東日本特急乗り継ぎ旅・1

2017年5月11日(木)

本日はふと思いついてしまった、東京→青森在来線特急乗り継ぎの旅というのをやってみます。

まずは自宅のある町田から特急に乗れる駅まで移動します。
小田急ロマンスカーで新宿に移動すればいいのだが、乗ってみたい列車があるので反対方面へ藤沢行きの列車で向かいます。

着いたのは藤沢駅。こんな所に特急が停まるのかと思ったら、似たようなものなら停まります。

IMG_8440.jpg

1本目、おはようライナー新宿22号に乗ります。特急踊り子で使われている185系でのライナーであり、藤沢から先の停車駅は渋谷・新宿のみ。もはや特急よりスピード感がありそうな列車です。
藤沢駅はライナー専用の臨時ホームから乗車。昔は藤沢のあのホームいつ使うんだよと甚だ疑問でした。

どうやら藤沢駅の時点で貨物線の線路を走行しており、貨物線上のホームが藤沢駅臨時ホームのようで。
そしてライナー券、おそらく人気で乗車直前じゃ満席だろうという予測のため、奮発してグリーン車を利用。
とはいっても普通列車グリーン券で乗れるので、特急のグリーン車に980円で乗れたと思えば安いものか。
185系のグリーン車とはいえ、フットレストがあり、1人で2席使える空き具合だったので、おそらく朝の東海道線で最もすいているグリーン車かもしれない。

そして列車の経路も独自のもので面白い。東戸塚からトンネルに入り、貨物線独自のルートに。少しだけ地上に出て横浜羽沢駅を通過。そこからまたトンネルに入り、今度は生麦駅付近に出る。そして鶴見からは横須賀線とほぼ並走だが、貨物の線路を通り、新鶴見信号場付近から湘南新宿ラインのルートに入る。
このルートを通れること自体滅多にないので、面白い経験をした。
今日の行程は遅れると厳しいが、何とか定時で新宿に到着。

IMG_8460.jpg

2本目、スーパーあずさ5号に乗車。新宿始発とはいえ、朝に新宿を出るから混み具合はどうかと思ったが、発車15分前の時点ではすいているも、直前には満席になる。さすが新宿、人の流れが違う。
立川や八王子で降りる人もいるが、そのぶん乗って来る。甲府までは満席。
しかも本日、新橋駅人立ち入りで付近の路線が全体的に遅れてしまい、このスーパーあずさも八王子の時点で10分延となってしまった。
この車両は振り子車両。乗客から不評のため、振り子車両は減少の一方だが、いざ乗ってみると傾いてるなーとは感じるが、別に乗り物酔いするとまでは感じません。
結局遅れは全く取り戻さず進んでいく。途中、小淵沢でギリギリの接続だった小海線は接続待ちをしますとの放送。待たなかったら苦情の嵐だろうな。
しかしこの車両、座席の後ろ姿を見るとなんだか椅子が小さく感じる。
果たしていつ新車に置き換えられるのだろう。
結局遅れを取り戻さぬまま10分延で松本に到着。まあ大した影響はない。

IMG_8485.jpg

3本目、しなの5号に乗車。8両編成のうち自由席は2両。そして松本・長野という近距離に都市が連なるとその移動には皆自由席を使う。自由席だけ混雑する典型的な例である。
窓側の席は確保できたものの、通路側の席も所々埋まる。
やっぱり通路側にも人がいると落ち着かないな。
そういえばこの車両はJR東海の車両です。他社の車両が乗り入れる例は少ないので、ここまでがっつり乗り入れてくれると楽しさが増す。
特に遅れはなく、長野に到着。

IMG_8496.jpg

4本目、はくたか559号に乗車。この区間は在来線特急がないので新幹線に乗ります。
さっきはJR東海の車両だと思ったら、今度はJR西日本のW7系。乗務員も長野で交代してJR西日本の職員。帽子のラインが青いのが特徴的。前からこんな帽子だったっけ?助役とかになったら色どうするんだろう。
車内のチャイムも聞き覚えのない曲。さすがW7系といった感じだ。
2駅のみの乗車で上越妙高で下車。上越妙高、駅の周りは何もないが思ったより降りる人がいた。上越地方の玄関口として機能しているようだ。

IMG_8524.jpg

5本目、しらゆき5号に乗車。というかさっきからあずさ、しなのに引き続き5号である。始発から数えて3本目ということだが、早朝で5号に達するあずさと比べて相当本数が少ないことが分かる。
このしらゆき号には初乗車。従来のくびき野・北越に代わって設定された列車である。
日中の列車だからか窓側も半分以上空いてるガラガラ具合。
しかし信越線のこのあたりの区間、海沿いをひた走り、羽越線のように前を道路を挟むわけでもないからなかなかの景色であった。
ただし、特に岩とかもないので同じような海の景色が続くので単調ではある。
新潟まで乗りたいところであるが、途中の長岡で下車。

IMG_8552.jpg

6本目、とき321号に乗車。これに乗ることで新潟到着がしらゆきより20分くらい早くなり、次のいなほに乗り継ぎができます。
こうして新幹線を使うことで乗継割引を適用できるのでよしとしよう。
しかも、先ほどの長野→上越妙高もですが今回の長岡→新潟も特急券を分割して特定料金にした方が少しだけ安くなります。
しかし、今回の旅では新幹線特急券を分割することで前後の特急両方に乗継割引を効かせるという究極の技まで使えるのでだいぶ安くなります。
あずさ→通常
しなの→乗割(北陸新幹線)
しらゆき→乗割(上越新幹線1)
いなほ→乗割(上越新幹線2)
まあこうしたふざけた旅でしか役立たないものの、覚えてて損はないです。
肝心の列車はMAXときの16両編成で到着。明らかに輸送力過剰な気がするがこちらとしてはすいてるにこしたことはない。
個人的にはすいてるときは自由席の2階席。詰め込み仕様ではあるが、席に仕切りがないので一人で3席広々と使いやすい。
停車駅2駅で終点の新潟に到着。二郎に行きたいが乗り換え時間わずかなので次を目指す。

IMG_8573.jpg

7本目、いなほ7号に乗車。グリーン車。
このいなほのグリーン車がとても広いと聞いて乗ってみたかったのである。本当にとても広かった。私は完全に自由席主義なので、指定席すらめったに乗らないが、この列車は数少ないグリーン券代を出す価値がある列車はだと思う。
海を眺めながら秋田まですごそうと思ったが、グリーン車が快適すぎて大半の区間を寝て過ごしてしまった。
また、この列車は全区間車内販売員が乗務しており、割とすいてるので5往復くらい登場した気がする。巡回してくるたびに何か買えば仲良くなれるのかもしれない。
実に3時間40分もの乗車で秋田に到着。

IMG_8619.jpg

8本目、つがる5号に乗車。最近減便されて3往復になったので、この5号が最終。
いなほグリーンに乗った後にこれに乗るととても狭く感じる。それでもじゅうぶん広いが。
乗客も方言がきつくなり、津軽エリアに来たんだなと感じる。
特急つがるはかなりガラガラな特急との噂だったが、秋田の時点ではサラリーマンがメインで1両に10人くらいは乗車。徐々に降りるも、最終的に1両に5人くらいは乗っている状態ではあった。
暗くて景色は見えないので延々とブログを書きながら過ごす。

IMG_8628.jpg

途中、行き違い列車遅れで3分遅れるも、22時20分、ついに青森駅に到着!!
(藤沢→)新宿→青森をほぼ在来線特急で乗り継ぎの旅達成!!

(2017.5.18投稿)

東日本特急乗り継ぎ旅・2

2017年5月11日(木)

青森に到着したが、もちろんここで終わりではない。
軽く記念撮影をすませ、また来た方向に戻る。22:37の普通弘前行きに乗車。最終の1本前である。
乗客は思ったよりかはいて、飲み会帰りの人たちである。さらに新青森で新幹線からの接続を受けて席がおおかた埋まる。

IMG_8642.jpg

そして自分は津軽新城下車。
今後の行程まで時間があるので時間調整と、特急つがる減便に伴う新幹線連絡列車設定のために当駅始発が大増発した様子を見ようと思い。
とはいえここで降りたのは2名。列車の本数は増えたものの、使い倒してやろうって人はそんなにいないようだ。

IMG_8646.jpg

深夜にこんな駅に来て帰れるのって感じだけど、津軽新城始発の23:07、青森行き最終に乗ります。
乗客はなんとゼロ。乗務員は計3人乗っており、客のほうが少ない状況。

IMG_8653.jpg

新青森で下車。もう新幹線は終わっており、ここから乗る人もゼロ。自分が乗らなきゃ全区間空気輸送になるところだったな。

ここから本日の宿パート1、青森健康ランドを目指します。
青森で入浴するとしたら青森まちなか温泉が定番でした。急行はまなすの前後に丁度いい。
しかし、まちなか温泉は深夜営業していないので、これから乗る青函フェリーと組み合わせるのは難しい。

IMG_8659.jpg

そこで新名所誕生。青森健康ランド。新青森駅より徒歩10分。途中道を間違えたものの、無事に23:45ごろに到着。
通常は400円くらいで入浴できるが、深夜料金が加算されて約1200円に。それでも安い。
しかもなんと、風呂には誰も客がおらず完全な貸切状態。全ての種類の風呂を順番に入ったり、露天風呂で歌ったりして自由であった。

2017年5月12日(金)

3時間利用できる料金を払ったが、45分くらいの利用で0:30に退店。
これから2:00発の青函フェリーに乗ることに。4:30発とどっちに乗るか迷ったが、まだあまり眠くないので今のうちに港に行く作戦。
歩き出す。けっこう歩いた所で違う道に行ってることに気づく。
雨が降ってくる。傘を持ってない。
本来は健康ランドから徒歩30分で行けるはずなのに、逆方向に10分歩いたから気づいたポイントから徒歩40分という羽目に。
時刻は0:40。乗船受付締切は1:30。
一応間に合うけどギリギリだし疲れるし雨が。。最悪である。
しかし助っ人、ますのすしを買った時にもらった無意味に大きい紙袋。これを頭に乗せて傘がわりにすることに成功。
あとは気合で歩き続けて、結局新青森駅からトータルで1時間以上歩いて港に到着。

青函フェリーの受付をすませる。電話予約すると安くなるので1時間くらいの前に予約した。1440円になった。これは安い。
夜行のフェリーで1440円なんて他にあるか?

IMG_8673.jpg

徒歩で乗船なので連絡橋を使うと思ったら、乗り場が普通の車と同じところからだった。僕の常識が破壊された。
まあこんな夜中の便、徒歩乗船は2名だったのでその方が効率がいいか。
船内は雑魚寝ゾーンが5区画くらい、あとはドライバールームというシンプルな構造。
この船は車の中にいてもいいタイプのようなので、乗用車の人も車で休む人が多いようで、奇跡の雑魚寝ゾーン1人1区画が達成された。
夜中だし、外の景色も見れないし、完全にこの船は貨物船のおまけで旅客をのせてる感じなので寝れるうちに寝ることとする。

IMG_8682.jpg

雑魚寝ゾーンじゃ熟睡はできないものの、区画を占有できたため割と快適ではあった。
5:50に函館港に到着。しかし、この船は車を先に全て降ろしてから旅客の降車なので、実際に降りれるのは6:20くらい。この時間がでかかった。30分余計に寝れるだけでなく、6:20に降りて五稜郭駅まで歩くと丁度函館線の始発で函館駅に行けるのだ。

朝っぱらから30分歩いて五稜郭駅へ。昔の青函連絡船なら双方の駅から近かっただろうなと嘆くが、まあウォーキングして時間調整した方がいい時間になるかとも思う。
五稜郭駅に着。
6:48 いさりび鉄道函館行き
6:57 函館本線函館行き
7:09 はこだてライナー函館行き
と、さすが交通の結節点、かなりの頻度で鉄道が運行されています。

IMG_8702.jpg

6:48には間に合わなかったので、6:57に乗る。朝早くから学生たちで混雑していた。
五稜郭駅の券売機は故障しており、出札が大変そうだった。

IMG_8713.jpg

ともあれ7:02に函館着!家を出てから25時間かけてやっと函館まで来れた。

(2017.5.18投稿)

東日本特急乗り継ぎ旅・3

2017年5月12日(金)

さあ早朝に函館駅に到着しましたが、普通はこんな早朝から観光できるところってそんなにはありません。しかしここ函館は違う。

IMG_8716.jpg

かの有名な函館朝市の2階にある店にて海鮮丼を食べる。五目丼という弱そうな名前だが、色々入っていて500円という最高な朝食。
安いけどご飯があつあつなのがもったいない気もする。客は外人が多くて店員が大変そうだった。
そこでゆったり朝食を食って、セイコーマートで少しお土産を買ったりして時刻は8:30。

IMG_8725.jpg

なんとこんな朝早くから、青函連絡船摩周丸がオープンするので見に行きます。
青森側の八甲田丸との共通入館券で700円。
今までここにある青函連絡船ってただ飾ってあるだけだと思い込んでいて、中がこんな博物館になっているとは知らなかった。

船内は青函連絡船の歴史について数多く触れられており、実際の座席で少し休めたり甲板で外を眺めたりできて良い施設だった。これが350円は安い。

時刻はそろそろ10時になります。店がそろそろオープンしだす頃。市電の一日乗車券を購入し、十字街のラッキーピエロへ。
去年函館に来た時は混んでて食えなかったが、今日は割とすいている!とはいえ、修学旅行生と思われる中高生がたくさんいた。若いなあと思う。

IMG_8789.jpg

今回食べるのは函館スノーバーガー。約600円だが、バーガーとポテトがセットに。そして店頭の写真より現物が大きい。焼きたてで熱々で最高。やっぱこれだ。今日中にもう1回食いたい。

IMG_8800.jpg

そしたら時間もあるので市電を乗り潰しでもする。まずは谷地頭駅へ。ここから歩いて立待岬に行けるので、岬を見物。まあ普通の岬だが、函館市街から近いからか人が多い。

続いて反対方向へ乗り続け、終点の湯の川まで。ここから函館空港まで徒歩40分で行けるものの、連絡バスが安いため、歩いて行く意味はほとんどない。

ここから少しだけ乗車し、駒場車庫前へ。
ここ始発で、たまたま発見したレアな列車に乗ります。

IMG_8843.jpg

函館ハイカラ号。昔の車両を使ってると思われ、乗降口に扉はなく、運賃箱もないので若い女性車掌が乗務していた。
やっぱこういう所に女性職員がいると目立つよな。この車掌は縁あって日ハム戦の始球式もやったらしい。もはやアイドル。
せっかくなので終点、函館どつく前まで乗車。これで函館市電を1日で完乗してしまった。

折り返し、大町駅で下車。人工島の緑の島というのがあるので来てみたが、ただの釣りスポットか何かであった。


IMG_8863.jpg

徒歩でベイエリアへ。なんとここにはラッキーピエロとハセガワストアが一体化している神のような場所がある。
名残惜しいので、ラッキーピエロ2回目の入店!

IMG_8864.jpg

今回は人気商品、チャイニーズチキンバーガーを食べる。やっぱ熱々で、チキンがやけにジューシーである。これは全種類制覇していきたいな。

続いてハセガワストアへ。有名なやきとり弁当も存在を最近知ったので初入店。注文内容を紙に書くという画期的な方式。しかも入ってみると中がセイコーマートと一体化してる。究極の場所だ。
ライス単品と好きな串を色々いれてオリジナルやきとり弁当を作ろうとしたが、どうやらライス単品がなさそうなのでやきとり弁当小と串2本購入。
しかも弁当屋のはずなのにイートインスペースがあり、ここで食ってる人がけっこういた。
私はさすがに連食するのは腹が限界になるので、持って帰る。

IMG_8871.jpg

函館駅に戻り、なんともう程よい時間。
16:40発のフェリー乗り場行きのバスに乗車して帰りのフェリーを目指します。
行きは青函フェリー、帰りは津軽海峡フェリーと乗り比べをします。
また、函館港は青函フェリーは五稜郭、津軽海峡フェリーは七重浜と場所が全然違うので注意。
17時頃に港に着き、乗船券を購入。2220円であった。青函フェリーより800円も高い。まあそれでも安いのに変わりはない。

IMG_8882.jpg

すぐ乗船の時間なので、乗船。入ってすぐ思ったが、船が豪華すぎる。前乗った新日本海フェリーを思い出させるような設備。これは4時間乗る船と違うやろ。

雑魚寝区画が10ゾーンくらいあるんだけど、この船は車の人も車から出なくてはならないため、主に乗用車ドライバーっぽい人たちで雑魚寝区画が埋まっていく。
自分が着いた時点では全ての区画に誰かいたので、相席でいくか、他の場所にいるか。

IMG_8895.jpg

結局雑魚寝スペースにいても弁当は食えないし、外も見えないしなので窓際にある学食のテーブルみたいな席を陣取る。
椅子はその辺のベンチみたいなチープなものだが、まあいいだろう。
このスペースで思い思いに過ごす。だが、やっぱり思った。普通のリクライニングシートが欲しい。確実にミスである。安い青函フェリーの方が快適だったという結論に至ってしまう。

IMG_8898.jpg

まあしかし、学食のテーブルでの生活も満喫した。船内に電子レンジがあるので、やきとり弁当を温めて食い、さらにカップ麺の自販機を使ってみたかったのでそれも食った。
夜になると景色も見えなくなり、軽く寝ながら4時間の航海を終え、21:10に青森港に到着。

こちらの青森港は青函フェリーも津軽海峡フェリーも同じ場所である。
駅まで向かう路線バスは21:12発と、ギリギリ乗れないので仕方なく歩く。駅まで歩いてる人はゼロであった。
まあタクシー4人で乗れば駅まで1人250円でいけるしな。
徒歩で45分ほどをひたすら歩く。新青森のパターンと違い、青森駅へ向かう場合は1本道なので分かりやすい。

IMG_8915.jpg

本日の宿、アパホテル青森駅東に到着。
アパホテルの漫画が面白くてつい読んでしまった。

(2017.5.18投稿)

東日本特急乗り継ぎ旅・4

2017年5月13日(土)

昨日の宿は大して眠れない青函フェリーだったので、まともなベッドで休めるアパホテルに感動する俺。
本日は8時に出てリゾートしらかみに乗るか、9時に出て五能線普通列車で走破をするか、それかストレートにはやぶさで帰るかの3択だったのだが、五能線普通列車に乗ったら家に着くのは0時くらいになってしまう。
さすがにそれはしんどい。
まあ結局ゆっくり寝て9時すぎに宿を出る結果に。

IMG_8925.jpg

とりあえず昨日の摩周丸とセットになっている青函連絡船、八甲田丸を見学。
こちらは地元青森の郷土にまつわる資料という、連絡船に関係のない展示もあって微妙かなと思ったものの、地下に入ってびっくり。

IMG_8946.jpg

鉄道車両を輸送していた姿がそのまま残されており、これは摩周丸との大きな違いだ。
やはり青函連絡船の姿を完全に知るためには、セット入館券を活用して両方に入ってみることが一番であろう。

IMG_8963.jpg

連絡船を出て、青森駅西口に続く連絡橋を渡ってみる。ここは青森駅のホームから連絡船乗り場につながっていた橋で、ホームへの階段も封鎖されているが残っている。というかこの存在を今まで知らなかった。何度も青森駅に来ているのに。

IMG_8967.jpg

少しコンビニで買い出しをして、この青森駅西口を利用してみる。以前はウィラーのバスがここから発着していたが、今はどうなんだろう。この改札は相変わらず自動改札がなく、駅員も業務委託の社員であった。

IMG_8981.jpg

新青森駅からはやぶさ18号に乗車して帰る。当日購入では通路側しか空いておらず残念。
まあ仕方ないかと思い3名掛け通路側に座るも、予想以上に景色を楽しめずに面白くない。
大半の時間を寝て過ごし、東京に到着して帰宅。

(2017.5.18投稿)

ゆざわShukura→NODOKAループ→SLみなかみ

2017年5月20日(土)

泊まり勤務を終え、旅に行く時の所定の列車で東京駅に10:49着。
なんだか鉄道乗り継ぎの旅にはまってしまい、本日は臨時列車乗り継ぎの旅をやります。

IMG_8997.jpg

まずは東京10:56発の臨時のとき363に乗車。
開幕から臨時です。どうやら現美新幹線接続用の臨時列車だろうか?
前発との間隔が短い割にはそこそこ乗車している。
しかし結局高崎でだいぶすいた。冬は越後湯沢までが地獄だけど、この時期はこんなものなのか。

IMG_9008.jpg

浦佐で下車。新幹線の浦佐下車は高校生の頃只見線に乗って以来だ。在来線改札は自動改札なしは相変わらず。

IMG_9011.jpg

さて、今回の旅は実質浦佐からスタート。12:31発のゆざわshukuraに乗ります!
本来は上越妙高始発で始発からゆっくり乗りたいものの、時間の都合上それはかなわず。
越乃shukuraとゆざわshukuraを短区間乗車することを達成した。
残る柳都shukuraくらいはゆっくり全区間乗りたい。
さて肝心のゆざわshukura、乗って早速つまみのにおい。いか臭い列車ゆざわshukuraである。
なぜか女子高生が乗ってたのが謎だが。
列車はさすがキハ40という感じのゆっくりした速度で進んでいく。
とはいえ30分ほどの13:09に越後湯沢に到着。

IMG_9047.jpg

続いて本日の目玉、目玉だけどそんなに乗りたいわけではないNODOKAループに乗車。
これはNODOKAという廃車寸前のお座敷車両を使用した臨時列車です。
車体はボロボロ。はまなすの客車を思い出します。
お座敷の1つ1つの席が狭い。そして謎の満席という事象。狭くて満席だとだいぶ窮屈。
実際の乗車率は50%くらいに感じた。狭いからもともと席を半分しか売らないのか、客の大半が1人で何席も買っているのか、そのへんはよく分からない。
しかし越後湯沢での発車ギリギリまで旅客は外で写真撮ったりしてたので、よっぽど席の乗り心地が悪い列車なのであろう。
しかも客の大半がマニアなのでお座敷にしている意味がない。お座敷にすると唐突に鉄オタだけの相席屋が開催されるだけである。

IMG_9078.jpg

とりあえず昼寝して過ごすくらいしか過ごし方がないものの、途中の土合駅で20分くらい停車。
この土合に気軽に立ち寄れるのはよかった。普通列車で立ち寄ろうとするとけっこう苦労する。
しかしこの辺の駅はやっぱり冬の方が風情がある。夏は旅の季節じゃないな。

そのまままた寝て過ごし、終点の水上に到着。

IMG_9090.jpg

水上からはたった5分の接続でSLみなかみに乗り換えられる。ここは乗り換えられるようにダイヤを組んでいるのであろう。
先日SL碓氷に乗ったばかりなのに今度はSLみなかみ。
こちらは先ほどのNODOKAループとは違い、席は多くあり、1人1ボックス使えるほどの空席。
これまで満席だったらやる気をなくす。
さすがSL、足取りはゆっくり高崎を目指す。
水上→高崎の所要時間が1時間53分とは長すぎる。
結局大半の区間を昼寝して高崎まで来てしまった。泊まり明け1人旅はこんなものか。
しかしやっぱり秘境駅下車とか長距離徒歩とかがないと旅って気がしないな。
しかも周りはマニアだらけ。こういう臨時列車に好んで乗るようになったらマニアまっしぐらだわ。数年前にイベント列車がマニアだらけだったから定期列車にしか乗らないようにしようと思ったのを思い出した。そして再びその決意を胸にした。

IMG_9115.jpg

17:13に高崎に到着。ここからは普通列車グリーンで快速アーバンで上野、さらに上野始発で横浜へと帰還。
やっぱそろそろ海外編が必要だな。

(2017.5.22投稿)
プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク