路線バス乗継の旅・川崎から豊橋・2

2015年6月7日(日)

一日の間をあけて泊り勤務を終え、路線バスの旅の舞台に戻ってきました。本日も仕事を13時くらいに終え、1時間かけて東海道線で前回の中断ポイント国府津へ。
川崎から乗ったものの、横浜で特急待ち合わせの隙に一旦下車して国府津までのグリーン券を購入。ホリデー料金なうえに横浜~国府津ならギリギリ50キロ以内とついグリーンに乗ってしまいます。

P6074524.jpg

7本目、伊豆箱根バスの国府津発小田原行き。14:32発(+5分遅れ)、390円。
旅程が分断されましたが再開です。ここからは一気にいきます。
場所が場所だけにすいてます。何事もなく小田原14:57着。
65.7/275.4

P6074525.jpg

8本目、伊豆箱根バスの小田原発箱根町行き。15:15発、1180円。
さすがに観光地+登坂路線なので運賃が高額です。この時間でも数組の観光客が乗ってました。
元箱根と元箱根港は別の停留所ですかと運転士に聞いてた人がいましたが、運転士が「先ほども説明しましたけどどっちで降りたいんですか」と言ってました。分かりづらいのでこの質問を一日に何回も受けてそうだ。
バスで峠を走るのは爽快だと思うけど、泊まり明けのためバス車内で寝てしまったので残念。
元箱根港で下車、16:09着。
東海道線でいうと湯河原のあたりなので湯河原のキロ数で換算↓
80.9/275.4

P6074527.jpg

9本目、東海バスの元箱根港発三島行き。16:25発、1010円。
東海バスはICカードが使えないので現金で乗車となります。両替不要な運賃でラッキー。
このバスは平日は1時間に1本なうえに17:25で終車のため、これに間に合わないと箱根泊になってしまうので注意です。
乗客は数名で、いい眺めの道を疾走していきました。ちなみに16:32、箱根峠停留所にて静岡県突入。やっぱ県境越えはいいですね。
この先乗り換え時間が短いので次のバスと区間が重複する本町で下車、17:10着。
102.5/275.4

P6074534.jpg

10本目、東海バスの三島始発(本町から乗車)沼津行き。17:13発、380円。
先日の神奈中エリアは途中停留所の乗降が多く、まさにバスに乗っているという感じでしたが、本日は乗るバス全てがすいており、特定の停留所でしか乗降がなくバスというよりドライブです。楽しいものです。沼津着17:38。
108/275.4

P6074536.jpg

11本目、富士急シティバスの沼津始発富士行き。18:00発、1120円。
沼津駅の乗り場は駅から少し離れたところの物陰に富士急専用乗り場があるので少し迷います。
そして再びICカード利用可能になるので運賃精算が楽に。
富士行きは夕方2時間に1本、これが終車です。ここまでのバスが遅れてこれに乗れないと詰むところでした。
このバスはかなりの長時間走行します。距離は先ほどの元箱根港→三島と同じ約20キロですが、乗車時間が1時間半。
乗客は数名ですが、運転士横の席にも始発から終点まで乗りとおした人がいました。
128/275.4

降りたら暗くなったのと、この先のバスがないのでここで打ち止めです。

P6084546.jpg

スーパーホテル富士本館泊、5090円。この宿に泊まるのは約4年ぶりなのでなつかしさがこみあげてきます。
トレインビューの部屋なのでサンライズとスーパーレールカーゴ鑑賞を試みましたがさすがにすぐ寝てしまいました。
夕飯も食べず、天然温泉もスルーという爆睡具合。やっぱり泊り明けで旅行に来るのは少しもったいない。

(2015.6.10投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク