職場卒業旅行in青森

2017年8月7日(月)

昨日は伊東に行ってきたばかりですが、今日も出かけます。職場の1年先輩2名が間もなく異動で他の職場に移ってしまうので、僕が声をかけて最後にどこか行きましょうと計画したものです。普段の旅行とまた一味違う形態で旅をしたのでここに記しておきます。

IMG_0463.jpg


IMG_0467.jpg

本日は東京駅に7:40に集合。そんな時間の東海道線に乗るのは苦行なので、技を使うことにします。新横浜駅7:00発の上り新幹線始発列車、こだま800号です。始発が超遅いので、かなりこの列車に乗客が集中してしまい、デッキでの立ち利用となりました。
正直三島6:00発の始発を増発する余地はあるので、今後の改革に期待したいところである。

IMG_0479_20170808192842285.jpg

東京駅に到着し、7:40発のはやぶさ49号の車内で集合。メンバーが全員揃った。このはやぶさ49号は多客期の臨時列車であり、停車駅が多い。もっと早い時間のが取れればよかったが、満席のためこの列車しか確保できなかった。
普段は一人で淡々と外の景色を眺めて過ごすが、今回は謎の余興を投入。
停車駅1駅ごとに〇×クイズを作成し、先輩2名に解いてもらい、正解数に応じて景品を出すという謎の企画。

上野駅での出題例)東京~上野間の駅間は新幹線1駅の駅間としては最も短い。

こういった謎のノリの問題を出題し続けるという若干スベってる企画。ちなみに途中の停車駅は上野、大宮、仙台、古川、一ノ関、北上、盛岡、八戸であり全8問出題し、結果として6問正解であった。高度すぎる引っ掛けで作った問題が多く、全く引っ掛けの意図に気づかずに普通に正解されたパターンが多かった。次回以降に生かそう。

あとは持参したトランプでひたすら七並べをやっていたら意外と盛り上がった。10戦くらいしたが俺が全く勝てず、なぜにみんなこんなに強いのかという謎に包まれ、結局勝利できないまま新青森に到着。

IMG_0489.jpg

新青森駅は何かと来る機会が多く、6月以来の訪問だったと思うが、初めて北口を利用した。ここで昨日に続き駅レンタカーを借りる。今回も25%引き券プラン。1日借りて5000円程度と安い。車はホンダ・フィット。後にこの車が最強の数値をたたき出すこととなる。

IMG_0494.jpg

もう12時過ぎなので、とりあえず一気に今回の目的地竜飛崎まで行き、津軽海峡亭にて昼食。
写真は海峡丼、2000円。ボリューム満点で最高の一杯であるが、店は民宿と一体化しているうえ、やたら汚い。
店員もフロアの人はいい人だったが、厨房の人は謎の雰囲気。注文も自分が厨房に頼みに行く方式。頼むとなぜかため息とつかれる。
料理も出てくるまでやたら時間がかかるとの噂だったが、思ったより早く10分くらいで出てきたのでよかった。
こんな対応の割に、実際の食事は最高のものなのでこのギャップがたまらない。
最後に会計。
店員「何を頼んだんだっけ?合計するといくらだ?」
店員が何を頼んだのか把握していないうえに、金額の計算を筆算でやっているという無双具合。こちらで計算して教えてあげるという結果に。ここまでくると雑な対応を通り越して神の領域である。

IMG_0520_201708081952432a8.jpg

続いて階段国道の上の方にある展望スポットに。しかし別に何も見えない。北海道も見えない。さいはてって感じが薄い印象とのこと。まあここはおまけなので次のスポットに進む。

IMG_0528.jpg

青函トンネル記念館の体験坑道です!これに乗って竜飛海底駅のすぐ近くまで向かうことができる。運賃は往復1000円程度。
予想以上に謎の地下施設に突っ込んでいく感じがあって雰囲気がある。

IMG_0531.jpg

丁度座席が満席になるくらいの混雑。急な下り坂で約7分間延々と下っていく。途中、けっこうガタガタ揺れる区間があってこれが脱線したりブレーキ故障なりしたらけっこう大変なことになるんじゃないかと不安を覚えながらの乗車であった。

IMG_0556.jpg

体験坑道の内部を見学。この見学資料は当時使われていた物品の解説を聞きながら眺めるだけでそんなに面白くはない。この扉を超えたら竜飛海底駅というところまでは来れるのだが、その先にはもう行くことができない。
あらためて竜飛海底駅見学ツアーがやっていた頃の資料を見ると、だいぶ長時間ゆっくり見学できたようで、行っておけばよかったな。

IMG_0569.jpg

続いて三厩駅を訪問。特に何もないが、終点駅なのでちょっと見に行こうということに。自分自身もけっこう久々にきた。乗務員の宿泊所があったり、駅員が1人勤務で出札も営業していたりしてなかなか暇そうな駅であった。

IMG_0580.jpg

続いて青函トンネル入口広場。前に来たのは新幹線開業前であったが、恐らく前より進化している。簡素な売店が設置され、さらにトイレがH5系仕様になっていた。しかし残念ながら通過する列車はこのタイミングにはなく。

IMG_0601.jpg

続いて奥津軽いまべつ駅を見学。ここで今回の旅の目的の一つである、総販の入場券を購入しました。総販というシステムの存在を知ったのがつい最近。せっかくなので総販の切符というのを本州唯一のJR北海道の駅である奥津軽いまべつで買ってみようという試み。出札の職員はどうやら研修期間中のようで、後ろに先輩がついている中での発券となった。
そんななかでマニアなお願いをしに行って失礼しました。しかしどうやら奥津軽で総販はたまに売れるっぽい。

IMG_0605.jpg

続いて中小国駅。運賃境界駅として有名であった中小国駅に行ってみたいとの要望を受けたため、とりあえず行く。まあ普通の何もない秘境駅である。

IMG_0615.jpg

最後に新青森まで戻ってきて札幌館という店で味噌カレー牛乳ラーメンを食べる。
さらに青森健康ランドで露天風呂を楽しんで制限時間いっぱい!
レンタカーを19時半くらいに返却し、19:44のはやぶさ38号に乗るという計画を無事に遂行しました。

IMG_0624.jpg

時刻通りに新函館からやってきたはやぶさ38号。新青森の時点でほぼ満席というびっくり。東北新幹線はもっと本数を増やしてもやっていけると思うな。
帰りの車内では俺が勝つまで七並べの続きを行い、結局20戦目くらいで勝利を手にする。
そして最後にちょっとした手紙とプレゼントを渡して東京駅に到着。

本当はさらに最後にムーンライトながらに東京→横浜に乗車という最高のイベントを用意していたのですが、残念ながら台風接近のため運休。まあそれを差し引いても十分すぎるほどの良い旅行であった。こんどは泊まりで長距離いきたいものだ。

(2017.8.8投稿)
プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク