スサノオ号

2015年10月4日(日)

IMG_0804.jpg

19時に東京駅に来ました。東京のバスターミナルへ来るのは先月の路線バス乗継旅で長野行きに乗って以来か。
4時間の旅でかなり背中が痛くなった記憶しかないが、今回は大丈夫だろうか。
乗るのは19:10発のスサノオ号。東京から山陰地方へ直通できる交通機関は数少ないので、感動の満席です。

IMG_0805.jpg

このスサノオ号は中国JRバスと一畑の共同運行で、恐らく交互に運行しているものと思われますが、どちらの会社で運行されるのか調べる方法がなかなか見つけられずにいました。
とりあえず発車オーライネットで予約するかと画面を開くと、なんと表示されている運行会社。高速バスネットには運行会社が書いてないのに発車オーライネットは書いてあるという不思議。
なぜここまで会社にこだわるのかと言うと、友人が中国JRバスに勤めているので中国JRバスに乗ってネタにしたいからです。
ということで無事に中国JRバスの運行日を選び、乗車。

東京駅19時台というのはかなり早めの出発です。島根ってそんなに遠いのだろうか?東京からの乗客は半分くらいで、次の渋谷で満席。
ちなみに渋谷マークシティにJRバスが乗り入れる例は少なく、過去に東急バスと共同運行していた名残のようです。
東急バスが撤退したおかげで山陰側の事業者で共同運行と言う歪な体系なので東京側で異常が発生したら大変そうです。

そして渋谷を出たら山陰へ一直線。途中足柄と蒜山で休憩でしたが、常にうとうとしていたので気づけなかった。
3列シートなので運賃は12500円。同じ区間を走る4列のウィラーは8000円くらいと考えると割高であるが、サンライズ出雲のノビノビ座席でも2万円くらいはするのでそれと比べると割安である。
ウィラーは確かに狭いが、3列シートであっても別に広くはない。夜行バスの運賃設定や座席の設備は難しそうだ。

3列なので楽な姿勢をとろうと心がけるものの、すぐに体が痛くなる。何故なのか。しかし徐々に体が慣れてくる。そんなものか。
一番後ろの席を何も考えず座席指定してしまったものの、よく考えたら最後列って4列では?と思ったらちゃんと3列で安心。
どうやら中国JRの新しい車は最後部も4列のようです。

2015年10月5日(月)

IMG_0812.jpg

終点の出雲大社で下車。割と最近路線を大社まで延伸したようです。一畑のバス停を間借りしています。
ちなみに、予約時には出雲市駅までで予約していたものの、乗る際に大社まで乗り越しを申請しました。
200円の差額を現金で払うことで乗車可能です。その際、運転士に「朝は何も店がやってないけど大丈夫か?」と心配されました。
心配無用です。

IMG_0814.jpg

2010年に出雲大社を訪問した時は工事中でしたが、いまだに工事中でした。一応本殿の姿を見ることができるようになったものの、色々と囲われています。

IMG_0827_201510131024328e8.jpg

旧大社駅にも行きました。朝早く来すぎたので駅舎内が施錠されていましたが、職員の方がいて30分くらい早く開けてくれたので助かりました。

IMG_0843.jpg

一畑電車に乗り出雲市駅に戻ります。

IMG_0845.jpg

乗ってびっくり、座席のボックスに仕切りがあって半個室みたいになってます。
こんな座席は初めて見ました。

IMG_0853.jpg

出雲市駅に到着。まだ朝9時過ぎで、合流する友人とは13時半に集合なのでネットカフェで過ごしました。

(2015.10.13投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク