広島の友人・2

2014年3月8日(土)

今夜泊めてもらっているのはバイトの友人ですが、広島にはもう一人友人がいて今日はその人に広島を案内してもらいます。
この友人とは2010年8月に会って以来、3年半ぶりの再会です!

今回はバス趣味をコンセプトに、広島市内の色々なバスに乗りに行きます。
まずグランドプリンスホテル広島行き無料シャトルバスに乗車。
高速バスに使われるような大きい車で、25分もの時間無料で乗車できます。無料で乗車できる部類のバスでは最も豪華なのではないでしょうか?
ホテルで何もせず折り返すわけにはいかないので、売店で土産を購入。しっかりとホテルを利用して折り返します。

次にイオンモール広島府中行きシャトルバスに乗車。
1月までは無料だったものの、現在は100円となっています。このバスを使えば天神川駅のそばまで来れるので、JRと並行して無料はまずかったのでしょうか。
そして車両は広電の路線バス。広電はバスのシートがリクライニングシートのような豪華な座席になっています。
これを100円で体験できるのがこの路線です。
丁度SLの前に停まったので、静態保存のSlを見てまた広島駅に折り返します。

昼食としてつけめんを食べました。広島といえばお好み焼きが有名ですが、つけめんも有名らしいです。

そしてめいぷるーぷという最近できた巡回バスに乗車します。
広島新幹線口を土曜13時に出る便に乗り原爆ドームで降りると、ガイドさんが案内してくれます。

1980678_608191712603928_800009291_n.jpg

原爆ドームで下車。ガイドに参加したのは自分らと外国人観光客2名でした。ガイドも英語ガイドと日本語ガイドの2名体制で、自分らは日本語でガイドしてくれる方についていきます。
これはいい体験になりました。原爆ドームには何度か訪れていますが、その原爆が投下されたときの背景をものすごく詳しく解説していただき、平和記念公園の隅々まで解説してくれています。今まで何事もなく通り過ぎてしまった場所にも何か意味がある。それを強く感じたガイドでした。

さらにガイド終了後、休憩所に座っていると被爆したという85歳の男性が話しかけてきて、実体験を交えた話を聞くことができました。
爆風で指が曲がったものの、当時は医者どころじゃないので骨が曲がったままくっついたという手を見せてもらったのがとても衝撃的でした。
被爆した人は年々亡くなっていき、原爆の話は代々語り継がれるという過程に入っていると思います。
私の先ほどのガイドさんからのように、被爆してない人からの話で原爆について知るという手順で原爆について知るというのが自分らの世代では多いと思います。
そんな中、実際に被爆した人と直接話す機会があったというのは二度とないことだと思います。

平和公園前14:46発のめいぷるーぷに乗車し、広島新幹線口に戻ります。
途中、現代美術館前に向かう道路がものすごい山道で面白かったです。山道や狭隘道路をバスが頑張って走る姿はいいものですね。

めいぷるーぷは10分くらい遅延し、15:25に広島駅に到着。
次に、高速バスみこと号に乗る予定です。これの発車時刻は15:25。
間に合うか?間に合わないか?とみこと号をめいぷるーぷ車内から注視します。めいぷるーぷのドアが開く10秒前くらい。
みこと号のドアが閉まった。終わった。まあ次のバスに乗ろう。

しかし奇跡はおきる!誰かがみこと号の乗車口のノックし、運転士に何かを聞いている。
みこと号のドアが再び開いた!めいぷるーぷのドアが開いた!ダッシュ!
間に合った!みこと号に予定通り乗車!こんな奇跡的な乗り方があるとは。

降りたのは広島バスセンター。高速バスに短距離でも乗れるという区間を乗車してみたのです!
これで、中国JRバスの無料バス、巡回バス、高速バスと乗車したことになります。
こういった乗りバスというのも面白いものですね。

ここで友人と解散し、泊めてもらっている友人のもとへ戻ります。

ayaki.jpeg

デカ盛りにはまってしまったので、広電本社前付近にあるドバイーという店でアメリカ風ドバイ焼きを食べました。
800円くらい。多い。ここでびっくりしたのが、アナウンサーの楪望さんのサインが飾ってあったこと。
2年くらい前に、彼女の友人の彼氏の友人というすごいつながりで楪望さんの弟に会ったことがあります。
まさかこんなところでその名前を見ることになるとは。楪さんの弟、なかなかすごい人だったけど今どうしてるんだろう。

(2014.3.17投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク