会津若松二郎

2014年11月5日(水)

1ヶ月半くらい前の9月21日、会津若松にラーメン二郎がオープンしました。
まあオープン時の混雑が落ち着いて来たら行こうと思っていました。
だがしかし、11月7日に新たにラーメン二郎蒲田店がオープンするとのこと。
私は会津若松を除くとラーメン二郎全店舗訪問を達成しています。
しかし、会津若松・蒲田と2店舗も未訪問の店ができてしまうと、もはや全店舗訪問達成者とは言えなくなってしまう。
蒲田がオープンする前には訪問しなくては!ということで出発です。

東京を朝に出て、会津若松の昼営業に間に合うように訪問する手段は以下の4種が考えられます。

1.新幹線+あいづライナー
東京8:56 やまびこ129号
郡山10:13
郡山10:45 あいづライナー1号
会津若松11:48
運賃+料金(自由席):5080+3680=8760円
所要時間:2時間52分(東京から)

2.普通列車を延々と利用
上野6:59 東北本線
宇都宮・黒磯・郡山で乗り換え
会津若松11:48
運賃:5080円
所要時間:4時間49分(上野から)

3.東武・野岩・会津・只見の4線乗り継ぎ
浅草7:10 東武快速
鬼怒川温泉10:01 AIZUマウントエクスプレス
会津若松12:01
運賃:4680円
所要時間:4時間51分(浅草から)

4.高速バス夢街道会津1号
新宿7:30
会津若松12:14
運賃:4800円(早売5で2500円)
所要時間:4時間44分(新宿から)

もちろん僕の選択肢は4番です。2番も捨てがたいですが安さには負けました。
東京~会津若松の移動において明らかに高速バスのみ安すぎる。

PB052324_2014110621290195f.jpg

新宿駅新南口バス乗り場に来ました。まさか先月に続いて二か月連続でここに来るとは。
夢街道会津号は予約時の残席の感じだと、1号が一番混雑するようです。まあいい時間に会津若松に着けるのは1号ですからね。
運転士の放送によると乗客29名での運行だそうです。運よく隣は来ず、ゆったりと乗れました。

運転士はJRバス関東白河支店の方でしたが、途中の阿武隈で東京支店の人に交代しました。けっこう乗務員の運用が単純な往復ではなく、泊まり勤務になっているようです。
途中の猪苗代停留所では降車がないため通過しました。おかげで20分くらい早く会津若松に到着!

PB052328_20141106212902056.jpg

やってきました二郎会津若松店!12時前に到着したため、待ちは思ったより少なく4名。
自分の前に待ってたのがJRの職員だったのが面白かったです。僕も会社の昼休みに二郎に行きたい。

wakamatu_20141106212902118.jpeg

小ラーメンニンニク・650円。
増税した今で650円とは、かなり安い部類です。麺が若干硬く、野菜の味が薄く感じました。そして量は少ない。
二郎だけど少し二郎っぽくない、今後に期待かなと思える二郎でした。

PB052342.jpg

二郎だけ訪問してとんぼ帰りでは面白くないので、少し寄り道をしに磐越西線に乗車します。
会津若松到着から磐越西線乗車まで1時間しかないので、二郎が混んでたら乗り換えられない所でしたが余裕でした。

PB052351.jpg

関都で下車します。なんだか上白滝駅に雰囲気が似ています。
ここから歩くこと20分ほど。

PB052370.jpg


PB052369.jpg

猪苗代湖畔駅に到着です!臨時駅ながら、2007年から通年休止中となっています。
ここ最近、柿ノ木や八ツ森、西仙台ハイランド、プレイピア白浜といった臨時駅の廃止が進んでいます。
何故か猪苗代湖畔駅は生き残っています。駅名票も最近新しくされたので、恐らく将来この駅を活用する可能性があるんだとは思いますが、もはや伝説の臨時駅なので訪問してみたかったのです!
駅前の国道は交通量が多く、目の前に観光施設があるので普通に列車を停めても問題ない気もしますが、なぜか通年休止です。

PB052375.jpg

丁度あいづライナーが通過したので撮影しました。なかなかいいアングルで撮れます。

PB052378.jpg

そして駅前湖。鴨や白鳥がいて楽しめました。中国人の観光客が多く、日本人は自分くらいでした。

PB052390.jpg

このまま磐越西線を東に進み郡山駅へ。

PB052392.jpg

高速バスあぶくま号で東京に帰ります。面白いのが、夢街道会津号とあぶくま号で普通運賃は
夢:4800円 あ:4200円
ですが、早売5になると
夢:2500円 あ:3360円
と逆転します。おかげで会津若松の方が東京から遠いのに安いという謎の事態が発生しました。
乗車したのはあぶくま20号、実は磐越西線と9分乗り換えという無茶な行程ですがさすがJR、定時なので無事に乗り換えられました。
あぶくま号の乗客は11名でした。これでは赤字ですが、乗るときは乗っているようなので乗客が少ない便なのでしょう。
JRバス東北の車で、行きの夢街道会津とは違い楽座シートでした。明らかに座席が大きいです。
夢街道会津が普通車指定席なら、あぶくま号はグリーン車です。
もっと楽座シートを宣伝すれば乗客が増えるような気もしますが、共同運行他社との兼ね合いでできないのでしょうか。

所要時間3時間30分で王子駅に到着。新宿まで乗るより王子で降りて京浜東北で帰った方が座れるし乗り換えがないので楽なので帰りは王子を利用しました。
京浜東北に40分くらい乗車し無事に川崎に到着。
しかし、昼行バスはなんだか時間が長く感じる。片道新幹線でもよかったかもしれない。東武経由もよかったかもしれない。
もう一度別の交通手段で会津若松に再訪したくなる旅でした。

(2014.11.6投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク