草津温泉

2016年2月8日(月)

12月下旬から1月末までほぼ毎日バイトしてたので約2ヶ月ぶりの投稿です。
意外と仕事してると旅行なんか行かなくても何事もなく日々は過ぎていくものですね。
元職場を退職した先輩に久々に会おうという話になって、せっかくだから連休だから一泊でどこか行こうということに。

IMG_2812.jpg

まずは赤羽から池袋行きのバスに乗ります。このバスは今回会う先輩が転職して運転しているバスです。
バスの運行管理者から運転士に華麗に転身した友人。お元気そうで何よりです。

バスに添乗後、友人の勤務が終わったのが12時ごろ。ここから友人の車で目的地へ向かいます。
まず唐突に佐野ラーメンを食べに佐野へ。意外と赤羽から1時間で着いた。
店の名前は忘れたけど佐野ラーメン+もつ煮というセットで豪華だった。

IMG_2815.jpg

そして佐野のわたし駅を訪問。割と最近できた駅で、地方ローカル線の新設無人駅のモデルケースのような存在です。
段差解消、駅舎なし、単線、変な駅名。すぐ上に新幹線が見えるので新幹線と上信電鉄を一緒に撮影することもできます。

IMG_2827.jpg

まあ相当タイミングがよくないと撮れませんが。この30秒後くらいに新幹線が通過していきました。

IMG_2836.jpg

そこから車を走らせまくり伊東園ホテル草津へ。1泊2食付で1人8000円。まあ温泉宿で、2食バイキングとなればこの価格でも許せるのではないでしょうか。
温泉宿なんて行ったことがない。多分小学生くらいの時に親に連れて行かれたのが最後。ってくらいなのでどんな感じなのか。

入ってびっくり、老人ばかりかと思ったら学生ばかり。そんなことがあるのか。
キースツアーみたいな旅行業者の功績だろうか。果たしてスキーしに来たのか温泉しに来たのか。
学生たちに聞いてみたかったぜ。
宿にゲームコーナーがあって、ゲーム好きなのでそこでけっこう遊んでたら大学生っぽい女の子4人組が来た。
話しかけようか迷ったが結局俺は話しかけられなかった。これは俺はチキンすぎる。
まあただ今回俺がチキンだと分かったので次からこういう場面を想定して行動してチキンを脱却しよう。

平日だからすいてる温泉にゆっくり入り、夕食もバイキングと飲み放題付きなので好き放題食べ。
友人と深夜まで語り合って就寝。

2016年2月9日(火)

朝食もバイキング。しかし朝を食えない体になっているので少ししか食べなかった。まあいいか。
適当な時間にチェックアウト。2日目もどこ行こうとも決まってないので適当にドライブします。
まず軽井沢に抜けて碓氷峠と碓氷バイパスを走行。問題のイーエスピーのバス事故現場を走行してきました。
事故現場は峠の本当に最後の最後のカーブ。ここを曲がればまっすぐだった。しかも道路左側には故障車用の坂道があった。
まあ時速100キロであの坂に突っ込んでも飛んで行ってしまいそうだが。
道路っていうのは運転者が意識を失うことを前提としては作られていないなということを感じました。

IMG_2837.jpg

続いて小海線沿いに南下して、一度行ってみたかった佐久広瀬駅を訪問。
駅ノートの書き込みがほとんどなく、まさに秘境駅です。鉄道写真を撮りに来たというオッサンがいましたが、どこかから迎えの車が来て去っていきました。

IMG_2842.jpg

ハイブリッド車が来ました。乗客は数名。野辺山~小海って特に乗客が少ないんだろうな。
ここから韮崎方面へ抜けて中央道で相模湖、そこから一般道で川崎に帰宅。

乗用車ドライブで温泉宿とは俺はまずやらないプランだけど、こういうのも面白いしいい経験になったな。
また似た行程で誰かと行きたいものだ。

(2016.2.11投稿)

新潟巡検・1

2016年2月13日(土)

2月はニート生活終盤を飾るため旅行ラッシュが続きます。果たしてブログ執筆が追いついていけるかどうか。
今回は大学時代のゼミの友人と久々に旅行です。昨年5月にこのメンバーでサイコロの旅をやったものの、泊りで行くのは2014年12月以来か?
卒業して2年経つし家も離れているものの、こうして会えるのは嬉しい限りです。

今回の目的は新潟の二郎を訪問しつつその周辺を散策です。今回のメンバーのうち1名は二郎未経験なので二郎を初体験させるツアー的な。
初二郎なら開店前から並んで3人で並んで食べようという話になったので朝早くから行くことに。二郎は10時開店なので9時に新潟駅集合。

IMG_2848.jpg

まずは川崎5:34発の上野東京ライン始発に乗ります。新潟9時着なら川崎6:23の上野東京で東京7:00発のとき303号に乗れば間に合うものの、私はそんな普通には乗りません。
この上野東京ラインに乗り続け、大宮で友人S氏と合流。ここから2人旅に。
さらに乗り続け、熊谷で下車。

IMG_2852.jpg

熊谷7:15発のMAXたにがわ401号に乗ります!ここから乗れば特急料金が約1000円節約できるのです。
しかし問題が発生。熊谷駅の電光掲示板によると、このMAXたにがわ401号は指定席が満席。土曜の朝なのでスキー客がたくさんいるということでしょうか。
指定席が満席ということは自由席も大宮までの各駅で人があふれているであろう。越後湯沢まで立ちか。。
と覚悟を決めたものの、なんと自由席は意外と空席有!大抵は指定席満席だと自由席もひどいことになりますが、むしろ3人がけの席を2人で使えたので快適でした。

IMG_2860.jpg

そして終点の越後湯沢でとき303号に乗り換え。このとき303号はデッキまで人がいる状態で越後湯沢に到着。
まあ多分大体が降りるだろうという予想だったのですが、予想以上に降りる人が多くてびっくり。それでも席はけっこう混んでいてますますびっくり。
またしても上手く3人がけの席を確保。
しかし越後湯沢駅を見ていて思ったのが、若者のスキー離れとはよく言ったもので、この混雑を見た感じだと全く離れていない。
大学生でもスキーする人って結構多い印象があるし、恐らく客が離れているスキー場は立地等の要因が悪いのであろう。

途中の長岡で長野から来ている友人T氏も合流。北長野から始発のしなの鉄道、信越線快速ときて長岡で乗換だそうです。

IMG_2861.jpg

そんな感じで新潟の二郎に到着!開店1時間前。もちろん誰も並んでいません。
10分後くらいに3人組くらいのグループが後ろに並び、我々に話しかけてきました。旅行者同士で話すって言うのは鉄道趣味の人にはあまりないので珍しい経験であった。

IMG_2862.jpg

12月以来の新潟二郎をいただく。相変わらず麺が硬いのは残念。こういう地方二郎で万人受けを狙うにはどうしても硬めになってしまうのだろうか。量は丁度良い量で申し分ないが。
俺とT氏はさっさと平らげたものの、友人S氏は初二郎なだけあって食べ切れていない。そこを俺とT氏で救済してさらに食べる。
S氏の麺が伸びてきた二郎は丁度いい柔らかさだった。10分どん兵衛に通じるものがある。

IMG_2863.jpg

時間があるので連節バスに乗ります。この連節バス、青山行きのバスのうち3本に1本くらいの割合で運行されているのですが、通常のバスを見送ってでも連節に乗る客が多いため、連節は立客がいっぱいの満員状態でした。
これでは連節バスの評判が悪いのも頷ける。自称BRTとのことだけどどこにBRTの要素があるのかよく分からない。
とても遅れてたのでせめて均一運賃にして先払いの方がいいのではないか。青山まで乗る客は少ないし乗車はほぼ新潟駅なんだから。そう考えると神奈中のSFC行きバスは柔軟な運用をしている。

IMG_2870.jpg

市役所で下車。ここはバスの結節点のような位置づけのようです。しかし連節バスを下車しても特に他のバスは待っていなかったので乗り継げません。遅延の影響だろうか。なんとも中途半端な印象を受ける。

IMG_2882.jpg

歩いて白山駅まで行き、新潟、村上と乗り継いでいきます。

IMG_2897.jpg

越後寒川駅に到着。海が見える駅です。自分は週末パス利用だけど、友人T氏は妙高高原からえちごツーデーパスで来てるのでフリーエリアの端から端をうまく乗っています。

IMG_2898.jpg

そして引き換えし、新発田で新津行きの新型車両に乗り換え。この丁度新旧の車両が入り混じる感じがいいね。こんな環境が楽しめる新潟は今だけ。

IMG_2921.jpg

水原で下車してタクシーで瓢湖へ。運賃は1000円くらい。3人で乗ればタクシーも余裕だね。
瓢湖は僕の天国だった。鴨がたくさん、白鳥が少々。餌を100円で購入してあげ続ける。
大体鴨に餌を食われてしまい、白鳥に餌を与えられない。というか、鴨は餌に飛びついてくるけど白鳥は悠々と構えている。この違いは。
しかし俺は鴨より白鳥の方が好きだからいいのだ。

IMG_2925.jpg

そして万代シティ行きのバスに乗車。このバスは2時間に1本くらいと本数が少ないものの、うまい計画のおかげでうまく乗車成功。
このまま乗り続けても本日の宿の新潟駅にたどり着けますが、それだと週末パスがもったいないので水原で下車。
信越線で新潟へ。水原で電車を20分くらい待った割に、新潟駅に着くのはさっきのバスと同じ時間である。

IMG_2927.jpg

アーバネックスイン泊、1人4000円。しかもチェックイン後に本数の少ないバスでどこかの銭湯に行ったのが面白かった。

(2016.2.16投稿)

新潟巡検・2

2016年2月14日(日)

2日目です。昨日はイオンで買った半額の惣菜をつまみに夜遅くまで部屋で宴を開いていた。
やっぱこういう旅もいいものだよね。

IMG_2928.jpg

10時頃に宿を出発し、壁ドンキャンペーンをやっていたアニメイト新潟店に寄ってから本日の行程スタート。
普通長岡行に乗り、さらに越後湯沢行きに乗り換え。新潟の115系に乗っているとちょっと前の東海道線を思い出す。
あの力強い走行音は走っているという感じがして好きだ。

IMG_2931.jpg

越後湯沢でバスに乗り換えます。ポールがいっぱい並んでてわけわからなくなっている各スキー場への送迎バスです。

IMG_2932.jpg

我々が乗るのはガーラ湯沢行きの送迎バス。恐らく車種はガーラではありません。

IMG_2933.jpg

ガーラ湯沢駅に到着。駅とスキー場が直結しているとはいえ、駅の近くでバスを降ろしてもらえるのか不安だったものの駅前で降りられました。

IMG_2935.jpg

スキー場なんて初めて来たけどとても盛り上がっている。若者のスキー離れだとは思えない。
まあ冬しか稼げない商売だからそこが難しいんだろうけど。今度来たら実際にスキーして行きたいものです。
しかしこんなに混んでるならもう少し穴場のスキー場に行った方がいいな。ガーラ湯沢は新幹線で訪問する忙しい人向けスキー場ってところでしょうか。

IMG_2942.jpg

そしてガーラ湯沢からMAXたにがわ78号に乗車。駅改札口はものすごい混雑だったものの、自由席は余裕で座れました。
越後湯沢で下車。ここからもたくさんの乗客が乗ってきて、自由席はデッキにも人があふれる状況に。
スキーシーズンの新幹線は座れるかどうかを綿密にシミュレーションすることが重要です。
これで未乗だったガーラ支線も完乗、乗りつぶしが進んだ。完乗を達成するなら最後はガーラかなと思っていたけど、こういった自然な要因で乗車が進んでいくものだ。この感じだと最後は大川駅になりそうだな。

IMG_2953.jpg

越後湯沢で長野に帰るT氏と解散、S氏と2人でシーハイル上越で帰る。
さすが臨時快速、さっきの新幹線は人であふれてたのにこちらは乗車率8割くらい。しかしスキー客みたいなのは少なく、鉄道ファンのおっさんみたいなのばかり乗ってます。これがオタと一般人の違いだろうか。
シーハイルに乗るのは楽しいけど、オタオタしているとどんどん世間から離されていくということを身に染みて感じた。

IMG_2961.jpg

シーハイルの終着、大宮から川崎まではついグリーン車で。やっぱりギリギリ50kmというのはずるい。つい570円出して乗ってしまう。上野東京ラインの策略にはまってしまっている。

20150214.png

現在の乗りつぶしマップ。
乗車キロ:19802.6km(+1.8km)
乗車率:99.632%(+0.009%)
約半年ぶりに乗りつぶし記録を更新。残るは大川支線、相模線、東金線、大船渡BRT、仙石東北ライン。しかし3月には北海道新幹線が追加される。結局最後はどこになるのだろうか。

(2016.2.16投稿)

串本・1

2016年2月19日(金)

本州四端踏破ラリーというものがあります。昨年11月に岩手県トドヶ崎の手前まで行きました。
今回はそのシリーズの2ヶ所目である串本を目指してみようという旅です。

IMG_2964.jpg

まずは成田空港に向かい、成田9:35→関空11:10のGK203便に搭乗。
成田~関空は正直けっこう時間がかかるので進んで乗りたくはない路線ですが、それは大阪市内に向かう場合の話。
和歌山方面に向かうという話になると、割と関空も便利なのではないでしょうか。航空券も6000円くらいだったし。

IMG_2967.jpg

タイムズカーレンタルでレンタカーを借り、関西空港連絡橋を渡って外の世界へ。
関空でレンタカーを借りると連絡橋の通行料金(往復800円くらい)がかかるので、鉄道でりんくうタウンとかに出てそこにレンタカーがあればな、と思ったのですがそんなうまい話はなく。しかし関西空港のレンタカーはよくある空港からバスで○○分とかいうエセ空港店ではなく、本当に空港の敷地を出てすぐの所にあるので割と時間を有効に使えます。それなら空港からレンタカーを借りてもいいかな。

IMG_2984.jpg

今日の目的は日本最長の路線バスである新宮特急の路線を走破すること。
まず空港から東へ向かい、五條市に入ったら国道168号線を南下。
新宮特急の路線に入ります。途中の十津川村にある大きいつり橋の所で休憩。けっこう怖かった。
そしてこの国道168号、けっこうな酷道だけどバイパスを作る工事がいたるところでされており、今の姿であるのもあと数年ってところでしょう。
この酷道をバスが、しかも日本最長距離を走るっていうのはなかなか見ものなものです。今度はバスで乗ってみたい。

IMG_3020.jpg

そう言ってると例のバスに追いつきました。1日3往復走っているので、普通に走っていればどこかしらで見かけることがあるはず。

IMG_3045.jpg

紀伊勝浦にあるHotel&Rentacar660に宿泊。駅前、安い、大浴場つき、食堂つきで完璧な宿でした。
夕食のづけまぐろ丼が1000円で食べられるのは嬉しい。俺はかつ丼を食べたけど。
やっぱ良い宿は癒される。そういう年齢になってしまったということか。

(2016.2.27投稿)

串本・2

2016年2月20日(土)

IMG_3039.jpg

今回の宿は線路の目の前のうえ、運よくトレインビューの部屋にあたったので電車が見えます。
この紀伊勝浦駅は特急くろしおと南紀との両方が来るポイントなので、通常の倍楽しめます。
意外と夜遅くの列車でも乗客ゼロってことはなく、数名は乗ってました。鉄道復権ですね。

IMG_3059.jpg

天気は残念ながら大雨。そんな中海岸線を走り続けて本州最南端、潮岬に到着。
岬というより少し内陸側にある観光用タワーですが。雨が降ってなかったら海沿いに出てみたかったものの、大雨のため断念。
まあこんな日もあるか。

IMG_3064.jpg

そのまま関西空港を目指して前進。途中で周参見駅に寄る。
ここはアニメMyself;Yourselfのロケ地。弟が気に入っていたアニメだ。アニメの内容はもう全く覚えてないけど、なんだか懐かしさがこみあげてくる。

IMG_3066.jpg

とれとれ市場に寄ってサーモン丼を食べる。これがかなりおいしかった。前回2012年にとれとれを訪れたときは無念のフードコート営業時間外で食べられなかったのだ。
にしても、潮岬なんて誰もいなかったのに、とれとれ市場にはどこから来たんだお前らってくらい人がいる。
アドベンチャーワールドのついでなのか、周りの観光地が全て雨で行けないからみんなとれとれに集中するのか、はれでも集中するのか。よく分からん。

IMG_3073.jpg

白浜からは高速に乗って、りんくうタウンでガソリンを入れて関空でレンタカー返却。
関西空港連絡橋の通行料金はりんくう→関空の際に一気に往復分取られるので、帰りが土曜だったおかげでETCの休日割引料金で通れました。ラッキー。
関空16:00発のGK206で成田に帰ります。
意外と和歌山はリトル北海道みたいな感じがして面白かった。
しかしこの2日後に中国・武漢に行くのでそっちに面白さを全て持って行かれた。

(2016.2.27投稿)
プロフィール

sdfまたは綿雨渉

Author:sdfまたは綿雨渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク