長泉巡検・1

2014年3月12日(木)

11泊12日旅行から帰ってきてからまだ2日。僕は次の旅行に旅立ちます!
金が尽きたし、恐らくこれが学生時代最後の旅行です。
ついに最後。この旅行にはどんなドラマが待っているのでしょうか。

P3121334.jpg

最後なので豪華に横浜から踊り子105号、修善寺行きに乗ります。
三島で降りるのですが、川崎から乗ると100kmを超えて特急料金が上がるので950円で乗れる横浜から。

P3121336.jpg

何度も乗っている東海道線ですが、こうして特急で優雅に乗るのも楽しいですね。見える景色が違います。
途中、熱海で切り離し。熱海駅で前10両はJR東日本、後ろ5両はJR東海の乗務員で運転されるという珍しい光景を見ることが出来ます。

P3121353.jpg

三島で下車、11時からタイムズカーレンタル三島でレンタカーを借り、レンタカー旅行に入ります。
半年前とレンタカーの営業所の場所が変わっていたので驚きました。

P3121357.jpg

2時間ほど走り、千頭駅に到着。丁度SLが入線したところを鑑賞しました。
夏に一度通った酷道区間をまた走行しましたが、やはり1.5車線はなかなか走るのが不安ですね。
もう少し頑張ればSLの入線に間に合ったのですが、さすがに酷道は飛ばせません。カーナビは酷道を時速60kmで走るように想定されているようで、到着時刻がぐんぐん繰り下がっていきました。

P3121360.jpg

井川線がSLとの接続で発車して行きます。まだ昼ですが、井川行きとしては最終です。
しかも自分らはこの列車にこのあと乗ります!

P3121375.jpg

車で突っ走り閑蔵駅に到着。ここから井川線に乗ります。閑蔵駅はなかなかの秘境です。
特に、駅の左右が山で囲まれているのが良いです。これだけで駅の外に人家があろうと、ホームは秘境です。

P3121390.jpg

尾盛で下車。二度目の訪問。前回訪れられなかった保線小屋の中を訪問してみました。
机の引き出しに昔の雑誌がたくさん入っていたのが面白かったです。
今度はもう少しゆっくり滞在したい。

P3121431.jpg

本当は市道閑蔵線を通って井川に行きたかったのですが、倒木で通行止めのため尾盛から鉄道で井川駅に向かいます。
この列車がSLから接続してきた列車です。閑蔵から尾盛を経由しても間に合うという井川線の遅さ。
そりゃあ閑蔵からのバスも運行されるわけだ。バスの方が速いというと箱根登山鉄道を思い出しますね。
そしてこの井川駅、駅前の階段が台風で流されており、駅の外に出ることができません。
ホームに仮の出口が設けられていますが、一度通常の出口から出てしまうとホームに抜ける通路が締め切られてしまうので実質、海芝浦のような降りられない駅状態です。
まさかこんなことになっているとは。

P3121443.jpg

折り返しの列車で閑蔵駅に戻り、ここから車で宿に向かいます。
しかし、宿までの道路沿いに駅がいくつかあるので、寄りつつ向かうことにします。
まずはひらんだ。そこそこ秘境だと聞いていたのですが、かなりの秘境です。
目の前は湖、裏は山。山と湖に挟まれているのがいいですね。駅の出入り口が分かりづらいのがツボでした。

P3121456.jpg

次は長島ダム駅。こんな駅の割に自販機があって駅舎があるのが印象的でした。
そして犬がずっとついてくる。この犬は誰が飼っているんだろう?
ギリギリ長島ダムの営業所が開いてる時間に間に合い、ダムカードを入手しました。
ダムカードという制度を初めて知ったのですが、10枚300円とかで売ってそうなクオリティのカードを無料でもらうことができて、なかなか面白い制度ですね。

P3121462.jpg

あとは藤枝駅前の宿、ふじえだ泊に宿泊。トリプルで夕食のカレーと朝のバイキング付きで一人3000円。これは安いです。
そしてこの宿、端の部屋だったのでトレインビューでした。サンライズ出雲の通過までは見ましたが、1時過ぎのスーパーレールカーゴ通過には起きていられず就寝。
同行した2人はしっかりスーパーレールカーゴも見たようです。

(2014.3.17投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク