こう。
バスの沿線の景色はまず中京大学、そして南山大学、最後に名古屋大学が見えるという大学ラッシュ路線。中京大学が一つの私立大学にしてはとても広くてきれいに感じた。とはいえ最後に名古屋大学を見せつけられたらさすが帝国大学と言わざるをえなかった。大学受験した年から比べるともう8年。浪人し続けてたら8浪か。


IMG_6382.jpg

10本目 名古屋大学16:03→名古屋駅16:49 名古屋市バス 210円

ついに本日のラスト。いつかもっと勉強してこの大学に帰ってくるぞと心に刻み、名古屋行きのバスに乗車。このバスは日中は1時間に1本と割と少なめな系統。45分の乗車で210円は安い。この系統は客がある程度乗っても地下鉄の連絡駅で降りることの連続なので終始割とすいていたが、収入はそれなりに取れる路線であろう。
島田で乗り換えを失敗しなければ20分くらい名古屋に早く着いたが、名古屋大学経由の方が旅の重みが違うしこっちで全然よかった。

IMG_6385.jpg

無事に名古屋駅にゴール!

しかし旅はまだ終わってはいない。

豊橋→姫路 路線バスの旅 後編 近日取材予定。

運賃
1日目(暫定):4050円
200円のバスに4本乗った割には名鉄バス区間が高かったのでそこそこしますね。
とはいえICカード割引で実際はこれより160円ほど安くなっています。
後日取材する後編では1日目の夜から乗るバスがあるので、暫定の運賃になっています。

(2017.2.9投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク