台湾・2~桃園→高雄を鉄道で~

2016年3月1日(火)

高鐵桃園駅に到着。ここから僕たちは台湾鉄道一周の旅を敢行するのである。

IMG_3253.jpg

まずは桃園から最初の目的地である台中への切符を購入する。
券売機もあったものの、窓口がすいていたので窓口で購入。紙に「台中」と書いて2peopleと言ったら「Reserved?」と聞かれ、無事に指定席を確保。540元。約1900円。激的に安いわけではないが、新幹線にしては安い。

IMG_3248.jpg

本数は1時間に2本。ただ、桃園を通過する便もあるようなので本当はもう少し多いようです。
1時間に2本あれば極端に少ないわけでもなく、そこそこ使える本数です。
自動改札に券を投入。自分は普通に通れたものの、友人は何故かエラーが出る。係員が出てきて入鋏印を押してくれた。どうやらエンミスのようです。意外とそんなこともあるのか。

IMG_3257.jpg

入線。700T系。実質700系。車内の様子も実質700系です。
唯一違うのは清掃係みたいなのが車内を巡回しており、ごみがあれば清掃係のカートに捨てるよう指示されます。
むしろ日本より進んでいるサービス。運行中に清掃することにより折り返し時間の効率を良くするのだろうか?

約120kmの距離ですが所要時間37分で台中駅へ到着。やはり新幹線は速い。
台中駅は大きな駅で、ちゃんと駅にセブンイレブンがある。コンビニなどない武漢と大違い。。
他にも、スターバックス、モスバーガー等がありここは日本か?と感じる。

さて、ここから南下するなら高鐵で佐営まで行った方が楽なのですが、それだと高いし早く着きすぎる。
なので高鐵(新幹線)ではなく国鉄にあたる台鉄でこの先は移動することとします。
ここ高鐵台中駅は国鉄の駅が隣接しており、国鉄の方の駅名は新烏日駅という名前です。国鉄の台中駅へはここから在来線で約10分ほど移動せねばなりません。

IMG_3271.jpg

登場、古い券売機。買い方が分からなくても券売機に操作の手順が示してあるので簡単。
日本と違うのは乗車券+特急券ではなく、種別ごとに異なる賃率で運賃が設定されている点。
自強号(特急)、呂光号(急行)、復興号(快速)、区間車(普通)の4種があり、該当するボタンを選べばOK。

IMG_3276.jpg

無事に購入成功。新烏日から台中は15元。約50円ってところでしょうか。相変わらず安い。
近距離の乗車券は日本のように小さい券で出るのですね。

IMG_3281.jpg

駅の壁にいすみ鉄道のペイントが施されていました。僕が今回台湾に行くきっかけとなったのが、いすみ鉄道の鳥塚社長のブログで台湾には普快車という旧型客車が走っているという情報が書いてあったからです。普快車には明日乗ります。
鳥塚社長、日本国内だけでなく海外にも売り込みを頑張ってるとは、頭が上がりません。

IMG_3284.jpg

列車が来ました。JR四国の8000系を思い出します。この見た目ですが普通列車です。
車内は普通の変哲もない普通列車です。ただ、セミクロスシート仕様になっていました。
車内で弁当食ってる人もいたので、割とそのへんは寛容なようです。
乗った列車は11:05発。1時間に約3本走っているようです。コンビニで台湾鉄路時刻表が買えると書いてあったので探したのですが発見できず。まあ、なくても台湾一周くらい余裕でできます。

IMG_3290.jpg

台中駅で下車。とても栄えています。次に乗る高雄方面への自強号の時刻表を確認すると、毎時17分に1時間に1本走っている様子。さすがに新幹線が毎時2本程度並行して走っているので西部幹線といえども自強は1時間に1本に落ち着くのでしょう。
列車の時間も分かったことだし、13:17か14:17に乗車する予定で駅周辺を散策してみます。

IMG_3301.jpg

とりあえず謎の弁当屋で排骨弁当(65元)をゲット。僕は食べ物を頼むのが苦手ですが、友人が果敢に挑戦してくれました。
デカい肉に隠れて見えませんが、この弁当はトッピングを4種選ぶ方式のようで、適当に選んだら豆腐×2、ビーフン、牛丼の具みたいなのという4種に。グラタンだと思ったら豆腐だったのが痛い。よく考えたら台湾にグラタンがあるわけない。
排骨というのはスペアリブ、骨付きの肉のようです。これがまた食べづらい。しかし約230円でこの量は安い。

IMG_3302.jpg

弁当は公園で食べました。タイワンリスや白い鳩がいました。
のどかな公園。ここでずっと休んでいてもいい。こういう雰囲気は海外って感じがします。

IMG_3320.jpg

次の列車、自強号の切符を購入。台中→高雄で469元。約1640円。営業キロは206.5km。日本だと営業キロが200kmだとしても乗車券+B特急券で5600円です。その差は3.5倍。やはり国営か民営かで運賃がここまで変わってくるのでしょうか。

IMG_3324.jpg

列車が来ました。何だか京王3000系を思い起こさせる運転席の窓。

IMG_3328.jpg

しかし車内は割と普通の在来線特急といった感じです。

IMG_3331.jpg

びっくりしたのが座席番号の割り振り。俺と友人で座席番号46、48を指定されたのですが、これで隣同士です。
偶数が海側、奇数が山側。なので隣同士だと番号が1個飛ばし。なかなか難しい。
ちなみに自強号は券売機でも切符を買えるものの、券売機だと座席を指定することが出来ません。日本でいう座席未指定券のような感じ。
自分の席にも最初から座っている人がいたものの、恐らく座席未指定扱いで乗っていたのでしょう。声をかけたら他の席にうつってくれました。

IMG_3346.jpg

飛行機であまり寝れなかったため眠気がたまっており、2時間半の乗車ではすっかり眠ってしまいました。
高雄の手前の左営までは新幹線が営業しており、高雄にそのうち延伸予定ということになっていますが、その間の距離は8.5km。
まあ台北から板橋もそのくらいの距離だけど、わざわざ8.5kmを延伸するのももったいないなという気もします。
左営駅を新高雄みたいな駅名にしてお茶を濁すのは日本だけのやり方なのだろうか。

続く。

(2016.3.5投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク