岩泉線および山田線の現状・2

2015年11月14日(土)

本日も車を走らせて浄土ヶ浜に来ました。
ここで青の洞窟見学用の船に乗ります。

IMG_1642.jpg

乗船するときにかっぱえびせんを何故かもらえます。あたりを飛び回っているウミネコに与えて遊ぶことができるからです。
そういえば以前何かの番組で蛭子さんがウミネコにかっぱえびせんをあげて戦ってたな。
俺も蛭子さんに負けじとウミネコにあげまくった。でも割と量がおおくてなくならなかった。

IMG_1652.jpg

船で海を若干周遊した後、ネーミングが微妙な青の洞窟に突入。といっても奥まで進めるわけではなく、入って数メートルの所で奥を傍観するといった感じです。
しかし奥の方で波があがっており、なかなか面白い場所です。

IMG_1673.jpg

続いて本州最東端、トドヶ崎の登山口まで来ました。本当は本州最東端まで到達したかったところだけど、約3kmの道を熊が出ますと書いてある登山道を登らなくてはいけないので断念。
恐らくここで写真とっても本州四端踏破ラリーは受け付けてくれるでしょう。
いつかやりたいと思っていた本州四端踏破ラリー、やっと1ヶ所目に到達です。果たして制覇するのはいつになるやら。
ここに来るまでの道も割と険しく、すれ違えないどころか落ち葉だらけで路肩の溝が落とし穴みたいになってたりするので注意が必要です。

IMG_1704.jpg

険しい道を超えて岩手船越駅に到着。ここも駅舎が新しいです。完全に封鎖されてるのが残念だけど。
昨日の岩手和井内駅も新しかったので、2004年頃にこの辺の駅は新しくしたのかもしれません。

IMG_1714.jpg

そしてここは本州最東端の駅です。下北駅、梅ヶ峠駅に続いて本州四端の駅は三か所を制覇しました。
しかしこの区間、三陸鉄道として復旧することが決定し、最近工事が始まったばかりですが、今のところこの駅は絶賛放置中です。
約5年にもわたって放置され続けた路線がどのように復旧するのか楽しみなところです。
丁度昨日のニュースで第34閉伊川橋梁の工事が本格化との報道がありました。
一時はBRT転換されそうになってたものの、自治体が粘れば鉄道として残せるものなんですね。
JRとして復旧しろという人もいたようですが、この区間は三陸鉄道として復旧した方が地元のためになりそうです。

IMG_1727.jpg

珍駅名、吉里吉里駅です。ここの待合室も新しい。2009年につくられたようです。
他に古い木造駅舎もあったようですが、こちらは2012年に取り壊されたとのこと。
木造駅舎はさすがに倒壊の危機がありそうだもんな。
にしても、ここも絶賛放置。流失した大槌駅とかの周辺はガンガン工事してたものの、このあたりの設備が残ってる駅は少し手を加えれば意外と簡単に復旧できるものなのだろうか?

IMG_1740.jpg

続いて山田線から離れて釜石線に突入し、陸中大橋駅へ。
ここはΩループとして有名です。時刻は14時半ごろ。

IMG_1750.jpg

そう、SL銀河が見られます!昨年運転を開始してから1年半ほど。いまだに乗客はほぼ満員で大盛況でした。
後ろにつないでるのが客車じゃなくて気動車の改造というのがびっくりでしたが。
この列車の特徴は1日1往復ではなく、2日で1往復ということ。
大体SLとかの臨時列車は往路は乗るけど復路は乗らない。その対策としていっそのこと復路を翌日にしちゃえばそこそこ乗りやすい時間帯に設定できるだろうし、そもそも運転すればするほど赤字だろうから運転日も減らせる。
なかなかそれもありなんじゃないかと思います。

IMG_1773.jpg

SL銀河は走り去っていった。この駅でキハ110と交換したのですが、画面右に小さくキハ110が映っています。
これは列車内から観たらなかなかいい景色なことだろうな。汽笛をお互い鳴らしまくってたのが面白かった。

IMG_1777.jpg

続いて上有住駅へ。鉄子の旅にも登場した、滝観洞へ行きます。この2日間で洞窟3本目。果たして。

IMG_1795.jpg

入ってびっくり。ヘルメットとジャケットを渡されて何事かと思ったら、まず道が狭い。
所々高さが100cmあるかどうかみたいな場所を通らなくてはいけない。なかなかハードな道。
天井から水は垂れてくる。本物のダンジョンのようだ。これはすごい。
岩泉の龍泉洞とか比じゃない洞窟感。
しかも道のりが長い。約1km、この険しい道を進む必要がある。

IMG_1800.jpg

終点に到着。そこには滝が広がる。きれいです。
何故か謎の青年が三脚を設置してカメラで滝を撮っていた。趣味なのかここの関係者なのかは知らない。
ちょっと話を聞いてみたかったものの、地味に時間がギリギリなので引き返す。

IMG_1812.jpg

何とか頑張って戻り、18:15盛岡発のはやぶさ30号に乗ります。駅に着いたのは20分前くらい。
レンタカーの営業時間的にはもう少し遅れても大丈夫だけど、新幹線のチケットをトクだ値で買っているので乗り遅れるわけにはいきません。
トクだ値25で盛岡~大宮が10480円。高速バスが6000円くらいだったと考えると、まあこんなものか。

IMG_1817.jpg

E5系。割と久々に乗る気がします。最近は何かと北陸新幹線に乗る機会はあったけど、東北新幹線は思い出せないくらい久々。
もしかすると2011年のはやぶさ501号以来だろうか?それ以外思い当たらないから多分そうなのだろう。
行程がギリギリで昼食も夕食も食べてないので珍しく駅弁を買って車内で食べる。駅弁は高いけどたまにはいいものだ。
気づいたら寝てしまい、あっという間に大宮。恐らく盛岡~宇都宮間の320km運転も初体験だったと思うけど全然覚えてない。
まあ夜の乗車だから元々よく分からないだろうけど。
北海道新幹線ができたらまた乗りに来ると思うので、そのときは320kmをしっかり体験したいものです。

大宮で下車し、便利な上野東京ラインで川崎に帰宅。東京まで新幹線を乗りとおした場合と比べ、10分しか所要時間が変わらない。
それなら大宮で降りてホリデーグリーン料金でギリギリ50km以内で楽に帰ってきた方がいい。東京からだとほぼ座れないし。
今後も大宮下車は活用されることであろう。

(2015.11.18投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク