台湾・4~台湾ブルースカイトレイン普快車~

2016年3月2日(水)

IMG_3421.jpg

さあやってきました。列車番号3671。11時発。普快車。台東行き。
台東まで約2時間半も乗車できます。この列車の存在を教えてくれたいすみ鉄道の鳥塚社長ありがとう。

IMG_3509.jpg

運賃は破格の104元(364円)。窓口で買っても小さい切符で出てきた。普通列車だからだろうか。

IMG_3426.jpg

オレンジ色の機関車。そもそも機関車が客車を引っ張る普通列車というものが日本には定期運行されていない。
客車普通列車というのは日本では15年前の2001年、筑豊本線で走っていたものが最後。とうの昔に廃止されています。

IMG_3428.jpg

それが隣国台湾ではわざわざ青い客車、ブルートレインな状態で現存している!!

IMG_3429.jpg

最後尾は扉すらなくフリーダムな状態で放置!これが普快車だ!!
とはいえ、台湾の鉄道が全てこんな車両なわけではなく、新幹線も走っている状況の中で1日1往復だけひっそりと、この普快車は運行されています。
現存する理由はよく分かりません。枋寮から乗った乗客は自分らを含めて4名。
自分ら2名。撮影しまくってる現地のマニア?1名。普通の人?1名。他に、車掌が1名乗っています。車掌も客室の椅子に乗ってます。

IMG_3441.jpg

車内。非冷房。客車は3両つないでおります。1号車は車掌。2号車は日本人2名。3号車は台湾人2名という構成でこの列車は台東へ向かいます。
もし日本だったらこんな列車はマニアが押し寄せてもおかしくないくらいなのに、全然マニアも乗っていない。地元の人も乗っていない。
それでも存続する普快車、普通にすごいと思う。
タイミング良く、京急ブルースカイトレインと台湾鉄路が先日からコラボしており、普快車仕様の2100形が日本を走っております。
京急が普快車を宣伝してくれているので、今後普快車目当てに台湾を訪れる人が増えるかもしれません。
ブルースカイトレイン等で普快車に興味を持った人がいたら早めに乗った方がいいですよ!いつ廃止になるか分からない。

IMG_3440.jpg

窓が開くのでこんな写真も撮れます。日本では窓が気軽に開けられる車両は少なくなってしまった。

IMG_3446.jpg

そもそも走行中に扉が開けられる。手動なので。なので走行中に車外に身を乗り出すことも可能。さすがに怖いのでやらないが。
風を感じながら走行することができる。こんな列車はこの普快車だけ。

IMG_3450.jpg

どこかの駅。山がきれい。

IMG_3458.jpg

どこかの景色。海もきれい。そもそもこの南廻線というのは台湾を鉄道で一周させるために、1992年に全通した比較的新しい路線です。
ここまで開業が遅かったということは難工事が続く険しい地形だったということ。トンネルも多い。
だがその分、景色が良い地点も多い。
南廻線は2020年に全線電化されるらしい。そのときが普快車の廃止のときだろうか?

IMG_3544.jpg

金崙駅で緩急接続のため長時間停車します。撮影タイムのはじまりです。
普快車と呂光号?の並び。この駅は自強号は停まらないらしいので多分呂光号でしょう。

IMG_3548.jpg

廃駅っぽいホーム。意外とこの南廻線、廃駅があります。

IMG_3576.jpg

知本駅でオレンジの客車列車と行き違い。青とオレンジが並ぶ姿は美しい。
ちなみに反対列車が来た瞬間発車ベルが鳴り、普快車は発車しました。
僕は写真を撮っていました。置いて行かれそうになりました。
列車が動き出した瞬間に文字通り飛び乗りました。列車のドアが常にオープンで助かった。
危うく荷物全部普快車に置いて駅に取り残される羽目になるところだった。この旅は冒険です。

IMG_3583.jpg

ついに台東駅に到着。なごり惜しい。

IMG_3585.jpg

到着したらすぐに切り離される機関車。

IMG_3591.jpg

駅舎が立派です。約2時間半の普快車の旅、これにて終結。
この列車は鉄道ファンの皆様にぜひおすすめです!気軽に乗ってみてはいかがでしょうか?

僕らの旅は台湾を一周するまでまだ続きます。

(2016.3.5投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク