東海完乗・2

2013年9月6日(金)

起床。昨日は夜遅くに到着し、眠かったもののなんとか頑張って8時前に宿を出ます。

P9062444.jpg

名古屋から中央線快速に乗車。定光寺や古虎渓あたりの景色がいいですね。今度ゆっくり降りてみたいです。

P9062446.jpg

多治見で未乗の太多線に乗り換えです。路線網の形からして、太多線とその周辺は一発で乗り潰せないので、どこかしらを乗り残すことが多い乗りつぶし泣かせの路線です。
そんな念願の太多線。割と平坦な所を淡々と行く路線でした。途中にある珍駅名の「姫駅」にお姫様がいたりとかはありませんでした。

P9062448.jpg

途中の美濃太田で数分停車。以前高山本線に乗った時は美濃太田でかなり待たされましたが、太多線は基本的に高山本線と直通しているので待たされずに便利です。

P9062455.jpg

岐阜で東海道本線に乗り換え大垣まで来ました。
さあここから乗るのはなんと美濃赤坂支線です。ここは乗りつぶしを意識しない限り乗ることはないであろう路線です。
しかも、朝はそこそこ本数があるのですが、10:38の次は12:52と、昼間の本数が壊滅的にありません。
そのため、旅行の工程を組むのが少し大変になる路線でもあります。

P9062456.jpg

車両は313系のボックスシートの車でした。ワンマン運転のためか、前より車両にはお客さんがたくさん乗っていますが2両目はゼロ。もちろん2両目に乗車。

P9062462.jpg

2駅ですぐに終点の美濃赤坂に到着。降りてびっくり、かなり味のある駅舎です。

P9062461.jpg

このように貨物があるため駅の敷地は広く、見どころ満載です。
こんなに面白そうな駅も珍しいので散策していきたいところですが、1本落とすと次が2時間後になってしまうので泣く泣く8分後の折り返しに乗車します。
ここでちょっと戸惑ったのは、ボタンを押してドアを開けて乗車する仕組みなのですが、なぜか押しても開かない。車内に乗ってる人がいるのに。
その理由は、運転士が運転台を移動して、作業が終了するまではドアが開かない仕組みになっていました。このドアが開かない時間が結構長いです。
電車到着と同時に乗った人は車内で発車を待てますが、それより後にホームに来た人は発車直前にならないと車内に入れない。とても難しいシステムです。

P9062475.jpg

美濃赤坂からはひたすら西に行き、広島を目指します。
美濃赤坂→大垣→米原→姫路→相生と来ました。
相生駅でびっくりしたのが、
放送「今度参ります列車は、山陽本線岩国行きです。」
あれ?来るのは糸崎行きじゃなかったっけ?糸崎と岩国を聞き間違えた?
乗ってみるとこの電車は糸崎行きですとの放送。やっぱり聞き間違えか。
しかし、糸崎到着直前。
放送「この電車は、呉線経由岩国行きとなります。広島方面へお越しの方はお乗換え下さい。」
なんと、本当に岩国行きだった!
となると、途中で列車番号が変わりますがこの相生始発呉線経由岩国行き、292.6kmを走行し、乗車時間は6時間38分にもなります。
まさか牛山さんの秘境駅へ行こう!の鈍行列車ランキングに載っていない列車があるとは。これは2位か3位相当です。

P9062481.jpg

そんなびっくりもありつつ、糸崎で広島行に乗り換えて19:27に無事に広島到着。
今夜は友人の家にお世話になります。友人と合流できたのは0時過ぎだったりしますが。

(2013.10.14投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク