トワイライト・5

2012年3月6日(火)

ホテル美雪にて。時刻は0時をまわったころでしょうか。俺は時刻表をめくっていました。
明日は6時24分に稚内を出て旭川に行き、そこから石北本線で上白滝駅を訪問しようと思っていました。
しかし、それだとせっかく稚内に来たのに何もお土産が買えないのではないか!?それでいいのか?
との思いが交錯。そして時刻表と格闘の末、新たなルートを決定のうえ就寝!

IMGP1808.jpg

ホテル美雪を出発します。この店名が怪しげですが、いいホテルでした。
チェックアウトの際は、フロントの方は昨日と違う人でした。

ここから稚内駅周辺の土産屋をハシゴ。しかし、どこにも気の利いたものが売ってない!
ストラップとかが欲しいのに、どこに行っても海産物ばかり!土産屋ハシゴした意味ww
どうやら気の利いたものは稚内公園や宗谷岬まで行かないと売っていないようです。
とりあえず海産物ばかり売っている土産屋でシールを買いました。

IMGP1809.jpg

列車の時刻も近づいてきたことなので、駅へ。
駅にて、「記念入場券販売中」の文字。これは!
購入しました。最北の駅の記念入場券。記念になることでしょう。西大山でも買っておけばよかったな。

IMGP1810.jpg

なんか最北端の線路という看板がありましたが、工事している人でよく見えない!

IMGP1819.jpg

この列車に乗ります。稚内始発名寄行き。乗客はまばら。今日は一日かけて旭川に帰ります。
発車し、順調にいくと思ったら。

運転士「現在、抜海駅のポイントが凍結のため転換しません。これから私が現地に向かいます。運転再開までしばらくお待ちください。」

ええっ!そんなに雪が降っていないので運休はないと思ったら、その手があったか!
しかしすぐに運転士が戻ってきて。

運転士「ポイントですが無事に転換しておりました。これより運転を再開致します。」

IMGP1822.jpg

冬季はポイントのある駅に必ず保線要員が配置されているようで、彼らがポイントを溶かしてくれたのでしょう!やっぱりお湯をかけるのだろうか。

IMGP1851.jpg

そしてそのまま乗り続け、豊清水で下車!秘境駅です!
しかし降りて気づきました。この駅にはポイントがあります。つまり保線要員もいます。
駅舎の待合室の隣の部屋が保線の部屋でした。1人で好き放題できない!
そして駅の外を見渡すと、道路を除雪車で除雪している最中でした。
道が完全に除雪車で塞がれているので、散策をすることすらできない!これは詰んだ!
こんなところで1時間半も次の列車を待つのか。。と絶望しながら立ちすくんでいたところ、除雪車が徐々に遠ざかっていきます。どうやら駅前の除雪は終わったようです!

IMGP1830.jpg

駅前に廃バス停。

IMGP1832.jpg

駅舎。ほとんどが保線の部屋です。そして駅前には保線の方のものと思われる車。
駅を出て散策しようと思ったのですが、駅前から左右に一本道が広がっています。
左に進むと除雪車がいて進めません。右に進むことになります。
右に進むと、どこまでいっても何もありません。この駅の周りは、言葉の通りなにもなかったのです!

小幌駅。海がありました。小和田駅。高瀬橋がありました。こういった、降りる+散策できるスポットが今までの秘境駅にはありました。
だがこの駅は!ひたすら道路が広がっているのみ!徒歩じゃないと進入できない道もなく、ただある一本道。景色は雪!どうしろと!

IMGP1835.jpg

とりあえず駅前。謎の廃屋。左には除雪車がいるので進めません。

IMGP1837.jpg

仕方なく駅を出て右に歩いていくと、ポイントに出れる箇所がありました。ここが凍らないか監視するためだけに保線の方は駅にいる。

IMGP1839.jpg

ちょっと行くと閉鎖された踏み切り。地図上では名寄国道に最短で出る道に見えるのですが、積雪で通行不可となっています。除雪できない幅員なのでしょうか。

WS000082.jpg

言葉で説明するのも物足りないので地図を貼りました。豊清水駅を出て、矢印の方向に進みます。赤でバツをつけた道がふさがっています。
細い川もあるように見えますが、雪で埋まっています。

IMGP1840.jpg

このぼこぼこしてるのが川だったところです。

IMGP1843.jpg

そして歩き続けると、踏み切りにたどり着きました。駅の周りは何もないので、座って休める場所もありません。
踏み切りの横に柵のようなものがあります。ここに寄りかかって休める!絶好の休憩スポットを発見です。

IMGP1847.jpg

休んでいると、突然踏み切りの警報機が鳴り出し、びびりました。
この時間は通過する列車は何もないはず。何が来るのか待っていると、除雪車が高速で通過していきました。
これは線路に入って遊んでたら轢かれますね。

IMGP1849.jpg

踏み切りを渡り、更に進むと家を発見。家の中のテレビがついているのが見えたので、確実に人が住んでいます。
駅を訪問した方のサイトをいくつか見ましたが、どこのサイトにも「駅周辺に民家はない」ということになっています。
豊清水駅周辺に住んでいる人がいる。これはもしかして大発見なのでは!?

IMGP1852.jpg

やっと時間をつぶし終え、駅に戻り列車を待ちます。

IMGP1854.jpg

来ました。長かった!
14:56豊清水発。15:09音威子府着。
運転士「なお、音威子府では約80分停車します。」
長っ!乗客は全員下車していきました。まあそうだよな。

IMGP1855.jpg

とりあえず今日も黒いそばを。月見にしました。天ぷらより月見のほうがスープが黒く見えて良いです!
そこから少し駅前を散策したりもしましたが、特に見るものもないので車内で時間をつぶしました。
こういう車窓に変化のないときくらいしか持参した本を読む機会がないし。

IMGP1865.jpg

筬島で下車。昨日、今日と野生の鹿との遭遇率が一番高かったのがこの筬島駅です。
先ほどの稚内→豊清水の際に通ったときは、なんとホーム上に鹿の群れがいました。
ということはこの駅で降りて待っていれば鹿と遊ぶことができるのでは!?
にしてもこの駅舎、中はどうなっているのだろうか。

IMGP1866.jpg

こうなってます。

IMGP1872.jpg

線路の近くには鹿の足跡がたくさん。

IMGP1874.jpg

見えるでしょうか。線路の左奥に鹿が二匹います。やはり野生の鹿は警戒心が強く、人が近づくことはできませんでした。

IMGP1878.jpg

鹿と遊べないことが分かったので、雄大な天塩川を見に行きました。

IMGP1876.jpg

なんか遠いですが、川は凍っていませんでした。
道中、人は誰もいませんでしたが、トラックとすれ違いました。
筬島駅の裏では音威子府バイパスの工事をしています。
国道40号があれば充分な気もしますが、利便性の確保のため鹿の住む山を壊しつつバイパスを作るようです!

IMGP1898.jpg

列車が来ました。ここからは旭川に戻ります。暗くて景色も見えないので読書で暇をつぶします。
17:11筬島→20:15旭川

IMGP1899.jpg

新しい旭川駅。コンコースなにもなさすぎです。ここから本日の宿、ホテルKANDAへ向かいます。

IMGP1902.jpg

シングル窓無し冬季で破格の1980円!!
フロントの方も昨日の丁寧なおじさんからうってかわって、ぶっきらぼうなおじさんで楽しかったです。
俺が宿泊者名簿に記入していると、
「サウスポーだな」
と言ってきたり、住所を記入すると
「おお、川崎だー」
と住所に反応を見せてくれたり、親しみやすい方でした。
安いですが、ちゃんとドライヤーがあり安心しました。荷物を少しでも省略するため、ドライヤーを持ってこなかったのですが、あってよかったです。

IMGP1900.jpg

今日の夕飯は道中で購入してきたこれです!
松屋の牛丼(280円)+セイコーマートのキャベツ(100円)。
旅行に出発してから今日まで、野菜という野菜を全く食べていない気がします。
このままでは大変なことになるのではと心配になってきたので、安くて野菜が取れる方法は・・・と考えた結果こうなりました。

IMGP1901.jpg

うわあ・・・。もっとマシな食べ方があったのではないか。これでもまだキャベツが袋に残っています。
牛丼のつゆだけでは味が薄いので、適当にタレ類を松屋から持ってきましたがまだ足りませんでした。2~3袋持ってくると丁度良いみたいです。
これで食物繊維補充完了!

旅行5日目
北海道東日本パス日割額・・・1429円
ホテルKANDA・・・1980円
小計:3409円

合計:22426円

(2012.4.22投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク