いわき・1

2014年6月24日(火)

6月16日付で職場が異動になり、標準な会社員っぽい土日祝休みから火水休みというカッコイイ勤務形態になりました。
僕の職場のいいところは一生平日休みとか一生土日休みというわけではなく、数年おきに休みの形態が変わるということだと思います。
うまくライフスタイルを変化する休みに順応させるとなかなか便利かも?
今まで土日休みを生かして臨時列車に乗車を楽しんでいましたが、これからはそういった旅は出来ません。
しかし今年度は9月、12月、2月に火水の祝日があるのでそのときだけ楽しめばいいともいえます。
平日旅行のいいところはとにかく大抵の場所がすいていることです。実際、土日に出かけるのは正直しんどかったので嬉しい限りです。
土日休みは子供が小学校に入学してからでいいんです。

P6241700.jpg

さあ今回は川崎駅から木更津行きのバスに乗ります。今まで2往復ほど乗ったことがありますが、家が川崎駅と浮島の間にあるため毎回浮島から乗っていました。
今回は旅立つ前に川崎の二郎で昼食にしたので、念願の始発停留所から乗車できます。
乗客は合計5名くらい。自分以外の4名は同じグループの方々だったので、あと一歩で貸切にできるところでした。
しかし全員袖ヶ浦で降りたので、袖ヶ浦~木更津は貸切でした。やっぱり平日クオリティでものすごくすいている。

P6241704.jpg

木更津から内房線に乗って南下します。ここで、同じ車両に乗っていた謎の外国人青年に話しかけられました。
キリスト教を教えに最近アメリカから来たと言っていたので、何だか怪しいなと思っていましたが、話してみると普通にいい人でした。偏見はいけない。
日本語ペラペラではありませんが、大体意思が通じる。たまに俺に日本語の単語を述べて、この表現は通常使われるかとか聞いてくる。
英単語を辞書で引いて、何通りかの日本語訳があると通常使われるのはどれかと聞いてくる。
こんな感じで日本語を教えつつ、会話が成り立って面白かった。
俺も海外にいったらこんなふうにふるまえば何とかなるんだなというのがすごく勉強になった。
なんだか語学って素敵だな。意思の疎通ができないはずの母国語が違う人々をつないでくれる。こうして伝わった瞬間が最高なんだろうな。
僕も平日休みで暇だからそろそろスペイン語習いに行こうかな。そしてメキシコに旅立つ。メキシコ遠いな。

P6241706.jpg

そんな好青年は館山の教会に勤務しに行くとのことで、私は浜金谷で下車。旅は意外な出会いがあるものです。
ここから孤独な旅が開始されます。金谷に来たということは徒歩7分くらいで金谷港へ!東京湾フェリーに乗ります。
自宅からはアクアライン高速バスがあるので二度と乗らなそうな東京湾フェリー。しかし、今日は久里浜に行く用があるため、わざわざ東京湾一周をして乗船してみました。

P6241715.jpg

船の屋上の開放的な場所を確保。ベンチに寝そべって空を眺めながら航海を楽しみました。
運賃は安いし、海上は船でないと通行できないし、のんびり過ごせるしで、これからは船の旅がマイブームになりそうです。

P6241724.jpg

久里浜港到着、割といいタイミングでバスが来ます。アクアライン高速バスも京急バスでしたが、こちらの久里浜行きのバスも京急バス。営業エリアが広いですね。

P6241727.jpg

久里浜から横須賀線に乗ります。横須賀線は鎌倉~久里浜のみ未乗なので、この機会に乗車します。
折り返しで降りてきた乗客は高校生ばかりでした。このエリアでお客は高校生ばかりという鉄道が存在するのにびっくり。
登下校時間以外の乗車率はすごいことになってそうです。

P6241728.jpg

鎌倉に到着。これで横須賀線完乗!また少し乗りつぶしが進みました。

P6241732.jpg

さあそしてわざわざ鎌倉に来た理由はこれ、急行ぶらり鎌倉号です!
完全な臨時列車なのになぜか平日も運行してます。火曜なので閑散期200円引きで乗れます!
しかし平日の割にツアー客っぽい人々でごった返していて、ほぼ満席。しかし自分の横は空席。ラッキーです。

P6241736.jpg

この列車の肝は鶴見~府中本町の貨物線を走行することです。この写真の場面、花月園前付近で東海道線の線路から貨物線に突入するポイントを渡っています。
ツアー客たちは何とも思わず乗車していますが、とても楽しい場面です。
ここから武蔵小杉まで横須賀線と並走、ここから地下にもぐってものすごい場所を突っ切ってたまに地上に出て府中本町に着きます。
肝心な貨物線独自の区間はほぼ地下ですが、横須賀線と並走する区間も違う線路を走るので景色が意外と違って見えて面白かったです。
そしてこの列車、17時過ぎに鎌倉を発車するため、乗る季節が重要です。運行するのは主に6月、9月、1月。
6月に乗らないと府中本町に着く前に暗くなってしまいます。この6月24日というのはほぼ夏至なので、かなりいいタイミングでの乗車でした。

武蔵野線区間の追い抜かない急行運転を楽しみ、常磐線区間に入ると少しずつ乗客が降りはじめます。
勝田でほぼ全員下車、日立で貸切になりました。
途中、佐貫とひたち野うしくで特急に抜かれ、高浜で普通列車を追い抜きます。
急行はまなすは特急を追い抜いたりはしないので、しっかり特急と普通の中間を確保している急行列車といえます。
ただし、知らなくていい事実として、
急行ぶらり鎌倉号:鎌倉17:12→いわき22:12
普通列車利用:鎌倉17:15→いわき22:09
普通列車の方が速いです。もはや快速でもいい気もしますが、遠回りをしすぎているせいで遅いので常磐線区間では確かに急行ともいえる難しい存在です。

P6251810.jpg

5時間にも及ぶ長旅を終えていわきに到着。

P6241756.jpg

本日の宿はカプセルホテルキュアいわき。いわきは安い宿が少なく、泊まるとしたらここになりそうです。
通常のカプセルなら3500円ですが、DXカプセル4500円という存在が気になったので社会人クオリティでDXにしてみました。
事前に得られる情報が少なくて4500円の価値があるのかと不安でしたが、杞憂でした!

P6241757.jpg

後ろを振り返るとこんな感じ。簡素な扉があって鍵もかかります。カプセルの横の空間はフリースペースです。
もはやビジネスホテルのシングルと特に変わらないでしょう。隣の部屋の音が筒抜けなのと、部屋に風呂トイレがないくらいの違いです。
風呂は大浴場があるので問題ないし、トイレも別に部屋になくてもいい。
4500円あれば地域によってはビジネスホテルに泊まれますが、こういう宿泊料金が高い地域でこの選択肢があるのは嬉しい。
明日の予定をたてながら宿泊。

(2014.7.1投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク