トワイライト・6

2012年3月7日(水)

IMGP1903.jpg

ハァハァハァ・・・。
つーか雪すごっ!普通にかなり降ってるし!
信号ここで赤かよ!まじか!

俺が今日乗る列車は7時42分発。そんななか、俺がホテルの部屋を出たのが7時33分。
旭川駅まで、Googleマップでは徒歩8分となっているのでなんとかなりそうな気がします。
だが、Googleマップをよく見るとそんなことはない!
旭川駅の駅舎に到達するまでが8分。ホームまでは遠い。そしてこれから乗る富良野線、確か旧駅舎だとホームがかなり離れていたはず!新駅舎で変わってるといいが。。
そして駅までに信号が2箇所。そこで引っかかるか引っかからないかで大きな差が。

俺は走りました。無事に1つ目の信号はクリア。
2つめの信号。あとちょっとの所で赤。。。ここを渡れていれば絶対に電車に間に合ったのに。。
俺が走った意味。。。

IMGP1905.jpg

赤だから雪の積もったバスの写真を悠々ととってます。

そして信号が青に変わった!ダッシュ!
駅前の信号から駅舎までの距離長っ!コンコース広っ!改札遠っ!
階段ぜーはー。ホームに着いたっ!

ギリギリで写真は撮れませんでしたが、無事に間に合いました!寝坊には気をつけなきゃね!
これを乗り逃したら今日どこに行っていいか分かんなかったよ!

乗ったのは快速狩勝帯広行き。

IMGP1912.jpg

こんなかんじのやつ。2両編成なのですが、1両は途中の富良野で切り離されます。

IMGP1915.jpg

幕はこれでした。「マイタウン列車ラベンダー」ってww時刻表等には載ってないマイナー列車名ですね!

IMGP1923.jpg

富良野で30分も停車するので、ゆったりしていると、どこからかサボを持ったおじさんが。
よく見てみると・・・?
最長普通列車のサボだよそれ!!
今の時間は9時。最長普通列車が富良野に来るのは10時48分。
ということは、サボの裏面で別の行き先に使うのか??

IMGP1926.jpg

どこからともなく到着した列車にサボを取り付ける作業員。

IMGP1929.jpg

おおおおおっ!!まさかのこの車両が最長普通列車だったとは!!
富良野で1両増結する車両ってことでしょうが、1時間半も前から増結車両は富良野で待ってるのか!
まだ最長普通列車は滝川を発車していないw

富良野を出ると。
運転士「鹿が多数見受けられるとの連絡が入っており、徐行して運転いたします。」
とのこと。やっぱり冬の北海道にはよくあるんですね。

IMGP1938.jpg

10時44分、新得駅に到着。新得といえば!

IMGP1940.jpg

有名なそば屋!!

IMGP1939.jpg

天ぷらそば!370円!
店主は30代くらいの女性の方でした!音威子府はおじいちゃん店主だから存続が心配でしたが、こちらは安泰だな!

IMGP1942.jpg

駅名がなぜか英語表記のみ!
高2のときに訪れたときはものすごい雪で散策できなかったので、今回こそは散策します!
しかし、今回散策すると次回訪れたときは散策する気がおきません。
鉄道での北海道旅行なんて降りられる駅は基本的に起点終点の駅のみなので、こうして散策してしまうと将来散策する場所がなくなってしまうような気もします。

IMGP1952.jpg

目指すのはここ!SL広場です!駅から少し離れていますが、まあそこまで歩きません。
新得駅周辺で行くところといったらここしか思い浮かびませんでした。

IMGP1951.jpg

しかし、なんと!除雪されておらずSLにたどり着けません!!
管理している人がいなくなってしまったのか、わざわざ除雪するのは面倒だから除雪していないのかは分かりません。
まあ入場料取るわけでもないのにここをいちいち除雪していたら気が重くなりますよね。後者に一票。

IMGP1955.jpg

IMGP1957.jpg

地蔵とか変なキャラを発見。意外と何もなさそうなところでも、秘境駅とかじゃない限り何かがある。

IMGP1959.jpg

ここからは特例で乗れる特急スーパーとかち4号に乗ります!
ですが、バラスト巻き上げ防止の徐行のため5分くらい遅れ。どうやら石勝線は10分くらい遅れるものと見越しておいた方が良いようです。

IMGP1961.jpg

やっと来ました!追加料金なしで乗れる特急!
しかも混んでる!!今までこの旅行で乗ってきた列車はどれもピークを外していたからか空いていたイメージがありましたが、この列車は混んでる!帯広をなかなかいい時間に出発するうえ、帯広始発だから帯広からの人はみんな自由席で乗ってきてるということになり、自由席だけ混むということか?
それでも俺はささっと通路側を確保。こういう場合は通路側でも最初に見つけた空席にささっと座るに限ります。
車内の奥の方に空席を探しに行くと席をとられます。

新夕張下車。13:02着、普通列車が13:05発という接続ですが、特急が余裕で10分遅れています。
ここで普通列車が接続を待たなかったら・・・、と山陰本線バス代行時の恐怖を思い出し不安になりましたが、普通列車が先に発車したら特急が追突しちゃうから普通に考えたら接続を待つしか選択肢がないな。
予想通り普通列車は接続を待ってくれていました。これで南千歳に。

IMGP1964.jpg

このなんともいえない車両で苫小牧まで。
苫小牧は本日の宿のため、コインロッカーに荷物を預けます。

IMGP1965.jpg

再び改札内に戻り、東室蘭行きに乗車。

IMGP1966.jpg

降りたのは白老駅です!改札の駅員さんに北海道東日本パスを見せて通るのですが、本当にありがたそうに「ありがとうございます!」と言われたのが印象に残っています。
ただの聞き違いなのかもしれませんが、わざわざ北海道東日本パスで遠くから来て白老駅で下車する人は少ないと思います。俺の行動が白老の駅員さんにありがたく思ってもらえたなら嬉しいです。

IMGP1967.jpg

白老駅で何をするかというと、徒歩圏にポロト湖という湖があります。
北海道内で鉄道駅から徒歩圏にある湖は、細岡駅の達古武沼・植苗駅のウトナイ湖だけだと思っていました。
ですが、こんなところにもう1つあった!ぜひ凍った湖の上に乗るために訪問!今年は寒いしいけるんじゃね?

IMGP1968.jpg

全然凍ってない・・・。凍った湖に乗る計画は今年も失敗に終わりました。3月の訪問じゃだめか。
高2→1月、高3→11月、浪人→12月、大1→2月、大2→3月。なんだかんだで5年かけて寒い月全てにおいて北海道に訪問している俺である。

IMGP1970.jpg

湖に看板を発見。
「今年のポロトスケートリンクの営業は終了しました。」
ググってみると、1週間ほど前まではスケートリンクとして営業していたようです。惜しい!
ですが湖の上に乗るのも有料か。スケート好きだから営業してたらスケートしただろうけど!
次回こそ凍った湖にスケート靴を持参してフィギュアスケートの練習だな。

IMGP1978.jpg

白老駅に戻ってきたわけですが、この駅、構造が小林駅を思い出させます。歩道橋が二重になってます。
小林駅の方が壁がないのでインパクトが強いですが、この駅の利用者も方面によっては歩道橋を渡って改札に入り、また歩道橋を渡ってホームに向かうことになるのか。大変そうだ。

IMGP1979.jpg

途中、エルシャダイで有名になった社台駅の駅名標だけ撮影。
そういえばイーノック駅は京急新子安だったな。

IMGP1981.jpg

次に降りたのはここ、錦岡駅。
ここは苫小牧駒沢大学の最寄り駅です!去年は駒大岩見沢に行ったことだし、学校法人駒澤大学ラリーが始まっています。
苫小牧駒澤大学までは徒歩25分ほど。バスもありますが、節約に励むため行きは歩くことにしました。
しかし、道がぬかるんでてとても歩きづらい。
家を出る前に靴に防水スプレーをしてきたのですが、どうやら効果が切れてきたようです。
靴への浸水が始まりました。あーバスで来ればよかった。
でも仕方ないから歩きます。
40分近く歩いたのではないでしょうか?

IMGP1988.jpg

やっと着きました!苫小牧駒澤大学って書いてある!

IMGP1990.jpg

広い!きれい!人っこ一人いない!でも事務室のぞいたら職員さんいた!
さすがに春休み期間なので校舎内には入れませんでしたが、いいものを見させてもらいました!

IMGP2001.jpg

さあ帰りは足がぬかるんでるから苫小牧駅までバスで行っちゃうか、少し値がはるけど。
と思いましたが、時刻表を見ると。
35分後くらいに丁度苫小牧行きの列車が来ます。
これは歩いて錦岡駅まで行ったほうが効率がいい。
でも足が。いや!歩く!
俺は悲惨な足になりながら歩きました!

ぬかるみすぎて写真をとる余裕もなかったようです。
17:54錦岡→18:06苫小牧

IMGP2003.jpg

苫小牧で丁度北斗星が見られました。でもガラガラ。。春休みなのに。
北斗星も普通に廃止されるんだろうな。

IMGP2006.jpg

本日の宿、東横イン苫小牧泊。

旅行6日目
北海道東日本パス日割額・・・1428円
東横イン苫小牧・・・4730円
小計:6158円

合計:28584円

(2012.5.2投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク