三江線・3

2012年11月17日(土)

さあ早朝から本日最大のハードルがあります。
今日は5:46の列車に乗らなくてはいけません。無事に起きられるでしょうか!?

IMGP5608.jpg

起きられました!

IMGP5610.jpg

三江線に乗ります!乗りつぶしオンラインでJRの路線ごとに各ユーザーがどのくらい乗車したことがあるか、というランキングが公開されていた時期がありました。
そのときの最下位が三江線です!つまり、日本の鉄道ファンで最も乗ったことがある人が少ない路線が三江線ではないでしょうか!

IMGP5611.jpg

乗車してすぐ、利用状況のアンケートがありました。
三江線では10月~12月の期間で、増便バスを運行する社会実験を行っています。
それにともなうアンケートです。利用区間などを簡潔に答えアンケート終了。

IMGP5614.jpg

走り出しました。
予想以上にノロい!!時速15キロぐらいでのろのろ走っており、この速度でどこまで行くんだろうと思っていましたが、無事に途中からまともな速度で走り出しました。
途中の口羽で30分くらい長時間停車。しかし雨がものすごいので車内で過ごします。

IMGP5624.jpg

IMGP5623.jpg

そして伝説の駅、宇都井で下車!!
他に降りた人はいませんでした。雨が強いのが残念です。

IMGP5628.jpg

線路の伸びている方向は両方とも山ですが、線路と垂直な方向には割と家があります。
線路も県道と垂直に交差しており、なかなか強引に作られた駅です。

IMGP5631.jpg

長い階段を下りて駅を出ます。

IMGP5655.jpg

こんな感じで、ものすごい高さにある駅がこの宇都井駅なのです!
宇都井駅は何年も前から訪れてみたいと思っていた駅ですが、三江線という自宅から遠いうえに本数が少ないというダブルパンチにやられてなかなか訪問できずにいました。
それがついに訪問する夢が叶いました!ネットなどで宇都井駅の情報は仕入れていましたが、実際に訪れるとやっぱり違いますね!
現地に赴くという楽しさがより深く分かった気がします。

IMGP5666.jpg

また階段を上ります。階段には踊り場ごとに地元の小学生が描いたポスターが貼られています。

丁度いい時間に折り返し三次行に乗りました。
ここでも乗務員さんがアンケートに来ました。
また乗車区間などを簡潔に答えたのですが、この乗務員さんがとてもいい方でした!
私は鞄に京急の駅名ストラップをつけているので、そこから色々と見抜かれ京急の話をしたり。
普通乗車券で来たことを話すと18きっぷ期間外に来てくれて嬉しいよと言われたり。
その私の乗車券を見て、「乗車券の上部の□□□□って何か知ってるか?」と聞かれ。
俺は「ああ、新幹線か在来線かってやつですよね!」と答えて感心され。
「新幹線は乗らないの?」と聞かれて「新幹線は高くて。。」と答えるとけっこう残念そうな表情をされ。
「それなら姫路からずっと私鉄で行くと安いよ」ということを教えてくれました。
JRの方が遠距離逓減が聞いて絶対安いだろと思ったので後日調べてみると、網干から豊橋まで山陽・神戸高速・阪神・近鉄・名鉄と乗り継いでいくとJRより本当に安い!これはそのうちやってみたいです!
途中駅で乗降があるとちょっとだけアンケートに出向き、それ以外はけっこうこの乗務員さんと喋っていました。
この乗務員さんはアンケートの勤務を相当楽しんでますね。普段はおそらく運転士でしょうからお客さんと関わる機会も少ないはずです。
乗務員のなかなか見ることのできない一面を見ることができ、JR西日本もいい会社だなと思いました。

IMGP5683.jpg

IMGP5681.jpg

そうこうしているうちに長谷駅で下車。ここで彼女と一旦別行動をとり、彼女は一足先をゆきます。

IMGP5685.jpg

駅前は県道と川です。川の向こうが国道なので、向こうの方が栄えてそうです。でも橋がない。

IMGP5693.jpg

若干歩くと数件家があります。

IMGP5688.jpg

そんなところで散策終了!この待合室であとは過ごします。雨が強いことですし。昨日買っておいた本を読んで暇つぶしです。

IMGP5715.jpg

実はさっき降りた列車は三次行の最終列車です。三次行の列車は7:21と9:06のみで残りは通過します。
反対の江津方面の列車は14:31、17:10、19:30で残りは通過します。もともと本数が少ないのに通過していくという北海道みたいな駅です!
さあここで降りてしまうと三次に向かうには隣の駅まで歩いても7時間後です。
しかし!俺には増便バスがある!約2時間後の11:27まで待てば三次に戻れます。
この増便社会実験期間だからこそできた旅行なのです。

IMGP5711.jpg

IMGP5714.jpg

そうこうしていると、先ほど乗ってきた列車が三次で折り返してきました。
当駅は通過しますが、ホームに出て見送りました。きっとさっきの乗務員さんも乗ってるし。
しかしこの駅を通過する意味は一体。。訪問難易度が高いので逆に訪問してみたくなるという鉄オタ心をくすぐるという目的でしょうか。そうだとしたらまんまとやられましたね!

IMGP5694.jpg

待合室で読書。実際雨は大雨というほどではないのですが、建物が古いからか轟音がしました。でも雨漏りしないのがすごい。

IMGP5717.jpg

そうこうしていると、誰かが待合室に現れました!
清掃のおじさんです!わざわざ定期的に車で清掃に来るんですね!
おじさんとも少し話をしました。いい人です。

IMGP5698.jpg

にしても、三江線に乗って思うのが、三江線の維持に地元は積極的だということです。
バス増便は一部ではこのまま廃止してバス転換するためだという人もいます。
JRの方針は分かりませんが、三江線活性化協議会が主体となって様々な施策が行われており、JRもそれに協力しています。
これを見ていると、JRとしてもできれば三江線を残したいと考えているような気が自分はしてきました。

IMGP5722.jpg

駅前の臨時バス停で増便バスを待ちます。田舎のバスらしく、道路の片側にしかポールが立っていませんが、桜島での経験を活かし迷わず進行方向側でバスを待ちます。

IMGP5728.jpg

バス来ました!ちゃんと来て感動です!

IMGP5730.jpg

バスといってもかなりジャンボタクシーっぽい車内です。意外と自分のほかに3名くらい乗っています。
そしてまたしてもアンケートの方が乗っていました。今まではJRの職員でしたが、今度は安芸高田市の職員でした!
いつも通り回答。今回は自由に記述する回答もあったのですが、かなり揺れるので書きづらい。
これは自分が今後アンケート調査をするときの参考になりました。桜島にてバス車内で記述のアンケートやらなくてよかった。

IMGP5736.jpg

無事に三次駅に到着。長谷→三次の200円を支払ったのですが、「えーっとお釣りはいくらだっけ」とのこと。
運賃もよく把握していないみたいでした。全く鉄道と関係ない生活をしていた人がJRと同じ運賃体系のバスを運行するのはさすがに大変でしょう。
このまま三次からJRに乗り継ぐ場合の運賃支払い方法とかどうなってるのか聞いてみたかったのですが、聞いちゃいけない気がしたのでやめておきました。
三次駅にて安芸高田職員さんには、「ところで数ある駅のなかでなぜ長谷駅なの?」と聞かれたので、列車は半数が通過するがバスを利用すれば降りることができる旨を解説したのですが、よく分かってないみたいでした。まあそうですよね。
しかも安芸高田職員さんは三次で待機していた別の車でどこかに去っていきました。なかなか複雑な勤務です!

IMGP5734.jpg

この列車で狩留家へ。

IMGP5740.jpg

狩留家で2両に増えて広島へ。少し眠かったのでうとうとしながら広島着。
ここで彼女と合流!

IMGP5750.jpg

今度は可部線に乗ります!昨日宍道駅で区間変更してもらった切符はここで活かされます!
途中の大町駅でアストラムラインに乗り換え、長楽寺で降りると広島市交通科学館があって面白いよと三江線の乗務員に教わっていたのですが、時間の都合上パス。いつか行ってみたいです。

IMGP5820.jpg

可部駅で下車。これで可部線乗りつぶし完了!

IMGP5770.jpg

IMGP5769.jpg

広島県の大学を出ているゼミの教授に「広島でおいしいお好み焼き屋ってどこですか」と聞いてみたところ、「お好み村とか行かなくても地元の店に行くのがいいんじゃないの?」と言われたので地元の店っぽいところを調べて訪問してみました!
まず驚いたのが安い!お好み物語とお好み村はなかなか高いのですが、比べものにならない安さです!
そしておいしい!地元の店っていいものだ!

IMGP5764.jpg

IMGP5779.jpg

そして可部駅から三段峡駅までの区間は2003年、今から9年前に廃止されたのですが、可部から隣の河戸までの区間は将来の電化をのぞみ線路のみ残されています。そして2011年、河戸駅までの区間が復活する方針で話が進んでいることが明らかになりました。しかし2012年。復活するには踏切を廃止しなくてはならないという制約が壁となり着工が遅れ続けています。このままうやむやになってしまうのだろうか。それとも無事に復活するのだろうか。
という話題の区間を今のうちに徒歩で訪れてみました。葬式鉄の逆ですね!

線路はほぼそのまま残されており、もともと踏切だった部分はフェンスで線路に入れないようにしてあり、他に何か所か住民の利便性を確保するために渡れるようになっている部分がありました。

IMGP5781.jpg

けっこう歩き、河戸駅に到着!!駅の入り口がとても分かりづらかったです。

IMGP5797.jpg

この建物の脇に入ったところにあります。あやうく見落としてどこまでも歩き続けるところでした。

IMGP5783.jpg

駅名票の枠だけ残っています。本体はどこに行ったのだろうか。

IMGP5786.jpg

果たして線路はここまでつながってくれるのでしょうか。

IMGP5800.jpg

適当なところで駅を出て、駅前のバス停の時刻を見ると。
1日5本のバスがなんとあと5分くらいで来ます!これは乗るしかない!

IMGP5802.jpg

帰りもあの距離を歩くのは面倒だと思ってたのでラッキーです!
にしても、平日8本・休日5本じゃあとてつもなく不便ですね。延伸すれば一気に20分おきに。これは沿線住民は延伸願ってやまないですね。
運賃はバス停に書いてなかったのですが、多分170円くらいだろうと予想したら本当に170円でした。

IMGP5824.jpg

広島駅に戻ります。そして一旦宿にチェックイン。

IMGP5869.jpg

ひろしまドリミネーション2012という大々的なイルミネーションが丁度今日から開始だったので見に行きました。
様々なコンセプトのイルミネーションがありきれいでした!

IMGP5872.jpg

夕飯は大戸屋で。2名席があいたのに先に待っている3名様を案内するまで後に待っている私たち2名様を案内しない方針のようで、待ち疲れました。なのでとても安い鶏かつソース丼を食べて店の利益を最小限にしました!

IMGP5873.jpg

本日の宿、東横イン広島駅大橋南に泊。
実は、予約するのがギリギリだったのもあり自分が調べた限りの広島駅周辺の休めの宿はここが最後の一室でした。なんとか確保できてよかった!

(2012.12.15投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク