西のローカル線・1

2013年8月1日(木)

P8011607.jpg

京急川崎に23:17。夜遅いです。家でダラダラしていたらこんなにギリギリな時間になってしまった。
もしこの列車が10分遅れたらムーンライトに乗り換えられずに詰みます。

P8011609.jpg

でもなんだかんだ言って定刻に着くのが鉄道のすごい所です。

P8011612.jpg

いつも通り横浜からムーンライトながら大垣行に乗車します。
座席はいつも通りの大垣ダッシュ必勝スポットである1号車。

2013年8月2日(金)

P8021614.jpg

大垣に到着。先頭の扉から降りて右にある美濃赤坂支線に向かう階段へ早歩き。
この階段なら1番乗りはできませんが、先頭車両の撮影ができる上に確実に着席できます。
大抵この階段を使う人が自分の他に1~2名ほどいます。
今回も私の他におじさんがこの階段を進んでいました。さすがおじさんも分かってるなーと思い、感心しながら歩を進めているとおじさん、急に焦った表情でUターン。
窓の外に見える先頭車両。先頭車両は右側。しかし階段の降り口は左側にしかない。
この状況を見て、間違えたと思ってしまったのでしょうか。とりあえずこのおじさんは必勝できなかったようです。
俺がこっちで合ってると教えてあげればよかったかな。とりあえず私は悠々と着席。

P8021617.jpg

大垣ダッシュ必勝法を使うと米原ダッシュでほぼ必ず負けるのがポイントです。米原ダッシュはかなり激しかったです。
自分は米原ダッシュはせず敦賀行に乗り換え。がら空きでこんなのでいいのかと思っていたら、数分経つと京都方面からの列車が到着し、乗り換えてきた客で混雑しました。

P8021621.jpg

米原→敦賀ときて越前花堂で下車。ここは越美北線が分岐している駅です。
これから越美北線に乗るわけですが、乗車まで時間があるので少し散策します。

P8021626.jpg

駅前の線路をものすごい古い列車が通過して行って驚きました。福井鉄道です。
しかし、少し待っているとものすごい新しい列車も通過していきました。
車両のレパートリーは万葉線的なノリのようです。

P8021634.jpg

越前花堂駅は北陸本線と越美北線で少しホームが離れています。
微妙な距離の連絡通路を渡ります。

P8021639.jpg

やってきた越美北線。この旅で初の気動車、地方交通線、未乗路線でわくわくします!

P8021652.jpg

P8021653.jpg

かなり自然豊かな路線で、飽きの来ない路線でした。

P8021646.jpg

無事に九頭竜湖に到着。折り返しまでの時間は12分しかありませんが少し散策します。
店があって恐竜がありました。やはり時間が少ないのが惜しい。でも1本落とすと4時間後。
越美北線は全線通しが1日4往復あり、そのうち越前花堂からその日のうちに往復できるのは朝昼夕の3往復のみです。
かなり難易度の高い路線なので、乗りつぶしに焦点を合わせると、どうしても何かが犠牲になる。

P8021657.jpg

P8021658.jpg

九頭竜湖→福井→敦賀と戻ってきました。
なんだか跨線橋がめちゃくちゃ綺麗です。ピカピカです。でもこんなにきれいなのに去年の12月に供用開始していたそうです。
確かに、列車を降りた乗客の動向を見ると皆地下道を通って改札に向かっています。その方が移動距離が少ない上に、使い慣れているのでしょう。

P8021659.jpg

駅舎はやや仮っぽい状態です。北陸新幹線延伸まで駅舎改築は先送りでしょうか?

P8021660_201309211821062d0.jpg

ここから小浜線に乗ります。こちらも未乗。
先ほどの越美北線に比べると森の中を抜ける区間が多かった印象があります。

P8021668.jpg

そして東舞鶴駅に到着。ここで舞鶴線に乗り換えます。
特急にならすぐに乗り換えられるけど普通列車はなかなか来ないという特急に乗りたくなる接続。

P8021672.jpg

少し待って舞鶴線福知山行に乗車。

P8021673.jpg

そして綾部から山陰本線に乗り入れ、後続の列車がすぐ来ることからちょっと秘境っぽくて気になっていた高津駅で下車。
周りには田んぼが広がり、鳥もいていい駅です。

P8021685.jpg

そしてまだ明るいですが、本日の宿がある福知山駅で下車。
もう少し先に進んでもいいのですが、このあたりは安い宿が少なそうなので手ごろな宿があるここでゆっくりします。

P8031689.jpg

その安い宿とは、ニコニコカプセルホテル。2500円でした。休前日以外なら2000円で泊まれます。
なんとここ、カプセルホテルなのに照明は明るく、家族連れで泊まっている人もいる異色のカプセルホテルでした。
なんにせよ立地も価格も手ごろなのでぜひまた利用したいところ。

これでめでたしなはずなのですが、僕は重要なミスをしていました。
福知山線の谷川~福知山間が未乗であり、明るいうちから福知山に着いていた私は今日乗っておけば福知山線を制覇できるはずでした。
しかし私は地方交通線にばかり目がいっており、福知山線のことなど完全に忘れておりました。
気づいたのは家に帰って乗車記録に目を通してから。。
2か月前はバスに誤通過されて大船渡線が未乗で残り、今回は乗れるのに存在を忘れていたせいで福知山線が未乗で残り。
意外と何事においてもケアレスミスはつきものということだろうか。

(2013.9.21投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク