ロサンゼルス・6〜我が愛しのサンタモニカ〜

2016年3月15日(火)

さて、超安心のニューダイマルホテル。
ここはサービスが手薄な代わりに、清掃も来ない。
なので好きなだけ寝ていられる!
正直明後日まで部屋に引きこもって暮らしてもいいのだ。これぞ外こもり!
とはいえ、さすがにそれは良くない。
ゆっくり寝て、10時過ぎに宿を出発。

本日の目的地、二郎インスパイアであるtsujitaという店はダウンタウンの西側にある。
なので近くの観光地をめぐりつつtsujitaを目指そう。

IMG_3996.jpg

まずメトロに乗る。近くにgold lineのLittle Tokyo駅があるのだが、なんと駅工事で閉鎖中。
仕方なくユニオン駅まで15分くらい歩く。
サンディエゴと比べてよく分からない券売機と再び格闘。
俺の$10チャージが入ってるTAPカードに一日券を付加させようとしたが、どうしてもできない。
もしかしたらチャージと一日券は共存できないのかもしれない。
どうせデポジット$1なので、諦めて新規カードに一日券購入。
これでメトロの鉄道バスが乗り放題。
一日券は2014年まで$5だったらしいが、現在は$7である。利用エリアの広さを考えると、かなり安い。
中国や台湾も鉄道運賃は安かったので、日本の公共交通機関がいかに他の品目と比べて高運賃なのかと思えてくる。

IMG_3999.jpg

まずはred lineに乗ってハリウッドを目指す。
せっかくなのでメジャーな観光地にも足を運ぼう。

IMG_4001.jpg

ハリウッドの駅を降りると、人がたくさん歩いている。
ロサンゼルスは完全な車社会で、ユニオン駅付近、ダウンタウンであっても大して人は歩いていない。
しかしここハリウッドは違った。渋谷まではいかないけど、まさに私の地元、川崎駅付近といった喧騒だろうか。
人がたくさんいるし、日本人の姿も見受けられた。

IMG_4003.jpg

駅前のラチッタデッラみたいな商業施設の3Fに展望台のようなものがあり、ここからハリウッドサインを眺められる。
とはいってもハリウッドサインまではかなり遠い。
気軽にハリウッドサインを見るにはここがベストなようだ。
さすがにこのは九份みたいに日本人だらけではなく、各国の人々が集まっていた。

ハリウッドサインも見れたことなので次の目的地に移る。
いざ、ラーメンtsujitaだ。とりあえずサンタモニカ方面に向かえば行けるようなので、red lindでサンタモニカ駅を目指す。

IMG_4006.jpg

サンタモニカ駅でバスに乗り換え。メトロラピッドと呼ばれる赤い連節バスである。
海外で路線バスに乗るのはどうも気難しい印象があったが、何のことはなく日本より分かりやすい。
乗車時にTAPをタッチすればOK。前払いで$1.75、私は一日券なのでそれで利用できた。
このメトロラピッド、ラピッドという割になかなか速度が遅い。渋滞に巻き込まれる。
体感的に1時間少々乗って、最寄りバス停に到着。
ここから15分くらい歩くとtsujitaに着くようだ。

IMG_4009.jpg

15分歩く。到着。
何だかイラクあたりの国旗を持った集団がISIS関連のデモをやっている。店の目の前で。
店の前にも並んでるっぽい人が数名。
ここで待つのもデモに絡まれそうだ、仕方なく退散。

次はサンタモニカを目指す。
先ほど降りたところでバスを待つ。本数がやや少ないうえに渋滞の影響だろうか、30分くらい待ってやっとバスが来た。
しかし運転士は首を振って乗せてくれない。
どうやらこのバスはこの付近で小さく周回して折り返すようで、降車専用のバス停であった。
同時に道路の向こう側にサンタモニカ方面へ行くと思われるバスが来て、目の前で走り去っていった。

これは心が折れる。30分くらい待ったのに結局乗り逃すとか。
時刻は15時前。これならtsujitaも客が減っただろうから再訪してみる。
店の前まで来た。客がいない。

しかし、チップが必要な飲食店に入るのは初めてである。ちょっとどうすればいいか心配だ。まあ日系の店だろうし何とかなるか。

入店。席へ案内される。
即座にramen pleaseと注文。レギュラーサイズにしておく。
店内を見渡すと、日本人の客が店主と会話してる。しかしアメリカ人の客が大半のようだ。
店員は店主のtomoさんのみ日本人で、あとはアメリカ人のよう。

IMG_4010.jpg

数分後、着丼。
量はアメリカのくせにかなり少ないが、二郎である。
スープは油が多く味も濃い。麺は太く、硬いものの二郎系らしい麺。
豚は柔らかくてかなりおいしい。
野菜は細いもやしが独特で、スープとよく絡まってうまい。
まさに二郎!日本の下手なインスパイアよりうまいです。ラージサイズにして野菜マシにしたら本家二郎にも匹敵しそうだ。
さて問題は会計。食べ終わる頃に店員が伝票を持ってきてくれた。
お値段$10.85。チップを上乗せした$13を伝票に挟み、ごちそうさまと店主に声をかけて退店。
店主は俺が日本人だったことにびっくりした模様だったが、会計はこれでOKのようだ。
会計より多い金額は全てチップになるので、基本的に釣り銭は存在しないのがアメリカな飲食店のようだ。
お釣りをもらってる人もいたが、お釣りをもらってチップを払うにはどうすればいいのだ?

とりあえず二郎を久々に口にすることができ、元気100倍になって退店。
今度こそサンタモニカを目指す。
バス停直前、また目の前でバスが行ってしまった。
30分待ちは固いが、二郎パワーがあるので無問題。流れ行く自動車を眺めて待つ。
やっと来たメトロラピッド。
バス車内はギター弾いてる人とか犬連れてきてる人とかいたけど割と平和。
一番びっくりしたのが、車椅子用スロープが乗車口から自動で出てくること。
日本のバスにもこの機能があれば遅延を抑えられるであろう。
アメリカは日本より車椅子の人が多く感じた。バスにも電車にも車椅子単独で特別な介助なく乗れるようになっているので、車椅子単独での外出がしやすいのであろう。

IMG_4019.jpg

30分くらい乗車し、サンタモニカに到着。
バス停付近はショップが立ち並ぶが、少しあるくとすぐ海。
だが、海の前の砂浜が長い。まるで鳥取砂丘のよう。

IMG_4032.jpg

足元をとられながら、海岸を目指す。砂浜には人が全然いないのに、海辺には遊んでる人がいっぱい。これがサンタモニカか。
サンタモニカというと、白石稔氏の楽曲、我が愛しのサンタモニカを思い出す。
ついやりたくなったのでサンタモニカでこの曲を歌ってみた動画を収録した。公開するかは未定。

IMG_4039.jpg

もう夕方なのでメトロラピッドバスで宿に帰る。行きは704系統で来たのだが、これは割と遠回りな系統なようで、所要時間が短いとされる733系統に乗車。
これも目の前でバスが行ったが、10分くらいで次のが来たので助かった。
1時間くらいでダウンタウンに着くとの情報であったが、全く着かない。
結果として、約2時間乗車してダウンタウンに着いた。
にしても、バスに約2時間乗って$1.75ってすごくないですか。日本じゃありえない。アメリカの方が車社会なのに。

宿に帰還。宿の目の前にファミマがあった。
UCCの缶コーヒーが売ってたので買ったら$2.5。やっぱり高い。
このニューダイマルホテル、安宿なので長期滞在者もいて、和気藹々としてるホテルらしいが、談話室みたいな所に行かない限りは普通の宿である。慣れてきたら他の客と談笑もいいが、初心者には辛い。

明日はアメリカ滞在実質最終日。
もう一つの二郎インスパイアを目指し、ロサンゼルスの二郎系を制覇しよう。

(2016.3.18投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク