スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大船渡BRT

2016年10月10日(月・祝)

仕事も落ち着いてきた今日この頃。俺は新たな境地に向かうため、JR全線完乗を達成したくなってきた。

IMG_5263.jpg

東京6:04発のやまびこ41号に乗ります。横浜線の始発で来ても間に合うけど、せっかくなので実家の川崎から出発。
自由席5両くらいあるのかと思ったら3両。三連休だからだろうか。まあ東京始発なので余裕の3人掛け窓側を確保。最高。

IMG_5278.jpg

新幹線は単なるワープ手段なので、2時間半で一ノ関に到着。どうやら岩手国体だかで下車した人が多い模様。
自分は9:10発の大船渡線に乗ります。キハ100が2両。あれだけ新幹線から降りた人がいたのに、この列車はすいてます。

IMG_5280.jpg

地方交通線らしい風景。少ない乗客も、途中の猊鼻渓で旅行客っぽい人は降り、摺沢で学生っぽい人は降り。
気仙沼ままで乗りとおすのは数名となってしまった。

CuXviI8UsAAc513.jpg

気仙沼から未乗の大船渡BRT区間に乗ります。その前にこれが大船渡BRTの現状の路線図。
冊子の時刻表に掲載されている路線図では、特に支線がない一直線な路線ということになっているものの、実態は上鹿折と陸前矢作が支線のような形になっています。
ただ、運賃計算は直線の路線として計算するようになっているので、陸前高田に行くより陸前矢作に行った方が安いという歪な状態になっています。
大船渡線がBRTでの復旧が本復旧という扱いになる見込みなので、そのときにどのような扱いになるか注目です。

IMG_5295.jpg

まずやってきた11:00発、大船渡BRTの盛行きに乗車。恥を恐れず最前部に乗るか、後方座席でお茶を濁すか迷ったものの後方座席に着席。
景色はこれでも全然見えるものの、前面展望の写真を撮るとなると最前部の座席じゃないとだめだった。

IMG_5306.jpg

専用道走行中。まあこんな感じですよね。写真って難しい。
大船渡BRTも、専用道を走行するのは序盤と終盤のみで、なんとも中途半端な感じである。
上鹿折駅付近を専用道でつなげれば路線が分断されることもなかったのに、今後どうなるのだか。

IMG_5311.jpg

終点の盛駅に到着。これで大船渡BRTを完乗したとみなす人もいるだろうけど、俺はストイック高校生だ。
ちゃんと支線も乗り潰す。折り返し時間が1時間くらいあるので駅周辺を散策します。
といっても変わったものはそんなにない。近くにスーパーみたいなのがあったのでそこで時間をつぶす。

IMG_5337.jpg

たまたま岩手開発鉄道の貨物列車を見ることができた。ダイヤを調べてみると、けっこうカツカツなダイヤで運行されているようだ。
岩手開発鉄道が旅客営業をしていた頃に乗ってみたかったものだ。
ちなみにここ盛駅まで、東京駅から最速の手段で来ても6時間15分。岩手の三陸沿いってなかなか来るのが大変です。

IMG_5346.jpg

13:20発のBRTに乗車。今度は最前部を確保して写真も撮りつつ乗車します。

IMG_5357.jpg

一番面白かったのはこのあたりの風景。はたから見ると行き違いのできない酷道をバスが暴走しているシーン。
バス専用道ならではの景色だ。ただ、バス専用道とはいえぐんぐん進むのではなく、所々にある待機場で信号のようなものがあり、ちょくちょく停まります。果たして一般道とどっちが早いのか。

IMG_5363.jpg

陸前高田で下車。ここで14:13発の陸前矢作行に乗り換えます。
たった9分、2駅の距離ですが普通のデカいバスが登場した。乗客は自分と女子高生の2名のみ。

IMG_5375.jpg

陸前矢作に到着。線路が残っています。そして元の陸前矢作駅よりかなり手前にあります。
時間があれば陸前矢作駅跡まで歩いていきたかったものの、折り返し時間が短いため叶わず。
バスが2台映ってますが、運転士の休憩時間がけっこうあるようで、自分が乗ってきたバスの10分後の折り返しは違う運転士が担当していました。

IMG_5385.jpg

陸前高田まで戻り、一旦気仙沼に戻ります。今度乗るバスは観光型車両という謎の青いバスで来ました。

IMG_5387.jpg

別に観光バスという訳ではなく、最前部の席が潰されて、中ドア付近は窓の外を向いた座席、後部座席は何故かボックス仕様になっているという改造具合。そして車両自体は明らかに古い車両。新しいエルガの方が乗り心地がいい気がするが。

IMG_5394.jpg

気仙沼この普通の路線バスに乗り換え。鹿折金山行きミヤコーバス。バス前面に気仙沼駅~上鹿折駅BRT区間との表示がされています。
この扱い、上鹿折駅はかなり見捨てられている区間であるように思えます。
実際、乗車していた客も鉄道代行として使っている人はおらず、既存のバス停で乗降している人のみでした。
こんな状況でちゃんと運転士さんがJRの乗車券で乗せてくれるのか不安でしたが、そこはちゃんと使えました。

IMG_5411.jpg

到着した上鹿折駅。ここは本来の駅のすぐそばにバス停があります。
駅は当時の状況のまま残っています。高台にあるので特に津波の被害はなく。ただ単に廃線になった駅の様子です。
しかし実際はこの駅は営業中という扱いの駅。ものすごい雑草まみれだけど営業中の駅。営業中の駅の中では最大級に放置されている駅かもしれません。
何にせよ、ギリギリ明るい時間に大船渡BRT全線完乗達成。これで残るは東金線、相模線、大川支線のみ。

IMG_5426.jpg

19:21発のやまびこで帰ります。三連休の最終日、数日前に指定席の空席を見たらB席しか空いてない。
だったら自由席で勝負だということで、先頭車両の1番目に並ぶ。なんとか三人がけの窓側を確保!やったー!!
これで自由席マスターだ。仙台で満席、福島で難民多数、宇都宮で通路までぎっしり。
自由席に座れてよかった。最後は一度試してみたかった上野下車。上野東京ライン乗り場まで離れているけど、少ない人込みで乗り換えられるし、上野東京ラインは座れるし、なかなか良い。

20161010.png

現在の乗りつぶしマップ。
乗車キロ:19869.8km(+43.7km)
乗車率:99.853%(+0.219%)
最後に残っていたそこそこ長距離の路線を制覇し、残るは近所の路線のみだ。今年中に達成するぞ。

(2016.10.17投稿)
スポンサーサイト

相模線

2016年10月22日(土)

JR全線完乗までマジック3と迫ったこの頃。もはやここまで来たら何も用がなくても完乗を達成するために乗りに行くしかない。

IMG_5429.jpg

近所の駅、小田急町田駅へ。町田市に引っ越して約半年。その割にこの半年間で小田急に乗ったのは2回目です。
急行小田原行きに乗り、相模線に乗るために海老名を目指す。
というか海老名が予想以上に近い。この感じだと府中運転免許試験場より二俣川の方が近い。
とか書いてたら免許を失くしてたことに気付いた。無事に失くした場所で保管されており受け取ってきた。

IMG_5432.jpg

海老名から相模線に乗っちゃえばすぐに相模線完乗なのだけど、それだけじゃ面白くない。
せっかくなので2年前に運行を開始した、海老名~寒川間コミュニティバスに乗ってみます。
土日は6往復の運行で、これから乗る午前10時台の便が海老名からの始発です。

IMG_5433.jpg

神奈中と相鉄で共同運行ですが、乗ったのは神奈中の便。古いエアロミディみたいな車両でした。相鉄の便は綺麗なポンチョのようで。
乗客は合計5人。うち私を含めた3名は海老名市と寒川町を越境で移動しました。
この系統はコミュニティバスとしては珍しい、複数の自治体で協議の上、越境で設定されているバスです。
本来はバス交通が市町村境の壁に阻まれて越境ルートが設定されづらいのは利用者のためにならないので、こうした措置は嬉しいところであり、今後も同様の系統が出てくればなと思います。

IMG_5435.jpg

寒川駅に到着。20分おきで相模線は出ていますが、丁度23分空くところで一本前が行った後だったので悪夢の21分待ち。

IMG_5437.jpg

相模線。首都圏のJRは大半がATOS化されましたが、相模線は放送がATOSじゃない。
なんだかものすごく懐かしい気分になりますね。車両も205系だし。
乗客はそこそこ乗っており、海老名で客が入れ替わるのかと思ったらそこまで入れ替わらず。
茅ケ崎~橋本を乗りとおす人もそこそこいるようです。ショートカットとして使おうと思えば使えなくもない路線だしな。
最近相模線の相武台下と下溝の駅舎を新しくしたようですが、まあ車内からはよく分からず。そんなものです。

IMG_5438.jpg

橋本に到着。今日は寒川から乗りましたが、未乗だったのは入谷~橋本なのでこれで相模線も完乗。
残るは東金線と大川支線。東金線行くのしんどいな。

20161022.png

現在の乗りつぶしマップ。
乗車キロ:19884.2km(+14.4km)
乗車率:99.926%(+0.073%)
ついに99.9%まで到達。東金線と大川支線って0.1%未満の距離なのか。

(2016.10.22投稿)
プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。