フェリーで北海道往復・3~根室線運休区間(東鹿越-新得)の現状~

2016年12月27日(火)

朝6時に苫小牧港に到着するも、朝8時のレンタカー店開店まで暇つぶしすることになった綿貫。
とりあえず6:45頃に札幌行きの高速バスである高速とまこまい号が来るので見にいってみる。

IMG_5788.jpg

これがびっくり満員である。続行便も来ていたが、続行便を使うことなく綺麗に1台満員である。多分次の苫小牧駅から続行便は運行開始したのかな?
おそらく盛岡札幌なかよしきっぷで札幌へ向かう方が多いのであろう。また、このバスで苫小牧駅で降りることもできるので苫小牧で鉄道に乗り換えの人もそこそこ乗っていたかもしれない。
私もこれに乗ってもよかったが、駅で待つ羽目になるだけなのでフェリーターミナルで次を待つ。

IMG_5794.jpg

バス好きにはたまらない普通の路線バスである7:25発の苫小牧駅行きに乗車。
乗客は2名。物好きな人もいるものである。
運賃は破格の250円。フェリーに乗るとおまけで路線バスにも乗れるからいいものだ。

IMG_5801.jpg

苫小牧駅に着、タイムズカーレンタル苫小牧で車を確保。2日間7000円でスズキアルトを借りる。ちなみにフェリーターミナルで借りるとキャンペーン割引が使えないので1.5倍くらい高くなる。なのでここで借りてよかった。

今まで雪道でレンタカーを利用したことは何度かあるが、それでも雪のピークは毎回外していた。ここまでのガチ雪シーズンは初。
道内の行動がノープランで時間に余裕がありまくるので借りたが大丈夫だろうか?
早速苫小牧からバスで来た国道に向かうが、細い道が怖い怖い。マンホールで凹んでるところで車体が傾いてそのまま滑る可能性がある。雪で道路自体も狭い。天気は曇りなのでそれだけは助かった。
しかし、思ったほど滑りはしない。狭いのと段差だけ気をつけて国道へ。
さすが北海道、主要道は除雪されており普通に走ることができる。北海道ドライブにおいて、走る時点が大雪でもない限り、主要道は普通に走れると考えていいだろう。と、この時は思っていた。

IMG_5813.jpg

まずは廃止になる美々駅へ。結局1度も鉄道で来れなかった。苫小牧→千歳の道路で目立っている安いGSの手前を右折すると美々駅であった。
確かに立地は秘境。国道の通行量はすさまじく多いが、とはいえ周辺は例のGSくらいしかない。
また、美々駅で特徴的なのは待合室にタクシーの連絡先が何件も貼ってあること。空港と間違えた人用だろうけど、そんなに間違える人いるのかな。
利用者がいなくて誤下車の方が多い状況であれば廃止のメリットの方が大きいかもしれないが、この駅が廃止になるのは残念である。
考え方によっては空港から近い観光スポットとして楽しめる場所だったのだが。

IMG_5824.jpg

たまたま機関車が通過したので撮影。誰もいない駅で単行の機関車は迫力がある。

IMG_5826.jpg

車を走らせ、千歳の山岡家へ。本当は苫小牧港の近くの山岡家に行こうと思っていたのだが、道を間違えてしまい行けなくなったので千歳店で代用。今までの記憶よりやたら油っこくて、こんなのだったっけという印象。お好みで油なしを選んだらどうなるのだろうか。

ここからが本番、さらに車を走らせてほぼノープランな秘境駅めぐりをします。
前回事故ったトラウマのある石勝線方面を目指します。
途中の道路で完全に道路に対して垂直になっている車がいました。何があったのか。
しかしこういう駐車車両的なものを避ける際、大きくハンドルをきることになるのでつられてスリップしないよう注意。

川端駅の交差点を通る。前もここを通ったついでに川端駅に行ったな。交通の要所である。
ここから石勝線と並走。3月に廃止になった十三里駅を見学できるか道路から見てみるが、どうやら除雪されておらず全く近づけない。廃駅の理由は除雪費用が大きいのであろう。

IMG_5830.jpg


IMG_5832.jpg

新夕張駅を越え、行ってみたかった楓駅跡。
しかしここも当然のごとく除雪されておらず近づけない。
しかし、跨線橋が残っていたり、駅前に団地がある姿を確認できたりしたので来た意義があった。

IMG_5840.jpg

そこからうねうねしている道路を進み、金山駅へ。名古屋ではない金山駅。この駅はとりあえず来てみただけって感じで、この先が重要なので次に進みます。

IMG_5848.jpg

やってきた東鹿越駅。道路の状態が心配だったが、やはり人が少しでも通るようなところは除雪されており、北海道の除雪能力の高さを感じる。
ここは来年3月で廃止の見込みであったものの、台風の災害で新得方面が運休、富良野方面は当駅折り返しとなったため存続することになった経緯をもつ駅です。

IMG_5855.jpg

線路を見てみると、途中までは列車が通った跡、その先は雪で埋もれている。
果たしてこの先が復旧することはあるのだろうか。なんだかなさそうな感じがしてならない。

IMG_5859.jpg

続いて幾寅駅へ。ここは映画"鉄道員"のロケ地であり、日中の列車はここで中高年の方々が割と降りる印象があったが、今やその活気も感じられず。
しかし何故か除雪の作業員が必死に除雪していた。わざわざ除雪してまで復旧作業を進めるのだろうか。それとも何かにホームを使うのだろうか。

IMG_5868.jpg

ここには鉄道員の資料館があり、この作品を見たことのない私でもそこそこ楽しめ、映画を見てみたくなった。今度みよう。
にしてもこの駅、どう見ても幌舞駅である。こんなセット丸出しな駅を普通に使ってるのもすごい。

IMG_5885.jpg

続いて落合駅へ。ここまでバス代行があり、落合~新得間は代替手段がない。駅間が無駄に長いので、この間を日常利用する人はいないのであろう。最長普通列車はこの駅で長時間停車するのでその意味でも印象に残る駅。
駅前には代行バスが停まっていた。大型の観光バス。新得までつながっていない以上、使う人はかなり限られるだろうがどのくらい利用があるのだろう。

IMG_5882.jpg

この駅はホームは全く除雪されておらず、ホームには近づけない。しかし除雪の作業員がいて駅前を除雪していた。バスが入るためであろうか。

ここからトマムインターに向かい、日勝峠通行止の影響で無料措置がされている高速道路へ。この区間が無料となると石勝線の特例を思い出す。
トマム→十勝清水ICを利用。料金所で料金が表示されるが、無料になってるらしい。
本日の宿である帯広方面を目指す。

IMG_5886.jpg

せっかく帯広に来たからたまには有名なものでも食うかと思い、豚丼の有名店、「いっぴん」へ。16時だからか客はいなかったが。
豚丼をいただく。なんだかチカラ飯と似た食べ物だなあ。チカラ飯の肉はゴムみたいでおいしくないが、帯広豚丼は肉もおいしかった。

IMG_5888.jpg


IMG_5889.jpg

本日の宿、十勝ガーデンズホテルにチェックイン。
温泉の大浴場ありで駅前で5000円くらいは安い。駅前すぎてトレインビューにならずステーションビューになってしまったが。

IMG_5906.jpg

せっかくなので入場券で帯広駅に入り、復活記念の石勝線の写真を撮影して宿に戻り、就寝。

(2016.12.29投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク