トワイライト・4

2012年3月5日(月)

前述のとおりはまなすを札幌で下車。
実は新札幌で降りて厚別まで歩いたほうがワープ代金を節約できるのでお得なのだが、今まではまなすを札幌まで乗りとおしたことがなかったので今回は多少のお金をかけても札幌まで乗ることにしました。

札幌到着後、多少時間に余裕があったのでヨドバシのマクドで朝食。

IMGP1705.jpg

札幌6:58発の普通滝川行きに乗車です。札幌発車後はそこそこ混んでいましたが、岩見沢で大勢下車。

IMGP1704.jpg

今回の旅行はこんな列車にばかり乗っていますが、本気でJRの経営が心配になります。

IMGP1708.jpg

滝川駅で下車。晴れていますが、異様に寒いです。
気温を確認してみると、-14度でした。どうりで寒いわけだ!
これは自身の体感した気温の中でも最低記録ではないでしょうか。
素手は出しておけず、頭も帽子を被っていないと凍りつきそうな寒さでした。
狭い日本なのに少し東京と北海道でここまで気候が違うものなのかと考えさせられます。

とかなんとか考えてると、気づきました。
あれ!?俺のキャリーバッグは??!
列車内に置き忘れた!!!
終点だからまだドアは開いている。
キャリーバッグを置いていた網棚を確認。消滅してる!!。。。
運転士にキャリーバッグの忘れ物はなかったか聞いてみる。運転士は知らないとのこと。
ふと後ろを振り返ると・・・?
車内清掃のおじさんが網棚からおろして置いておいてくれてた!
セーフ!気づくのがこのタイミングでよかった!
そして降りた駅が終点でよかった!奇跡が重なり合ったキャリーバッグ紛失事件!!

気を取り直して、少し時間があったので10分くらい歩いたところにあるセイコーマートに行きました。
北海道といえばセイコーマート。独自の業態は、店内を見て回るだけでも面白みがあります。

IMGP1715.jpg

そして駅に戻るとこんなものを見つけました。最長普通列車の宣伝です。

IMGP1714.jpg

なんとそのホームに・・・!

IMGP1713.jpg

丁度良く最長普通列車が停車していました!サボには見づらいですが、「日本一長い距離を走る定期普通列車」と書いてあります。
看板には運行時間最長、サボには距離最長とそれぞれ別の最長が記されているのが面白いです。
最長普通列車は9:37に定刻で滝川駅を発車していきました。この列車を見送ることができるとは、昨日の日本海といいラッキーです。

IMGP1719.jpg

そして私は9:49発のスーパーカムイ7号で滝川~深川ワープ。
ワープにかかるお金は740円で、北海道東日本パスは1日あたり1429円。13分の乗車で丸一日使える北海道東日本パスの半額ぶんもお金がかかるのは勿体無い気もしましたが、それ以前に北海道東日本パスが安すぎるということですね。
しかしそれでも勿体無いので、次にはまなすから旭川方面へ乗り継ぐ機会があったら新札幌~厚別を歩こう。
旭川方面への一番列車にはまなすから乗り継げないように見えて、神がかり的な乗り継ぎができるとはJRも洒落たことをしてるなあ。

IMGP1721.jpg

深川からは集団見合いシートの普通列車。意外と席は埋まっていました。
旭川に近いのに普通列車は2~3時間に一本では混むのも当然でしょうか。
しかしボックス席より集団見合型だとグレードが上がった感じがして嬉しいですね。
真ん中の席にはテーブルもついてるし豪華。

IMGP1726.jpg

そんなこんなで旭川に到着。高架駅になったのは知っていましたが、予想外に変わりすぎていてびっくりしました。
俺の知ってる旭川の面影が全くない。一気に近未来的なつくりになったものです。

IMGP1729.jpg

乗るのは快速なよろ1号。ついにコンパス時刻表の最後のページを飾っている宗谷本線に乗ることができます!
しかしさすがは旭川、席が全て埋まるくらいの混雑でした。
ここから長い長い宗谷本線の旅がスタートです。
ぼうっとしている間に終点の名寄に到着、ついに稚内行きに乗り込みます。
名寄始発なんて空いてるだろうと思いきや、丁度学校が終わる時間だったようで学生でほぼ満席、私はギリギリ席に座ることができました。
その学生たちも美深でほぼ全員下車。ここからは乗客もまばらでローカル線の空気になってきました。

IMGP1742.jpg

途中、音威子府で21分停まります。ここで一度降りてみたかったのです!

IMGP1739.jpg

そう、有名な音威子府そば!!
店主はおじいちゃん、テレビを見ていて暇そうでした。
私が天ぷらそばを頼むと、慣れた手つきでささっと出してくれました。

IMGP1738.jpg

麺もスープも本当に黒い!食べてみると、見た目とは裏腹に食べやすい味!
おいしかったです。店主も末永く店を続けてほしいです。

IMGP1740.jpg

さらに天北線資料室もありました!あまり時間がなかったのでよく見ることができませんでしたが、色々なものが展示されていました。
北海道で最も人口の少ない自治体なのに、盛りだくさんで良い駅です。

IMGP1745.jpg

ホームに勇ましく停まっている稚内行きに再び乗り込みます。
音威子府を出てすぐ、音威子府~筬島間で野生の鹿が車内から見ることができました。
鹿がいるため急ブレーキという、北海道でしか体験できないことを体験できた嬉しさもありますが、本来は鹿の生息する地域に人間が便宜のために線路を敷いて鹿の生活を妨げているのか?と考えると複雑になります。
最北の都市である稚内への道をつなげなくてはいけないという使命があるとはいえ、稚内はもともと海運の町。海を渡ってきたから、鹿の住む山に囲まれた立地でも発展してこれたわけです。
まあそんなに深く考えてもどうにもならないので、ここは本来の目的である鉄道の旅を楽しむとします。

IMGP1747.jpg

名寄からは天塩川をサイドに延々と走行するのですが、川が凍っていたりいなかったりで、所々で分断されていました。
水の流れがどうなっているのか気になります。

それと驚いたのが、所々にある小さな駅で降りる方が数多くおり、幌延の時点で乗客は4人となりました。
数少ない各駅に停まる列車だからか、糠南で降りた秘境駅チャレンジャーもいてびっくりです。
そして南稚内でほぼ全員下車。これにより、旭川から稚内まで乗りとおしたのは私だけのようです。

IMGP1767.jpg

ついに到着稚内!!

IMGP1768.jpg

こんなものがあって吹いた!!!枕崎ww

しかしそうはしていられない。現在の時刻は16時59分。
そして明日の出発は6時24分。つまり、稚内観光するなら今しかないのだ!
最北を目指すなら宗谷岬ですが、バスが高いうえ本数が少ないうえ遠いので却下。
そうなると目指すはノシャップ岬!バスの本数も多く、なんと210円で行けます!

IMGP1772.jpg

駅から少々歩いた大通り沿いの郵便局のバス停に到着。バスはすぐ来ました!

IMGP1775.jpg

数分乗車、ついに着きました!降りる客はもちろん俺のみ。ほぼ最北端の地!
ここから岬まではもう少し歩きます。

IMGP1777.jpg

道中、ありがたい情報が。間に合うか!?

IMGP1778.jpg

見えてきた!!写っている時計によると、時刻は日の入りの17:26そのものでは!?

IMGP1781.jpg

着いたー!!!間に合った!!日が暮れそうな景色がきれい!!

IMGP1787.jpg

海が広がっています。しかし、GPSを見ると、ここが岬の頂点ではないようだ。後ろからカップルが来たことだし、展望台は譲り移動を開始。

IMGP1791.jpg

GPSを見つつ歩いていると、どうやらここが最北端。後ろに見えるのは灯台。

saihoku.png

ここが真の最北端。。灯台がぴったり最北端の位置にあることに感動します。

IMGP1792.jpg

だんだんと暗くなってきました。本当にギリギリのタイミングで訪れることができたんだな。

IMGP1801.jpg

稚内駅に帰るバスに乗る頃には、月が輝いていました。ほぼ最北端の地で、日が暮れるのを体験したわけです。
ここで駅前に戻り、今夜の宿となるホテル美雪にチェックイン。

IMGP1803.jpg

ツインしか部屋がないらしく、ツインに1人で宿泊。
フロントの方が、「何かありましたら、どうぞお気軽におっしゃってください。」
とやたら丁寧で好感がもてます。

携帯もデジカメも電池が切れそうだったのでここで充電。危機を乗り越えます。
前夜がはまなすのため入浴していなかったので入浴もすませます。
すっきりしたところで、私はホテルから外出。

フロント「よかったら、地図がありますので持って行かれますか」

丁寧なフロントさん。しかもつい地図を断ってしまった俺。
向かうのは稚内駅。
19:24発、幌延行き最終列車に乗車!北海道東日本パスを有効活用です。

minamiwa.jpeg

降りたのは南稚内です。ここに訪れたい場所があります。
10分くらい歩き、たどり着いたのは。

kosoku.jpeg

最北のゲーセン、光速憧路です!ここにはなんと、

otta.jpeg

最北のDrumManiaが!!!

oexpensive.jpeg

200円3曲www!最北の価格設定か!!

xg3.jpeg

プレイした記録を写真におさめ、満足です。店名がプレイ画面のどこかしらに表示されるのは嬉しい。

そこから再び駅まで歩き、稚内駅方面に行くバスを待ちます。本数が多いのが嬉しい。
ちなみに光速憧路の前にあるバス停は本数が少ないので注意です。
バスを待っていると、おばさんに話しかけられました。
「次のバスは何分?目が悪くて。。」
教えてあげると、調子付いたようで
「パチンコ店もこんなに客がいないんじゃ出さないねー。泡すら出ないし。400回もハマるんだよ。」
と、恐らく甘デジの海物語の話を唐突に始めました。若い人って結構パチンコやらない人が多いと思うので、唐突にこんな話されても「?」な人が多いと思いますが、稚内などの娯楽がパチンコ店が多くを占める土地ではパチンコの話くらい常識なのでしょうか??というかおばさん割と目が見えてる。
カルチャーショック的なものを覚え、バスが来たので乗り込みます。

オロロンラインをゆったりと走り、稚内駅に到着。これも210円です。安い。
稚内~南稚内は列車の本数は少ないですがバスがこれだけあるので便利ですね。

ホテルに戻り、鍵を受け取ります。

「何かありましたら、おっしゃって下さい」

うーん、丁寧。

IMGP1805.jpg

落ち着いた夜景を見ながら就寝。

旅行4日目
北海道東日本パス日割額・・・1429円
滝川~深川ワープ・・・740円
稚内市営バス3回乗車・・・630円
ホテル美雪・・・4300円
小計:7099円

合計:19017円

(2012.4.8投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク