武漢・4~武漢動物園~

2016年2月23日(火)

朝になってしまった。またよく分からない中国の世界に解き放たれるのかと思うと憂鬱になってくる。
しかしずっとホテルにこもっててもしょうがないので9時頃、外に出てみる。

IMG_3176.jpg

外に出てびっくり、みんな歩きながらカップ麺みたいなのを食ってる。
よく見てみると、こういった店舗で売っている熱乾麺というもののようです。
持ち帰り用の紙の容器に入れてくれるようで、値段は多分4元。安い。
これを歩きながら食べるか、レジ袋に入れて持っていて会社かどこかで食うかといった感じでしょう。
地下鉄の荷物検査のお姉さんも熱乾麺を隠し持ってました。
ちょっと食べてみたかったものの、買い方がよく分からなかったのでやめておいた。

IMG_3116.jpg

また10分くらい歩いて旅の玄関口、王家墩东駅へ。
この写真のような大きな交差点では信号係のような職員がいました。
中国では歩行者は信号を守りませんが、朝ラッシュの大きな交差点では信号が赤のときはロープで交差点をガードし、物理的に渡れなくしています。さすがに交通事故が多発しているのでしょう。

IMG_3117.jpg

今日も地下鉄に。時刻表はありませんが、その代りに次の列車があと何分で来るか電光掲示板に表示されています。
次は2分6秒後、その次は6分2秒後と、なんと秒単位で出ます。どんな運行管理システムになっているのだろうか。
しかも運行間隔がかなり短い。これを突貫で作ったんだからすごい。
乗るのはピンクの路線、2号線。この路線がなかなか便利なので、あだ名は御堂筋線でしょう。

IMG_3122.jpg

次は緑の路線、4号線に乗ります。この路線のあだ名は新宿線といったところでしょうか。
しかし地下鉄に乗っていて思ったのが、お年寄りや子供連れがいたら割と席を譲る。複数人の人がいたら席をつめてあげる。
もちろん譲らない人もいるけど、日本よりは席を譲ったりという場面が多くみられる。
知らない客同士が会話してたりなんかも見かける。車内で携帯の通話もOK。
このへんは日本より中国の方が好きだ。こうして考えると日本人ってけっこう冷たいよな。日本人はどこへ向かおうとしているのか。

地下鉄のマナーも俺好みだし、道路交通のマナーも渡れそうなら信号無視OKで、車も強引に曲がってOK、クラクションも鳴らしまくってOK、この方が合理的で俺は好きだ。
何も来ないのに赤信号で延々と待つのは俺は嫌いだし、曲がれそうだから曲がっちゃえと俺が歩行者の立場で車に合図してもかたくなに歩行者が渡り終えるまで曲がろうとしない車を見てもイラつくし、ちょっとバスが注意喚起のクラクションを鳴らしただけでバス会社に苦情を言ってくる日本人も俺はうんざりしてたし、その全てが解消されている中国の交通ルールは最高である。
全てを合理的につきつめていくと中国のルールになる気がするが、日本人は見栄をはりすぎてるんじゃないかな。

地下鉄に話を戻すと、意外と券売機の購入列はみんな並ぶし、乗車列も並ぶ。
降りる客より先に乗車する人もいない。ただ降りる人がチンタラ降りてたら降りる人より先に乗る。この方が合理的だからその方がいい。日本人ももっと中国を見習った方がいいな。と感じた。

IMG_3123.jpg

武昌火车站で下車。ここは中国国鉄の主要駅のようで、とても栄えています。
何か食おうかと思ったけど、腹が減らないのでまだやめておく。
やはり大ターミナル駅なだけあって、白タクみたいなのに中国語で話しかけられる。まあ無視。
僕は本場のパンダを見たくて武漢動物園に向かいたいのです。
Googleマップを起動して調べる。徒歩1時間半。ファッ?
これは相変わらずGoogleの位置情報がズレてるだけか。にしてはズレすぎである。
よく地図を見てみる。
最寄駅が「武昌火车站」ではなく「汉阳火车站」であった。火車駅にだまされた。初歩的ミス。

IMG_3127.jpg

気を取り直して新宿線で汉阳火车站で下車。ここは火車駅の割に国鉄の駅舎が見つからず、中国語で話しかけてくる人もいなかったので割と小規模な駅なのでしょう。ここから15分くらい歩いて武漢動物園に向かいます。
動物園通りという道路があったので割と分かりやすく動物園に到着。
入園料は20元。買い方が分からないのでとりあえず一个と言いながらパチンコの景品交換所みたいな窓口に20元札を押し付けてみる。
相変わらず窓口の人はそっぽむいてるけど無事に購入することができた。

IMG_3138.jpg

パンダいた。しかしこの動物園はパンダが1匹しかいないので王子動物園みたいなものです。
春秋航空日本が就航しているもう一つの都市、重慶にある動物園はパンダが10匹いるのでパンダまみれを見たい人は重慶動物園が良いでしょう。

IMG_3140.jpg

中国人にはジャイアントパンダよりレッサーパンダの方が人気のようでした。
あまり観光地としては武漢動物園は有名ではないようですが、こうして海外で動物園を訪れてみるのも面白いものです。
この動物園、敷地面積はやたら広いものの、何も動物がいない通路が長く、なんだか密度が薄い。
中国らしく広大な敷地が活用されていますね。

IMG_3151.jpg

何故か猿と猫が同じ檻に入っている。これが一番意味が分からなかったけど面白かった。猫が猿にじゃれ続けている。
猫が迷い込んだのか、もともとこういうものなのか全く不明。

IMG_3157.jpg

動物園から脱出。ちなみに出口も分からず、夜間出口と書いてあるところから出ました。
出ると目の前にはトロリーバス。珍しい。乗ってみたいけど乗り方もよく分からんし、架線を使うエリアと使わないエリアがあるようです。
このへんの探求は武漢上級者になってからだな。交通ICカードを手に入れればバスも気軽に乗れるのだが。

IMG_3163.jpg

次は王家湾站で乗り換えて地下鉄3号線、通称有楽町線に乗り換えます。
3号線より4号線が先に開業しており、この3号線は2015年12月28日に開業したばかりの路線です。
進化を続けている武漢の地下鉄網をリアルタイムで乗ることができて俺は感動です。
しかし3号線の車内にある乗換案内で、6号線とか7号線とかいう案内が現れている。もうそんなに開業したのか?何事?と思うと。

IMG_3165.jpg

地下鉄の数年後を見据えた路線図が貼ってありました。気が早い。この路線図は8号線まで対応しています。
wikipediaによると12号線まで建設される予定のようだ。日本の鉄道開業なんてもうたかが知れているから、こうして武漢地下鉄の動向を眺めて行った方が面白いな。しかし地下鉄の建設資金はどこから出ているのだろう。初乗り2元で元が取れるのか?

IMG_3167.jpg

続いて御堂筋線に乗り換え、終点の金銀譚へ。イオンがあるようなので日本を感じに行くことにしました。
金銀譚のイオン、広い。ゲームコーナーに太鼓の達人亜州版とかいうのが置いてあった。幼女がプレイしていたのでプレイできなかった。

IMG_3168.jpg

何も食ってないのでフードコートで中国料理を食おうか迷ったものの、頼み方が分からないため安定のケンタッキー!!
メニューの写真を撮って店員に見せるという新技を編み出し、19元セットをゲット!!
このセットが19元なら安いね。しかし味付けが辛い。中国味か。しかもチキンのサクサクが口内炎を刺激する。
しかし今日初の食事を手にすることができた。食べ物を頼むのすら一苦労という危機感で腹が減らないのである。
相変わらずポテトはさめている。ケチャップは勝手についてくる。ストローはセルフサービス。中国クオリティ。

IMG_3171.jpg

そのあとイオンの食品売り場で適当にお菓子とかを仕入れる。寿司が1貫単位で売ってた。1個くらい買えばよかったかな。
しかし買い物するにも、
店員「袋はご利用ですか?(中国語)」
俺「オーケーオーケー」
店員「だから袋だってば!(中国語)」
俺「オーケーオーケー」
店員「これだよ!(レジ袋を見せる)」
俺「YES!!」
エコバッグ持ってきてたけどレジ袋を0.2元くらいで買う羽目になった。買い物は難しいな。

とりあえずここらでホテルに戻る。まだ15時過ぎだけどずっと歩いてたし気が休まらなくて疲れた。
あとはゆっくり沈没して明日の作戦をたてよう。腹は減らないので1日1食でOKだ!!
ホテルに戻り、カードキーなのでフロント素通りでいいのかなと素通りしてみたら無事にOK。
15時だけどもう部屋清掃し終わってるのかな、部屋に置いといたものはどうなったかなと少し不安に思い部屋に帰ると。
無事に清掃されており、置いといたものは盗まれずに残っていた。1泊2000円なのに良い宿だ。
しかしこんなに長時間宿にこもるとヒマだ。リアルタイムでブログ更新する環境があれば便利だったな。
まあiphoneで強引に書けないこともないが。
さすがにPCは邪魔なので、当日に文書だけのiPhone版をアップして、後日加筆修正したのを家でアップするって方式がいいかもな。

(2016.2.27投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク