ロサンゼルス・7〜二郎インスパイア制覇〜

2016年3月16日(水)

夜はなかなか寝付けず、寝たのは3時。
そうすると起きたのはなんと11時半。日本に帰ったときに時差ボケしないように、体が今から調整してくれてるようだ。
普通の宿ならさすがに11時半だと清掃が来そうな所だが、ここならそんな心配もない。いい宿である。
初日のサウスセントラルの宿でびくびくしていたのが懐かしい。

丸一日時間を活用できるのは今日が最後、しっかり活動するとしよう。
今日の目的地は二郎系であるumenoyaがあるトーランス。ここは鉄道では行けず、バスで1時間半くらいかかるようだ。
ちなみに車なら約40分。車社会ロサンゼルス、恐るべし。
本日もユニオン駅に出向き、一日券を購入。
バス車内でも一日券が買えるらしいが、どうも不安なのでゆっくり券売機と格闘する方を選んでしまう。

IMG_4045.jpg

本日乗るのはメトロシルバーライン。
メトロの路線であるが、鉄道ではなくバスである。
そして、事前の情報だと運賃が$2.5で、一日券では追加料金がかかるとある。
しかし、一日券で乗れるとしている情報もある。
もし乗れなかったら俺には$10チャージしてあるTAPがあるからそれで乗ればいいので、いざシルバーラインに突撃。

普通に一日券で乗れました。ただ、7日券は1日券より割引率が高いため、€75の追加料金が必要とのことです。
さあこのシルバーライン、なぜ運賃が高いのかというと、高速道路を通るからです。
日本でいう高速バスですね。蛭子さんが乗れないやつ。
とはいっても$2.5だし、普通の路線バスの車体だし、昨日のメトロラピッドも散々だったし、ノロいんでしょ?
と思ったら大違い。時速100kmで高速をかっ飛ばす。
40分ほどでトランジットセンターに到着。

ロサンゼルスでは、バスが網目状に張り巡らせており、郊外の各所にトランジットセンターがあって、そこでまた各方面に乗り継いで様々な目的地を目指すことができる。
日本は鉄道で目的地付近まで移動し、鉄道の補完としてバスでさらなる目的地を目指すという方針なので鉄道駅がトランジットセンターの役目を果たすが、ロサンゼルスでは鉄道が未発達のため代わりにトランジットセンターが発達したようだ。

IMG_4054.jpg

次に乗り換えるバスはメトロではなく、トーランストランジットというバス会社のようで、乗り方が分からない。
前の人がTAPをタッチしていたので、自分も一日券が入ったTAPをタッチしてみる。
エラー。
$10入ったTAPをタッチしてみる。
OK!運賃は安心の$1。メトロより安い。

その代わりバスは古く、停留所の案内もついていない。まあiPhoneでマップを開いてれば余裕である。
そして何より、バス運転手の属性が黒人女性というのが一番多いのにびっくりする。
日本でのバス運転手は他に行くあてがなくてやる仕事という印象を持つが、アメリカでもそうなのだろうか。
しかし女性が多いのには驚く。とはいえ、バス運転手業務は接客および自動車の運転であるため、勤務体系が過酷でなければ割と女性の方が勤めやすいのではとも思える。
日本のバス運転手不足という問題は、運転手不足→勤務時間の長時間化→女性が入ってこれない
というスパイラルに陥っているので、女性運転手増加のコツをアメリカから見習いたいところである。ぜひ勤務形態を取材してみたい。
恐らく運賃$1だと運賃だけでは確実に赤字なので、相当な補助が自治体から出るのであろうが。

途中の停留所で他の系統に乗り換え。
流暢に乗り換えているが、別に事前に調べた訳ではなく、appleのmapを使っているだけである。
appleのmapはバスの発着時刻も把握しており、調べた時間の適切なルートを教えてくれる。
バス1本1本は30分おきくらいだが、網目状に路線があるので他の経路を使えば結果としてそんなに待たずに行けることがよくある。

IMG_4060.jpg

とはいえバスが時刻通りに来ないのがアメリカ。のはずなのに、今回に限っては時刻通りにバスが来て、無事に乗り継ぎ成功。
umenoyaの最寄りバス停で下車し、すぐにumenoya発見。
何と昼の部は14:30までと書いてある。現在時刻は14時。危うく食いっぱぐれるところだった。
いざ入店。昨日のtsujitaと違い、フロアの人まで日本語が流暢である。店主と英語で会話してたのでアメリカ人っぽいが。
英語が苦手な日本人にはとても入りやすい店。
先客に日本人女性2人組がいた。
街中で日本人は全然見かけないのに、ここに来れば日本人がいる。そんな雰囲気。
日本でも外国オーナーの店には外国人が集まっていて、どこからこんなに集まったんだと思う感覚に似ている。
昨日のtsujitaは量が少なかったので、思い切ってjiroラーメン野菜マシを注文。
店員にとても多いですよねと勧告される。
二郎好きなんで大丈夫ですと答える。

IMG_4061.jpg

しかし出てきたのは二郎の野菜マシマシ+αくらいのラーメンであった。
食べ進める。麺は細く、スープも普通の豚骨っぽい感じで二郎ではない。
しかし、割とおいしく食べ進めることができた。
ただ、具材が熱く、口内の川がどんどん剥がれてくる。味を感じなくなってくる。
そして極め付きは、キャベツではなく何故かレタスが入っている。しかも芯が多い。
俺はキャベツは好きだがレタスは苦手なのだ。

もうレジを締めるのでと、食べてる途中に会計を促される。
価格は$16ほど。高いわ。しかもチップ抜きで$16。
普通に店出るならチップ含めて置いていけばいいが、こういう場合はどうするんだ?
とりあえず$20置いたら、お釣りに$4返された。
とりあえず$1だけ受け取って、$3放置しといたら「いただいてよろしいですか」と日本語で言われてチップも渡せた。
チップ文化はよくわからん。

客もみんな帰り、店員も閉店の準備をし出して、俺もレタスは苦手なのでレタス以外を食べきり退店。
ここは、適量ならうまいです。初訪問の店で安易に野菜マシをしてはいけないというのは何度も学んだはずなのに、またやらかす結果となってしまった。しかもロサンゼルスで。
でも野菜が超少ないのもがっかりなんだよな。
また次回に生かすとしよう。

そしてすぐ引き返すのも難なので、周辺を散策。トーランスは日本人が10%くらい住んでるとされているが、街中ではそんなに見かけなかった。
ただ、トーランスの街並みは美しい。こういった景色は日本ではまず見られないんだろうなと実感した。

IMG_4072.jpg

帰りのバスに乗る。帰りは時間通り来なくて30分くらい待った。
しかもバス停になんの標識もなく、先客が待ってたからバス停だと分かった。
途中の停留所で乗り換え。行きとは違う経路がapple mapに算出され、メトロバスに乗り換えることに。

IMG_4073.jpg

また目の前でバスが行ってしまった。
apple mapは定刻でバスが動いていれば最短で着けるが、万が一遅れていたら30分待ちである。
まあ時間はあるので待ち続け、メトロバスに乗車。
トーランストランジットと比べてバス車内が滅茶苦茶綺麗に感じる。運転手もたまに白人がいる。日本人はいない。

トランジットセンターにてシルバーラインに乗り換え。
ちなみにトイレに行っていたら目の前でバスが行った。
行きに降りたところに、down town LAと書かれたバスが来たので乗り込む。
ここが終点で、折り返しだから降りたところと同じバス停だと思っていたのだ。

バスは期待を裏切りどんどん南下。
トランジットセンターが終点ではなく、さらに南のサンペドロまで行くようだ。
すぐに降りて、帰りのバスがないと困る。

IMG_4078.jpg

apple mapと格闘してたら結局サンペドロまで連れて行かれて下車。
貨物船がたくさんある町で、貨物列車の線路もあった。

すぐに折り返しのバスが来て、今度こそダウンタウンに帰る。
順調にバスは北上。途中の停留所で満席に。
しかしここで気付く。降車ボタンが遠い。
クロスシートの窓側に座ったので通路に出られない。いや、無理矢理出ればいいんだけどトラブルを避けて自然に降りたい。
誰かがボタンを押すことを期待してユニオン駅に着く。誰も降りない。
ダウンタウン周辺は一般道を走っていたのだが、ユニオン駅の先は高速道路をかっ飛ばす。
東へ約30分くらい、エルモンテという都市に連れて来られた。
結果としてシルバーラインをほぼ完乗した。ほぼ高速道路で1時間半くらい乗っていたので、相当な距離を移動したと思う。それでいて$2.5だから破格である。

IMG_4080.jpg

エルモンテのトランジットセンターは2階建で豪華である。来たからには周辺を散策しようとも思ったが、もう19時。帰りましょう。
帰りのバスは10分くらいで来た。
今度は降車ボタン付近を陣取る。
すいてたからその必要もなかった。
ユニオン駅で他の人がボタンを押した。余裕で降りれた。

IMG_4085.jpg

19時半頃にユニオン駅到着。何気に毎回暗くなる前にホテルにこもってたので、夜のLAを歩くのは初である。
そんなに治安も悪くなさそうなので、Little Tokyoのスーパーでお土産を買う。
トーランスとかにあったスーパーはアメリカ仕様で1つ1つが大きすぎてお土産にならんのだ。
アメリカでしか買えなそうなお菓子や飲み物を購入し、宿に戻る。

時刻は20時過ぎ。起きたのが遅かっただけあって、帰ってくるのも遅かった。
まあシルバーラインで真っ直ぐ帰ってれば18時前には着いていたが。
シャワーを浴び、明日にそなえて就寝。
今日はすぐ眠くなって22時頃には寝てしまった。

明日、ついに帰国。
空港まで行くのがまた一苦労なんだよな。

(2016.3.18投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク