大井川鉄道

2013年7月22日(月)

P7231467.jpg

スーパーホテル長泉に泊!

P7231469.jpg

2013年7月23日(火)

なぜいきなり宿泊しているのかというと、時間の都合もありますが、タイムズカーレンタルが前日の夜以降に引き渡しても料金は翌朝からしかかからないというサービスを実施していたので、活用しようと思ったからです!
今回の車はホンダのライフ。

P7231470.jpg

さあそして長泉沼津から新東名に乗ります。一度通ってみたかった!
もちろん安く済ませるために通勤割引のきく9時ギリギリに入場。
そしてなんか綺麗なSAに。綺麗でした。

P7231473.jpg

新静岡で降り、県道27号を突き進みます。
地図を見る限りでは、途中で県道189号に入ると井川を目指せるようでしたが、県道189号との分岐点にて、本来は直進で井川に向かえるはずなのですが
「→井川」
の看板。仕方なく右折し、県道27号を突き進むことにします。ただ、地図を見る限り県道27号は井川までつながっていないので大丈夫なのだろうか。

P7231474.jpg

そして道はこんなのばっかりです。離合できません。
さらに、通常時は井川に向かう車は県道189号を通るので県道27号はガラガラらしいのですが、工事をやってるそうで大型車がバンバン向こう側から来ます。
なんとか頑張ったのですが、ダンプカーと離合したときに車の後ろが「ガコッ」。
これは・・・!へこませてしまったか!ノンオペレーションチャージ2万円の危機!
しかし車を停めて確認するような場所もないのでとりあえず走行し続けます。

P7231480.jpg

口坂本温泉の先で途切れているように見える県道27号ですが、終端から市道?がつながっており無事に井川駅に到着!
そして車にキズヘコミがないか確認!何もない!やったー!きっと段差に乗っただけなのだろう!

さあ井川駅見学を完了したところで、次の目的地の接岨峡温泉駅に向かいます。
井川駅から閑蔵駅まで大井川鉄道に並走している市道があるのでそこを通ろうとしたら。

”通行止め”

詰んだ!無理すぎる!カーナビ先生もものすごい迂回を指示してきて今回の旅行は井川駅見学で終了ということになりました。

いや、まだまだ終わらないぞ!とりあえず通行止めの看板の先で車を停めて数分間地図と格闘していたのですが、とりあえず井川駅前の広い場所でもう一度考えよう、と車を走らせます。
念のため例の通行止めの看板をもう一度見てみます。

時間指定通行止め
9:00~12:00
13:00~17:00
土休日を除く


おおおおおお!!そして今の時刻は11:50!!
あと10分くらい待てば通行できる!!勝った!俺は勝負に勝ったんだ!
先の見えない冒険だからこそ味わえる喜び。
そして12:00。通行する際は係員の誘導に従って通行してくださいと書いてあるものの昼飯を食っているのか係員の姿は見えず。
カーナビもなんか矢印が灰色になって通行止めの道を強行突破してるみたいな表示になってて面白かった。

P7231486.jpg

接岨峡温泉駅に到着!やったーーー!これで計画通りに行く!

P7231490.jpg

ここから大井川鉄道に乗車!なんだこの小さい列車は!しかも両数が多い!

P7231491.jpg

車内もすごく狭い!というかお客さんかなり乗ってる!SLからの接続だからか!それでもこんなに乗れば大井川鉄道も安泰だな!
にしても車掌さんもよく喋る。箱根登山鉄道の落合氏と張り合えるくらい喋る。
SLと接続だから喋るのか、下りだから喋るのか、この車掌だから喋るのかはよく分かりませんが、なかなか盛り上がる車内でした。

P7231495.jpg

車掌「なんでこんな所に駅があるのか!?それはダム建設の際にここに住んでいた人がいるからです!!」

尾盛駅に到着。秘境駅であるとの説明を車掌がしたところで我々が下車したので車内のお客さんは僕らにくぎ付け!?
下車したら車掌さんが折り返しの列車のホームの位置を教えてくれました。上下線ともに駅舎と反対側のよく分からない位置に停まるので間違える人が多いのでしょう。
とりあえず秘境です。駅周辺を散策しようにも外の世界に出られないので適当に過ごしました。

P7231506.jpg

ここの駅はもちろん圏外で、外部との通信手段がありません。しかし、駅舎には丁寧にも、「所定の時刻より30分経過しても列車が到着しない場合、駅舎内にある業務用電話を使用してお問い合わせください。」と書いてあります。
山田線の浅岸や大志田は何も通信手段がなくて不安だったのに対し(まあドコモのみ通じますが)、運休時の通信手段を確保してくれているのは嬉しい。
そしてそんな不安も杞憂に終わり無事に列車が到着!
接岨峡温泉駅に戻ります。この方法を使えば運賃の高い大井川鉄道ですが、往復300円の電車賃で尾盛駅を訪問できます。
ですが、僕はここに来て感じていました。運賃が高いのはそれ相応の理由がある。
車で井川まで来るのは神経がすり減ります。高くても電車で来た方がいいね!

P7231519.jpg

しかし車で来てしまったので車を使うしかありません。次はもう一つ来てみたかった駅に向かいます。
こちらの線路の横の歩道を歩いて橋を渡ります。

P7231521.jpg

すると奥大井湖上駅に到着!湖の真ん中にある観光用の駅です。
車で訪問するには、山を越えなくてはいけないのが笑えました。

P7231529.jpg

このトンネルの向こうに駐車場があり、列車はトンネルを超えますが徒歩の人はわざわざこの山を登って超えなくてはいけません。
まあつまり、鉄道で来てねってことです。

これで訪問したいところは全て訪問したので、帰ることにします。
帰り道は国道362号で静岡駅方面に向かいます。国道だからきっと2車線あって楽々走行できるだろうと思っていました。
でも酷道でした。神経をすり減らす運転再び。。

P7231530.jpg

本当は国道1号で三島に戻ろうと思っていたのですが、もう僕に神経は残っていなかったので静岡スマートから高速に乗車。
静岡スマート→新清水ジャンクション→沼津
と、帰りは東名に乗ります。途中のSAで弁当が半額でカツ丼弁当を250円くらいで手に入れました。これで少し高速代の埋め合わせになった。

P7231531.jpg

そして無事にタイムズカーレンタル三島店に返却が完了!いやー頑張った。

P7241569.jpg

東横イン熱海泊。

2013年7月24日(水)

P7241552.jpg

ここは列車がよく見えるのでいいですね!とはいっても新幹線も東海道線もおなじみの車両しか来ないので、僅かなおなじみではない車両、すなわちサンライズを撮影するぞと照準を合わせました。
無事にサンライズの撮影に成功。列車の見えるホテルっていいね。

適当な時間にチェックアウトし、熱海からは普通列車で帰宅。昼に出発して昼に帰るというのもゆったりしていていいですね。

(2013.9.11投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク