台湾・6~復興号もすごいぞ~

2016年3月3日(木)

宿をチェックアウトしようとしたら店員に写真を撮っていいか聞かれた。もちろんOK!
そしたら宿のfacebookに写真が掲載されてた。気になる人は探してみてください。

IMG_3663.jpg

適当な時間に駅に行ってみたら、なんとも珍しい復興号の文字。呂光号(急行)よりも遅い、快速に当たる列車。
自強で台北まで行っても面白くないのでこの復興号でこの列車の終点である宜蘭を目指すことに。

IMG_3666.jpg

なんと客車を12両もつないでいる。しかも最後尾の車両は何故か車を運んでいる。
普快車以上に謎が増してきたぞ。。今まで12両も繋いでた列車なんてなかったのに何が起きているのか。

IMG_3670.jpg

とりあえず一番後ろの12号車に乗車。さすがにガラガラです。
座席もリクライニングするし、言ってしまえば189系の簡易リクライニング車みたいな印象です。

IMG_3680.jpg

運賃は114元。自強、呂光より安い。しかし怪しく光る「無座 No Seat」の文字。僕は復興号は全車自由席なのだと思っていました。
2つ目の停車駅、新城駅で大量のツアー客みたいなのが乗ってくる。なんと、12両の客車が満席になってしまった。
そして乗ってきた台湾人、俺にどけと合図をしてくる。どうやら全車指定で、この団体にチケットが全部とられていたようだ。
12両編成が埋まるなんてことがあるとは。。。ますます謎が深まる復興号。

IMG_3677.jpg

デッキに追い出された。でもデッキもそこそこ居心地よかった。この車もドアが手動のようなので走行中に開けることができたようだが軽く引っ張っても開かず。エアが入ってて開かないのかと思ったらそんなことはないようでした。
次の停車駅である蘇澳新駅で団体は降りて行った。次の停車駅とはいっても1時間ほど停まらないのですが。

IMG_3686.jpg

気を取り直して席に戻る。12両なのでこんな写真も撮れます。何だかタイムスリップしているようだけど2016年の台湾です。
やっぱ自強もいいけど断然復興号!今度はもっと詳しく時刻を調べてネタ列車に乗ってみたいところです。

IMG_3691.jpg

宜蘭駅で下車。ちょっと次の列車まで散策します。

IMG_3703.jpg

日本人が来たことあるのか?って感じのアットホームな飲食店で昼食にします。

IMG_3704.jpg

牛肉炒飯70元。安い、うまい、家庭的な味。隣のテーブルではこの家の子供みたいな少年がYoutubeでアニメ見てる。
卓上に置いてあった食べるラー油みたいなのがやたら辛い。1滴だけにしといてよかった。台湾の本気を感じた。

IMG_3711.jpg

宜蘭13:13の自強号で台北へ向かいます。はくたかのような新しい車両!最近登場したTEMU2000形という車両です。

IMG_3715.jpg

普悠瑪との表記が乗車券にあります。これがTEMU2000形の愛称。時刻表にも普悠瑪との記載があるので、狙って乗ることもできます。
普快車や復興号という明らかに古い列車と普悠瑪のような明らかに新しい列車の共存。これは日本の鉄道に失われてるものではないでしょうか。
同じような区間をここまで差のある車両が走るってことは日本ではなかなかない。

IMG_3722.jpg

台北に到着。次の目的地へ地下鉄とモノレールを乗り継いで行きます。やっぱモノレールは景色が良い。
武漢も台北もメトロの1号線はなぜかモノレール。そういうものなのだろうか。

IMG_3729.jpg

動物園駅から猫空行きロープウェーに乗車。片道120元という、日本よりはるかに安いんだけど今までの鉄道の価格からするとなかなか高い。
しかし乗ってみたらわかる。なんと全長4km、所要時間20分というロングゴンドラ。
でも箱根のロープウェイもこれと同じくらいの約4kmあった。箱根の運賃は片道1370円。こちらは420円。その差は3倍。
ロープウェイなんて日本だと高すぎて乗らないからいい体験であった。

IMG_3752.jpg

終点の猫空に到着。しかしここに何かがあるというわけではなく、お茶の産地として有名なようだ。
適当に散策し、またロープウェイで戻る。歩きすぎて僕の足が悲鳴をあげていた。

地下鉄で復興忠孝駅に向かい、この旅最後の目的地へ向かう。

(2016.3.6投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク