ロサンゼルス・4〜メキシコ入国未遂〜

2016年3月13日(日)

さあ私がわざわざサンディエゴ郊外のエルカホンまで来たのには理由があります。
メキシコへの徒歩入国をしてみたいためです。
サンディエゴから一番近い国境はティファナで、トローリーで気楽に行けるものの、気楽に行けすぎて帰りの入国審査で2時間は並ぶ。そして治安が悪い。恐らく日本人は狙われる。
ということで別の方法を探っていました。
そしたら隣の国境であるテカテからの入国であれば人も少なく平和だそうで、これだ!という作戦に。
そのテカテへはエルカホンからバスで1時間。
という所までは日本で調べてきました。

さあバスの時刻を調べてみよう。
テカテ行き、894系統。土休日運休。
はい詰み。
しかも時刻を見てみると、平日も1日4本。
8時半のバスで行って15時半のバスで帰るしか選択肢がない。これに乗り遅れたらタクシーをどこかから呼ぶしかない。でも僕の英語力じゃ...。
これはレンタカーで向かう方が良さげな国境ですね。
バスでも無理ではないが。自分の下調べの浅さを悔やむ。

しかしメキシコに行くという目的なら、もう一つの国境、ティファナが残されている。
さすがに危険なのはサウスロサンゼルスで懲りたので、入国はしないと思うが、とりあえずティファナ国境までは行ってみることとする。

IMG_3899.jpg

30分くらい歩きarnele avenue駅へ。昨日使ったエルカホン駅より若干近いし、別の道から行った方が面白いので。
駅に着いたが、列車が入った直後である。
時刻表を見ると、15分間隔、いや、土日は30分間隔とある。何故か一気に土日が冷遇されている。これが日本で起きたら乗車率がすごいことになるな。

IMG_3904.jpg

ひたすら待ち、グリーンラインの列車が到着。グリーンラインだろうが何だろうが車体は赤色である。
列車内で懸垂してる人がいたが、和やかな雰囲気でいたって平和である。さすがサンディエゴ。
昨日のオレンジラインより若干遠回りなので1時間少々かけてsanta fe depot駅に到着。
ここでティファナに向かうブルーラインに乗り換える。

IMG_3907.jpg

ブルーラインももちろん赤い車両である。
ブルーラインは国境に行くだけあって、車内の雰囲気が悪いとの噂なので身構えて座る。
しかし案外、車内はすいており、メキシコ系ばかり乗っているということもなく普通のサンディエゴな雰囲気で終点のティファナに到着。

IMG_3911.jpg


IMG_3912.jpg

国境である。降りて目の前に両替屋。買いと売りのレートがほぼ同じ。売ると半額になる日本とは大違い。まあテカテ国境に両替屋はなさそうなので日本で両替してきて間違いではないが。
むしろペソを使わない結果に終わるのでここでペソを売ろうか悩むが、大した額じゃないのでやめておく。
そして列車を降りた人々はみんなぞろぞろと家族連れとかもメキシコへ入国していく。
そんな気軽なノリで行く所なの?帰ってくるのに2時間並ぶんでしょ?!
このまま流れに乗って入国したいところだけど、
・アメリカ入国が面倒
・日本人にとっては治安が悪そう
・万が一法令が変わってたらアメリカに帰ってこれない。その場合に交渉する英語力がない。
上記の理由によりメキシコ入国は思いとどまりました。
まあ国境を体験できたし、チキンな自分にはこのくらいがお似合いです。
テカテから入国なら気軽に入って係員にtoday return USA OK?とか確認してから行く予定だったのだが、ティファナの人混みじゃそんなこともできないであろう。

とりあえずティファナを散策。大きな歩道橋があるので歩道橋からメキシコを眺める。
にしても入国の車の列がすさまじい。
陸路の国境ってどこもこんなものなのだろうか。
メキシコの国旗が遠くで待っている。ここがメキシコなのか。でも入国せずにアメリカから眺めてる俺。

とりあえず店がたくさんあるので飯にしよう。
初日から散々見かけたjack in the boxというファストフード店に入る。
日本には全くないが、カリフォルニア州で恐らく最も多いハンバーガーチェーンであろう。
また注文するのが辛いが、店の外でメニューの写真を撮ってthis oneと言ったらびっくりされた。普通に頼めと。
とりあえず頼めたのだが、出来上がったら名前を呼ぶとのこと。名前をアルファベットで記入する。
もちろん日本人の名前なので店員は読みが分からないらしい。読みを教えてあげたが多分微妙な発音で呼ばれるであろう。
飲み物は飲み放題なので飲みながら席で待つ。
意外と呼ばれない。5分くらい待って自分っぽい名前が呼ばれたので行くが、出てこない。
しかし店員に何と声をかけていいか分からず戸惑っていると、店員が何かを察して俺の商品を出してくれた。辛かった。

IMG_3920.jpg

double jack combo、$5.39。アメリカにしてはそこそこ良心的な価格である。
ハンバーガーは肉2枚にレタスにトマト2枚。トマトの分、ビッグマックよりグレードが高い。しかし俺はトマトが苦手なので除外して食べるのだが。
具は普通にうまいが、パンが硬めでカサカサ。飲み物をたくさん飲む気分になれるが、硬いパンでハンバーガーは何だか食べづらいし、食感をパンに持っていかれる感じがする。
ポテトは普通のポテト。揚げたてでうまい。
ドリンクは飲み放題なので、最後に満タンに注いで持って帰るのが主流らしいがそこまではしなかった。でもコンビニの飲み物が超高いので、ファストフードの飲み物を持ち歩く作戦は有用に感じる。
町を歩いてもペットボトル持ってる人もいるが、ファストフードの紙コップを持ってる人がやたら多いのはそのためか。
日本では飲み物を100円自販機で買った方が安いからセットを頼む気にならないが、アメリカはそこから違ったのであった。

腹を満たしたので宿の方面へ戻る。
ブルーラインで12th&imperial下車。
そう、ここはサンディエゴパドレスの本拠地、ペトコパークがあります。
本当は試合を見たいところだけど、日本とは違いオープン戦はキャンプ地のアリゾナで行われている。
アリゾナ、行けない距離ではないが遠いので諦めた。

IMG_3932.jpg

しかしペトコパーク周辺を散歩するだけでも面白い。球場の裏に芝生広場のようなものがあり、グラウンドを一面に見渡せた。
というかこの広場から普通に試合が見られる気がするが、これはアメリカクオリティであろう。
メジャーの球場は日本と違い左右非対称だから面白い。

IMG_3940.jpg

次に海でも観ようと思い、海沿いのコンベンションセンターへ。
長い階段を上ると、高台から海を見渡せる。
この階段を往復して鍛えてる女性3人組がいた。のどかだ。
海を鑑賞。アメリカから見る太平洋。まあただの海です。でもこの海の先は日本。カリフォルニアから見た太平洋の真正面はロシアでも中国でもなく日本。
そう考えると、カリフォルニアと日本って歴史的に深い関係があるのではと思えてくる。

適度に海を眺めたところで、30分に1本のグリーンラインの時刻に合わせて駅ホームへ。
そう、ここアメリカ。意外と列車は時刻通りである。
帰りの列車では黒人女性にコンパスカードのことを聞かれた。しかし英語が苦手な俺。
「i'm japanese.」
こう言うほかなかった。
その後、怖そうなオッサンが検札に来て黒人女性は降ろされていた。といっても不正でつかまるとかじゃなく、次の駅の券売機でチャージして乗りなさいみたいな感じだったのでよかった。
行きと同じルートを戻り、宿に戻る。
昨日はセブンで買い物をしたので、今日はセブンに行かず宿の前にあるコンビニにしよう。

入店。
店員「hello」
俺「hello(小声)」
アメリカでは入店時に挨拶するというのは知っていたが、セブンとかではそんなことなかったため実質無言で入ってしまった。
そしたら会計時に商品を持って行ったら。
店員(iPhoneを持ったままこっち見ない)
俺「(えーどうするよこれ)hello.」
店員(iPhoneいじりながら)「hello.」
やっと会計開始。
会計終わったあたりで俺が外国人だと察したみたいで袋いるか聞いてきた。

いやーチキンハートには参ったね。
日本じゃありえないし、中国でも割とちゃんと会計してくれるもん。
まあ郷に入ってはだな。今後はセブンでもどこでも入店時にはhello.これが自分の身を守るはず。
そう心に決めての就寝。

明日はLAに戻る。しかしアムトラックで戻れない?!

(2016.3.16投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク