北海道東日本パス2015・1~はまなすカーペット~

2015年12月11日(金)

相変わらず僕は無職です。ふとこの時期になると思い浮かぶ切符がある。
「北海道・東日本パス」7日間乗り放題で10000円。就職する前の2014年3月にこれを使ってはまなすに乗りに行ったけど、この切符ではまなすに乗るのは今回が最後だろうなって当時思ってた。
しかし今、長大な休暇を手にして行かない手はないだろう。
今度こそ人生最後になるであろう北海道東日本パスの旅、スタート。

家を出る前に列車運行状況を調べたら。
「強風のため、総武線快速は運転を見合わせております。」
!!成田空港からピーチで新千歳空港に向かう予定であり、北海道東日本パスを活用しエアポート成田で成田入りする案、終了。

IMG_2343.jpg

北海道東日本パスをあまり使わない旅、ここに開催。
品川からアクセス特急成田空港行に乗車。けっこうすいていて快適です。
実際京急沿線から成田に行くならこれがいちばん楽だね。

IMG_2351.jpg

成田空港に到着。指定席券売機は発売中止になっていました。
窓口が大混雑してるのかと思ったら全然人がいなくてびっくり。みんなどうしているのだろうか。

IMG_2356.jpg

ピーチMM585便に乗ります。ピーチの新千歳~成田は1日1往復しか就航していないものの、そのおかげかジェットスターと比べると安く、時間もちょうどいいので利用させていただくことに。片道3500円くらい。
時間通りに空港に着いたはいいものの、機材到着遅れとのことでピーチ25分遅れ。DESUYONE-。
しかし到着したはいいものの、成田空港周辺強風のため発着制限の影響とのことで乗りこんでもなかなか離陸せず、結局2時間遅れで離陸。
本来ならNRT14:55→CTS16:40というところだけど、NRT16:55→CTS18:40という具合に到着。
まあ今日の予定ははまなすに乗るだけという気楽な行程なので影響はなし。ヒマつぶす手間が省けた。

IMG_2358.jpg

快速エアポートで札幌へ。普通にロングシート車が運用に入る時代になってしまいましたね。
uシートに乗りたくなるところですが、満席。ロングシート効果でuシートの売上が上がってそうだ。
札幌に到着し、札幌の二郎を食べます。
久々に訪問したものの、量が多く、キャベツ多めで野菜もおいしく、前よりかなりおいしい出来に仕上がってました。これは良い。

IMG_2360.jpg

まだ時間があるので札幌20:30発のホームライナー手稲行きに乗車。
ライナー料金100円でスーパーカムイの車両に乗れます。14分間だけど。
終着の手稲で改札に上がると、駅員がトレーみたいなのを持って待機している。
そして客の皆さんはトレーに100円玉を置いて行ってる。まるで替え玉を頼んでいるようだ。
俺は事前にライナー券を買っていたのでとりあえずトレーにライナー券を置いていった。多分これで正解のはず。

IMG_2368.jpg

札幌に戻り、いよいよはまなす入線の時刻です。なんと増結が入って12両編成。12両のはまなすなんて、高校生の時の1月2日に乗ったとき以来だ。まさかここでお目にかかれるとは。

IMG_2372.jpg

入ってくる。やっぱりこの青い機関車がかっこいい。定期客車急行列車最後の雄姿。

IMG_2386.jpg

本日の宿ははまなすの4号車に連結されているカーペットカー。
指定席料金だけで横になって寝れる伝説のシート。
しかも隣の区画の人が来なかった。twitterでそれらしい人を発見して、飛行機の遅延で乗り遅れたらしい。
カーペットカーに乗車して車両を味わう。他の乗客はせっせと車内探検をしていて札幌発車時にカーペットに着席してる人はほぼいなかったが、俺はもう乗るのが10回目以上なので特に変わったことはせず席に鎮座。大人の余裕だ。
俺は24歳とまだ若い鉄道ファンの割に悟りを開いてるけど、年配の鉄道ファンがせっせと車内探検している姿は滑稽にも思えた。
みんなは若いころ北海道東日本パスではまなす乗りまくるという経験はしてこなかったのだろうか?
と思ったが、北海道東日本パスの発売は2002年。長い休みを取れるのは大学生まで。
2002年に22歳の人は現在35歳。そう考えると、現在35歳以上の人は北海道東日本パス旅行はしたことがない可能性が高い。
そしてこの切符はJR東・北エリアでしか買えないし使えないので、JR海・西以西の人には使いづらい。
なので、35歳以上の人や静岡以西の人は使ったことがない人が多いのであろう。
そんな私が北海道東日本パス旅行をするのは、多分6回目?恵まれてるな。

IMG_2389.jpg

こうして布団がついてるっていうのが似た設備であるサンライズのノビノビ座席との違い。
快適に過ごせます。車両の揺れを感じながら、長万部あたりまでは起きてたものの、そこから就寝。
函館で長時間停車があり、外で機関車付け替えでも見ようかと思ったものの就寝。眠いのです。
青函トンネル工事の影響で今までのダイヤより到着時刻が遅くなり、6:19に青森到着。
札幌を出てから8時間19分の所要時間がかかっており、利用時間が短い寝台列車として有名な特急北陸より長くくつろげます。
そう考えると割とくつろげる部類の寝台列車なのではないかと感じます。

青森で去っていくはまなすを見送り、私は次の目的地へ。

(2015.12.19投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク