トワイライト・2

2012年3月3日(土)

本来なら7時7分発の奥羽本線に乗って北上する予定でしたが、結果こうなりました。

IMGP1558.jpg

乗る電車も4時間半遅れです!本来の予定では天童で下車して将棋の街具合を鑑賞しようと思ったのですが、それもかなわず。

IMGP1563.jpg

しかし、唯一ラッキーだったのは701系ではなく719系がきたこと。私は701系はどうしても苦手なため、新庄まで快適な719系で行けてラッキーです。

IMGP1565.jpg

新庄で秋田行きに乗り換え。こちらはもちろん701系です。
ここで、山形~秋田の乗車券を持った団体が乗ってきて、オールロングシートであることに驚いていました。
山形~秋田を鉄道で移動しようとすると、特急もないしクロスシートもないしで大変ですね。

とりあえずキャリーバッグで足元の暖房を塞ぎます。冬の701系であっても、キャリーバッグがあれば灼熱の暖房が塞げるので、割とマシになります。

IMGP1567.jpg

しかし私は701系ではひたすら寝るという技を身につけたようで、起きたら降りる予定の大曲駅。しかも既にドアも開いており、あやうく降り遅れるところでした。
大曲まで乗ったことにより、奥羽本線完乗です。乗りつぶしが進みました。

IMGP1570.jpg

次に乗る列車まで少し時間があるので駅前を散策します。雪が積もりまくっていてびっくりしました。関東とは大違いです。
とりあえずイオンタウン大曲まで歩き、菓子と飲み物を補給して、また駅に戻ります。

IMGP1581.jpg

反対方向の奥羽本線で横手駅まで戻ります。

IMGP1576.jpg

乗るのは北上線。俺の好きなキハ100です。

IMGP1577.jpg

大船渡線の車両のようです。遠いところから来ましたね。
久々に乗りましたが、快適ですね!
しかも時間帯が微妙なためそんなに混んでいない!

IMGP1583.jpg

これでは赤字だろうな、この路線を維持できるJRの経営基盤スゲーとしみじみ思いながら乗車です。

IMGP1585.jpg

途中、駅に温泉があることで有名なほっとゆだ駅にて。
ここで降りて温泉に入るのもいいなと思いましたが、髪が天パーに戻ってしまうのでやめておきました。
というのは計画段階での話で、ツアーバス4時間半遅れのため、この駅で降りることも問答無用でできなくなりました。
それとこの駅の発音におけるアクセントが”ほっと”におかれており、”HOTゆだ”と表記したほうが似合うな、と思いました。

IMGP1587.jpg

地方交通線なだけあって景色もよく、あっという間に北上に到着しました。

IMGP1588.jpg

ここから再び701系で盛岡へ。

IMGP1589.jpg

乗るのはこちら、山田線!
バスが遅れていなければ、盛岡→浅岸→盛岡→大志田→盛岡と、うまく二大秘境駅を制覇できたのですが、今回はどちらか一駅にしか訪問できないこととなりました。
この二択だったらもちろん目指すは大志田!

IMGP1591.jpg

キハ110に乗り込みます。山田線の最終列車だからか、土曜日だからか席はほぼ埋まる混雑でした。
乗客の話を聞いていると、宮古まで行く人もけっこういるようです。

IMGP1594.jpg

私は勇気ある大志田下車!車掌に切符を見せると、
「また次ので戻るんだね」
と声をかけられました。優しい車掌さんです。

IMGP1593.jpg

去っていく列車。帰りの列車が車で俺はここで一人ぼっち。

IMGP1596.jpg

熊が出ます。との張り紙。この張り紙があるとの情報は知っていましたが、実物を見ると怖くなりました。
本当は駅周辺を散策しようかと思っていたのですが、空は真っ暗。そして熊が出る。
さすがに散策する気にもなりませんでした。
どんどん気持ちはネガティブになっていき。
熊が出るということは熊の住処を切り開いてこの鉄道を作ったのだろうか。こんな所に鉄道を通した人たちはすごい一方、人類の利便性の確保のために山を切り開いていいものかとも思いました。
しかも、連絡先としてJRの電話番号を記した紙も貼ってありますが、携帯は圏外。(ドコモのみ電波あり)
JRに直通するような専用の電話も設置されておらず、ここでなにかあった際には誰かに発見してもらうまで寂しく過ごすしかないという環境。

IMGP1595.jpg

それはいいとして、とりあえず待合室で過ごすしかやることがなくなりました。
時刻表の文字が大きいのも不気味さを感じます。
にしても、これほどの秘境駅であっても、夜の2本の列車を使えば容易に訪問できるというのはJRのやさしさを感じます。
その反面、こんな熊が出る山奥であっても列車に乗るだけで誰でも簡単に訪問できてしまうというのは間違っているのではないかとも感じました。
しっかりトレッキングをやっている人が山に入るのは問題ないにしても、無防備な鉄道ファンが山奥の駅に降り立って熊に襲われたとなると。現在の大志田駅の扱いのままではいられなくなるでしょう。

しかしこんなに怖い思いをするとは、浅岸駅を訪れなくてよかったと思いました。こんな怖い体験を一日に二度はしたくない!
でもよく考えたら浅岸駅を訪れる列車は暗くなる前だった!それなら訪れてもいいかも!
とりあえずこの駅に降りたことで、牛山さんの秘境駅トップ10のうち、小幌・小和田・田本・押角・大志田と半数を訪れることができました。
ここまで来たらあと半数も訪れて秘境駅マスターになるのもいいかも!

IMGP1604.jpg

帰りの列車が来る時間。無事に時間通り盛岡行きの列車が来ました。
よかったよかった。これで無事に帰れます。
上り列車であるからか、すいていました。

IMGP1605.jpg

そして無事に盛岡着!ホテルに向かいます。

IMGP1606.jpg

本日の宿、ホテルカリーナ。駅から少し歩きますが1階の部屋なら安かったのでそこにしました。

旅行2日目
北海道東日本パス日割額・・・1429円
ホテルカリーナ・・・3500円
小計:4929円

合計:8719円

(2012.3.20投稿)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク