新函館北斗・2

2016年8月3日(水)

朝6時に起床。今日が旅の本番。始発の新幹線に乗る。

IMG_4625.jpg

さっさと宿を出て、駅まで10分ほど歩き、6時40分発のはやぶさ95号に乗ります。

IMG_4622.jpg

この列車は数少ないH5系での運転!
せっかくならH5系に乗りたかったので、仙台始発ならすいてそうだし、函館での滞在時間も長いしということでこの選択。
車両が新しいので綺麗です。側面には北海道をあしらったロゴ。 コンセントが全席についてる。
予想どおり乗客は少ない。通勤時間帯にもかぶることから、特定特急券で近距離乗る人が多いようです。
そしてこのはやぶさ95号、なんとはやぶさのくせに通過駅は奥津軽と木古内のみ。
盛岡までが320kmを出せるはやぶさ料金区間であるが、その区間は各駅停車。本当に320km出ているのか?
なんだかはやぶさ料金分損した気がするが、仕方がない。新幹線に乗る客はそんなこと気にしないはずだ。
おかげで、東京→新函館北斗間の通過駅が小山、那須塩原、新白河、奥津軽、木古内の5駅のみというほぼ各駅停車で走破することができます。

東京始発のはやぶさ1号は混む印象があるけど、さすが仙台始発。大体の乗客は特定特急券で近距離で降りていき、長距離利用の客はすくない。
まったりとした空気の車内で各駅停車を堪能しながら進んでいきます。

IMG_4643.jpg

青函トンネルの手前のスポット。青函トンネルは何度も列車で通過してるけど、青函トンネルに入る瞬間の場所がここだっていうのはやっぱり実際にここを訪れてないと実感がわかないし、面白く感じなかったであろう。
昨年12月にわざわざここを訪れた甲斐があった。やっぱフィールドワーク第一。

IMG_4653.jpg

着いた。新函館北斗。ツアーの客がけっこう降りていた。自分の乗ってた号車はガラガラだったのに。

IMG_4658.jpg

改札階も在来線乗り換えの旅客で大盛況。建物の作りが旭川駅の新駅舎みたいな雰囲気があり、JR北海道だなと感じる。

IMG_4672.jpg

自分は改札の外に出て、駅開発エリアの一歩外に出る。このへんで以前、渡島大野駅時代に訪問した時に雪遊びしたよな。
この記事を参照。行ったのはもう2年半も前なのか。。

IMG_4674.jpg

この角度で建設中の駅舎を見たよな。すっかり完成しちゃって。とはいえ、まだまだ駅前のホテルを建設中で、駅前は開発途中。新幹線の旅客は大半は在来線に乗り換えて函館市内に行くようで、改札外にふらっと出てる人は少数でした。

IMG_4677.jpg

そんな中自分はタイムズカーレンタル新函館北斗でレンタカー旅行を開始。店員がありえないくらい親切な人でびっくりした。
しかし、店員「函館市内を回られるという形でよろしいでしょうか。現在函館駅周辺は催しの交通規制が・・・」俺「いや長万部方面に。。。」というやりとりが自分でやってて面白かった。多分ここでレンタカー借りて長万部行く奴なんていないんだろうな。
新函館北斗駅は、駅の場所的に大沼はもちろん、長万部あたりならとても行くのに便利な立地だと思う。新千歳空港から長万部は遠いし。
とりあえず北上し、道南秘境駅めぐりとします。

IMG_4692.jpg

まず最初の目的地、流山温泉駅へ。正直この駅が最大の衝撃だった。個人的な秘境駅ランキング1位かもしれない。
ここはもともとJR北海道が開発した温泉施設があったものの廃業、現在別の業者に買収されて牧場があります。
その牧場はもちろんJR北海道とは何ら関係がないし、流山温泉駅のダイヤ上、駅があっても全く役に立たないので駅を示す看板もない。
牧場の入り口みたいなゲートがあって駅があると思われる方に進むのは憚られる。実際は特に入場料とかもかからず駅へ行けるけど。

IMG_4690.jpg

牧場内の通路みたいな所を延々と歩いて駅にたどり着ける。駅は割と新駅なので一応スロープがある。
新幹線が展示されてたけど解体されたので何もない駅前の広場。目の前は森。森の後ろに道路があるけど相当迂回しないとたどり着けない。ここはすごい。駅ノートすらない。

IMG_4712.jpg

そして何かと有名になった銚子口駅。この規模の駅にしては珍しく、駅の出入り口が上りホーム側と下りホーム側の両方にあって便利です。

IMG_4717.jpg

大和君の置き去りにされた道路はこの時速10kmの標識があるところの林道の中のようです。少し歩けば銚子口駅で人家はあるし、さらに歩けば大沼の周辺を周回して散歩してる人がいっぱいいる。大和君は銚子口駅方面に歩いて来ればすぐ発見されたと思うのだが、自衛隊の演習場にたどり着いたのはあらためてすごい。やっぱ現地調査は大事だ。

IMG_4720.jpg

次に、3月の改正で廃止された鷲ノ巣駅へ。信号場としての機能があるため新しそうなプレハブが建ってた。
そう考えると信号場として使う駅を廃止にする意味ってそんなにあるのだろうか?何も機能がない駅を廃止した方が効率よさそうな気もする。

IMG_4739.jpg

長万部を超え、JRの駅を50音順に並べると最後の駅、蕨岱駅へ。ここも来年には廃止となる噂があります。
果たしてどうなることか。まあ利用する人はどう頑張ってもいないだろうなった場所ではある。
丁度列車が来たので撮影。思った以上に人が乗っていた。18シーズンだからだろうか。

IMG_4744.jpg

東京理科大学長万部キャンパスの敷地を見てみる。多分駒大より広い?しかし買い物する場所は坂のふもとのセイコーマートしかなさそうだ。でもこの環境に1年限定だったら経験としていてもいいな。
駒大も北海道教養部を特色として残しておけばうけるような気もするけど難しいか。そう考えると理科大はすごい。

IMG_4746.jpg

時間と闘いながらせたな町の瀬棚駅跡へ。この辺の国鉄時代の廃線って意外とありそうでない。付近だと岩内線・松前線くらいだけどけっこう離れてる。北海道の海沿いにそってほとんどの地域に線路が張ってあったものの、瀬棚付近だけは線路がなかった。そういう地域なのだろう。江差~瀬棚~岩内の路線くらいあってもよさそうに思えるが。

IMG_4752.jpg

ここまで来たら行きたかった、大沼のラッキーピエロを訪問。チャイニーズチキンバーガーを食おう。と思ったら。イートインの客は全然いないのに、持ち帰りの客は行列。しかもマックと違って列が全然進まない。
15分以内に買えなかったら時間切れという状況で来店したものの、明らかに列が進まないため諦めて退店。また来よう。とはいえ函館はなかなか行く機会がなさそうだが。

IMG_4759.jpg

18:36発、東京へ帰る最後の新幹線に乗って川崎へ帰宅。長い。川崎の自宅に帰ったのは0時頃であった。
函館から川崎、5時間半。新幹線でもこれくらいかかるのか。やはり新幹線、近そうで遠い。これはみんな飛行機に乗るであろう。

20160805.png

現在の乗りつぶしMAP
乗車キロ:19826.1km(+23.5km)
乗車率:99.634%(+0.002%)
北海道新幹線のキロ数が江差線より長いからか、距離は思ったより伸びたものの、%としては仙石東北ライン分が伸びたのみ。
残るは大船渡BRT、相模線、東金線、大川支線とマジックが1つ減った。大船渡以外は全部近所やん。最後はどこになるのか。可部線の延伸区間とかになりそうだ。

(2016.8.8投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク