スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路線バス乗継の旅・川崎から豊橋・4

2015年6月9日(火)

昨日泊まったスーパーホテルの朝食は当たり外れがありますが、東横インの朝食は全て外れなので基本食べません。
昨日も夕飯を食べていませんが、それでも腹が減らないので朝食も食べずに出発。

P6094640.jpg

22本目、遠鉄バスの浜松発湖西市役所行き。8:07発、650円。
乗車口の左右にカードリーダーが設置されており、驚きの二列乗車が実施されています。大胆だ。
そういえばICカードは遠鉄のナイスパスのみ利用可で、静鉄のように全国相互利用には加盟していません。静鉄もpitapa加盟には数十億かけたらしいし、IC全国相互利用問題は大規模な金をかけた争いのようです。
朝ラッシュのこともありけっこう乗客がいましたが、途中の可美中学で全員下車。そこからは乗客1名と2名をさまよっていました。
湖西市役所9:08着。鷲津駅とみなします。
258.4/275.4

P6094656.jpg

23本目、湖西市コミュニティバス岡崎鷲津線に乗車(おぼと→新所原駅)。9:30(+10分遅れ)発、200円。
ついにコミュニティバス登場です。平日のみ1日6本。これに日程を合わせるのにも頑張りました。
おぼと停留所はさっき降りた湖西市役所のすぐそばです。お年寄りが発車時刻を2分過ぎたあたりでバス停に来て、まだバスが来ていないと教えてあげると安堵していた姿が印象的でした。
久々にコミュニティバスに乗りましたが、公共施設に少しずつ寄り道していく感じが乗っていて楽しいです。次世代のバス旅行ですね。
新所原駅着9:58。
264.2/275.4

P6094661.jpg

ここまでで再びバスが途切れます。無理やり乗り継ぐなら浜松から本長篠周りで行けるらしいですが、超遠回りなうえに上手く乗り継げるかも不明なため、ここで徒歩を発動します。
新所原駅を出て数分のところで愛知県。久々の県境越えは徒歩でした。
目指すバス停は大脇停留所。徒歩35分くらいのようです。

P6094663.jpg

大脇停留所着、10:40。バス停の前にラーメン屋があるのでここで飯を食おうと思っていたのですが、なんと11時半開店。
そのため他に暇をつぶす施設はスーパーとコンビニとホームセンターしかありません。これだけあれば恵まれてる方だけど。
新所原駅を出て徒歩10分くらいの場所にモスバーガーがあったので、ここで時間調整をしてから来ることをおすすめします。
二川駅到着とみなす。
268.5/275.4

P6094664.jpg

ついに最後、24本目。豊鉄バスシンフォニアテクノロジー発(大脇から乗車)豊橋行き。11:13発、510円。
二川駅から少しいったところまでは自分しか乗っていませんでしたが、豊橋駅が近づくと乗客が増え、7名乗車の状態でゴールに到着!

P6094666.jpg

11:47
ゴール!!275.4km走破。大幅な遅れもなく、大幅な徒歩もなく、大幅な待ち時間もなく、かなり初心者コースなバス旅でした。
それでもこういう旅もありですね。正直豊橋以西は私鉄だけで網干まで乗り継ぐっていうのをやろうと思っていたので豊橋をゴールにしていたのですが、このまま中断と再開を繰り返して博多やら鹿児島まで行くのも面白いかもしれません。
次回どうなるかは未定。

P6094680.jpg

そして12:47発、ひかり518号。豊橋の次は新横浜に停まるという実質のぞみなひかり号を使って3日で来た道を1時間で帰りました。

この旅のまとめ。
乗車運賃総額:13496円(駿河健康ランド入館料含む、神奈中は一日券の値段で計算)
宿泊費総額:9707円
帰りの新幹線回数券バラ売り:7550円

バス乗継で行くと新幹線の倍額かかります。18きっぷのような割引が日本バス協会で発売されたらこの旅を実行する人が増えると思われますが、現段階ではただの金持ちの道楽です。だからこそやる人がめったにいなくて、時間を調べるところからがスタートで面白いのかもしれませんが。
果たして次回も開催するのかは未定ですが、中規模くらいの路線バス乗継の旅を実行したい人は本記事が参考になると思います。
自分は川崎~国府津、国府津~富士で日程が分断されていますが朝早く出れば川崎~富士を1日で行けるので、2泊3日で3日目の昼に豊橋に着くという余裕をもった旅行が可能です。

来週から過酷な泊り勤務開始ですが果たして旅行に行く余裕はあるのか。当ブログ次回更新未定。

(2015.6.10投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

気持ちが高揚しちゃってます!

ちゃんと書き込めていたらいいんですが大丈夫でしょうか?はじめての書き込みなので少し心配です(汗)

あの…sdfまたは綿雨渉さんの言葉にすごく引き込まれました、私は伝える作業が下手なもので心底羨ましいです!
自然と好きだなと思いました。

本屋さんでたまたま手にとった本がヒットだった時のような感じというのか(上手く言えずすみません)
いまは幸運から見放されてしまっているかのように、泥沼にハマり込んで抜け出せない感じが続いてしまっていて…。

だけどそんな今だからここに来れたのかもしれないで
す。
もし、もし良かったら私の悩み少し聞いてもらえないですか?

No title

アリスたんハァハァ
プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。