スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路線バス乗継の旅・川崎から豊橋・1

最近私はローカル路線バス乗継の旅にはまっており、第20回放送を前に自分も挑戦してみようと思い立った。
今回のルートは川崎から豊橋。本当は東京から大阪と行きたい所だけど、東京から大阪だと多分1週間くらいかかるし、川崎に住んでるのにわざわざ東京スタートにするのは面倒。そして豊橋以西を調べようと思っても先人の知恵が全然なく、かなりの労力を使って調べなくてはならないため3日でいける豊橋あたりでゴールということでいいんじゃないかと思いゴールを豊橋に設定。
にしても路線バス乗継の旅って流行ってるけど実際にやっている人はネットで探しても全然いない。
今後やろうとする人の参考になればと思い、ここに記録します。

2015年6月5日(金)

P6054506.jpg

記念すべき1本目、横浜市交通局の川崎駅西口発横浜駅行き。13:39発。216円。
けっこうな長距離路線です。この区間をJRで行くと同額の216円、京急だと226円です。
この先、鉄道と同等の運賃でバスに乗れる場所は果たして出てくるのだろうか。
30分に1本の路線ながら幹線道路を行くこともあり、かなりの混雑。途中の停留所では僕の高校の近くも通るので懐かしい気持ちで進みます。
14:28、横浜駅西口到着。ちなみに何故午後スタートなのかというと泊り明け勤務で昼に仕事が終わって出てきたからです。
川崎→豊橋は東海道線で275.4kmです。
ここまで10.6/275.4km。

P6054507.jpg

2本目、神奈川中央交通の横浜駅発戸塚駅行き、14:30発(+2分遅れ)。216円。
ここから長い神奈中エリアに入ります。1100円の一日乗車券を買ったら運転士に「今から使うんですか」と驚かれた。
この路線は本数も多く、混雑混雑。びっくりしたのは所要時間。15:50戸塚着で1時間20分の乗車。
この区間もJR216円、市営地下鉄329円と鉄道に対抗できています。
22.7/275.4

P6054509.jpg

3本目、神奈川中央交通の戸塚バスセンター発藤沢駅北口行き、15:55発、360円。
早くも均一運賃が終了し、整理券タイプになります。僕は一日乗車券ですが。
乗車した時点でびっくり、立客もいっぱいで満員です。ここまでで一番の混雑。
徐々に降りて行ったので混雑も落ち着きましたが。16:40藤沢着。
32.9/275.4

P6054512.jpg

4本目、神奈川中交通の藤沢駅北口発茅ヶ崎駅行き、17:02発、360円。
1時間に1本の運行なので最初の関所ともいえます。その運行頻度からか、夕ラッシュが近い割にガラガラ。
しかし途中の茅ケ崎高校から多くの乗車があり、そこそこの乗車率で終点へ。17:49茅ケ崎着。
40.4/275.4

P6054514.jpg

5本目、神奈川中央交通の茅ヶ崎駅発平塚行き、18:05発、258円。
茅ケ崎に着いたら乗り場にものすごく並んでいてびっくり。混む路線です。途中の今宿停留所の前にマンションがあり、そこの住人が多数降車していきました。マンションすごい。18:28平塚着。
45.6/275.4

P6054516.jpg

6本目、神奈川中央交通の平塚発国府津行き、18:40発、515円。
平塚に着いて次のバスを待とうと思ったらなんとバス停に屋根がない。屋根設置工事中と書いてあるけど現時点ではない。
天気は雨。傘持ってない。仕方なく目の前のローソンで雨宿り。
他の系統に乗る人はたくさん並んでいましたが、国府津方面に乗る人はさすがに少なく数名。
さすがに沿線の人口が少ないゾーンに入ってきたことを感じ19:32国府津着。
59.5/275.4

進捗率21.6%まで乗ったところで本日は打ち止め。日が暮れてしまったのと、神奈中一日券エリアがここまでなのと、明日は仕事なので一旦帰らなくてはいけないなどの理由のため。

P6054522.jpg

東海道線籠原行きにて、6時間かけて来た道を1時間で帰りました。

(2015.6.10投稿)
スポンサーサイト

路線バス乗継の旅・川崎から豊橋・2

2015年6月7日(日)

一日の間をあけて泊り勤務を終え、路線バスの旅の舞台に戻ってきました。本日も仕事を13時くらいに終え、1時間かけて東海道線で前回の中断ポイント国府津へ。
川崎から乗ったものの、横浜で特急待ち合わせの隙に一旦下車して国府津までのグリーン券を購入。ホリデー料金なうえに横浜~国府津ならギリギリ50キロ以内とついグリーンに乗ってしまいます。

P6074524.jpg

7本目、伊豆箱根バスの国府津発小田原行き。14:32発(+5分遅れ)、390円。
旅程が分断されましたが再開です。ここからは一気にいきます。
場所が場所だけにすいてます。何事もなく小田原14:57着。
65.7/275.4

P6074525.jpg

8本目、伊豆箱根バスの小田原発箱根町行き。15:15発、1180円。
さすがに観光地+登坂路線なので運賃が高額です。この時間でも数組の観光客が乗ってました。
元箱根と元箱根港は別の停留所ですかと運転士に聞いてた人がいましたが、運転士が「先ほども説明しましたけどどっちで降りたいんですか」と言ってました。分かりづらいのでこの質問を一日に何回も受けてそうだ。
バスで峠を走るのは爽快だと思うけど、泊まり明けのためバス車内で寝てしまったので残念。
元箱根港で下車、16:09着。
東海道線でいうと湯河原のあたりなので湯河原のキロ数で換算↓
80.9/275.4

P6074527.jpg

9本目、東海バスの元箱根港発三島行き。16:25発、1010円。
東海バスはICカードが使えないので現金で乗車となります。両替不要な運賃でラッキー。
このバスは平日は1時間に1本なうえに17:25で終車のため、これに間に合わないと箱根泊になってしまうので注意です。
乗客は数名で、いい眺めの道を疾走していきました。ちなみに16:32、箱根峠停留所にて静岡県突入。やっぱ県境越えはいいですね。
この先乗り換え時間が短いので次のバスと区間が重複する本町で下車、17:10着。
102.5/275.4

P6074534.jpg

10本目、東海バスの三島始発(本町から乗車)沼津行き。17:13発、380円。
先日の神奈中エリアは途中停留所の乗降が多く、まさにバスに乗っているという感じでしたが、本日は乗るバス全てがすいており、特定の停留所でしか乗降がなくバスというよりドライブです。楽しいものです。沼津着17:38。
108/275.4

P6074536.jpg

11本目、富士急シティバスの沼津始発富士行き。18:00発、1120円。
沼津駅の乗り場は駅から少し離れたところの物陰に富士急専用乗り場があるので少し迷います。
そして再びICカード利用可能になるので運賃精算が楽に。
富士行きは夕方2時間に1本、これが終車です。ここまでのバスが遅れてこれに乗れないと詰むところでした。
このバスはかなりの長時間走行します。距離は先ほどの元箱根港→三島と同じ約20キロですが、乗車時間が1時間半。
乗客は数名ですが、運転士横の席にも始発から終点まで乗りとおした人がいました。
128/275.4

降りたら暗くなったのと、この先のバスがないのでここで打ち止めです。

P6084546.jpg

スーパーホテル富士本館泊、5090円。この宿に泊まるのは約4年ぶりなのでなつかしさがこみあげてきます。
トレインビューの部屋なのでサンライズとスーパーレールカーゴ鑑賞を試みましたがさすがにすぐ寝てしまいました。
夕飯も食べず、天然温泉もスルーという爆睡具合。やっぱり泊り明けで旅行に来るのは少しもったいない。

(2015.6.10投稿)

路線バス乗継の旅・川崎から豊橋・3

2015年6月8日(月)

起床。スーパーホテルの朝食を食べましたが、スーパーホテルの朝食は当たり外れが大きく、今回は外れの日。
食えるものが少なく、小さいハンバーグと味噌汁とご飯という偏った朝食を食べて旅をスタート。

P6084553.jpg

12本目、富士急静岡バスの富士発寺尾橋行き。8:30発、700円。
1日7本、土休日は1日3本という路線なので平日に来ないとかなり苦労することになります。乗車する8:30発は平日のみ運行です。
始発から2本目ですが、この先の乗り継ぎの都合上、このやや遅めのスタートが許されました。
どうやらこの路線は専ら蒲原病院にアクセスするための路線のようです。
由比駅上で下車。目の前に階段があり、そこを降りるとすぐ由比駅です。9:10着。
140.2/275.4。全行程の半分到達。

さて路線バス乗継の旅では由比で路線が途切れます。このあと9:17のコミュニティバス(月水金運行)があるのでそれに乗り、倉沢漁業事務所で下車、興津方面へ徒歩50分くらいとgoogleマップ先生は教えてくれた。
徒歩50分なら全然歩ける距離なので歩いてもいいのですが、この区間には裏技的なバスが走っています。

P6084566.jpg

駿河健康ランド送迎バス。これを使って興津方面へ進めます。これは路線バス乗継の旅界ではアリかナシか分かれるところですが、自分は予約不要で高速道路を通らなければOKだとみなします。ラウンドワン送迎バスもアリです。
というかこの駿河健康ランド送迎バスに乗ってみたくて今回この旅に出たのだ。
ということで13本目、駿河健康ランド行き。9:35発、運賃無料、健康ランド入館料1730円。
この送迎バスが9:35発と12:05発の2本しかないので(午後もあるけど午後は遠回り)、これに全てを合わせて予定を組みました。
乗客はお年寄りのみ10名くらい。明らかに場違いな若者が乗り込みましたが特にお咎めなし。
146.1/275.4

P6084567.jpg

ちなみに明日から臨時休館で運休でした。そこまで調べてなかったので危うく徒歩で峠越えする羽目になる所でした。

P6084573.jpg

駿河健康ランドには9:50ごろに到着。とりあえず入館して入浴します。スーパーホテルで天然温泉に入り逃したので、天然温泉リベンジを果たしました。
ここから興津駅までも送迎バスが出ていますが、興津方面のバス停までは徒歩8分くらいで向かえるので徒歩で行きます。

P6084581.jpg

14本目、しずてつジャストラインの但沼車庫発(興津小学校から乗車)清水行。10:46発、310円。
もし由比駅から歩いていても徒歩1時間くらいなので恐らくこのバスに乗ることになったでしょう。
このジャストラインの三保山の手線は、三保に友人が住んでいたので何度も乗りましたがつい最近清水駅で系統が分断されたようです。清水駅で乗客が全員入れ替わっていたのでその方が効率がいいですね。清水駅11:08着。
150.8/275.4

P6084584.jpg

15本目、ジャストラインの清水駅発静岡駅(新静岡で下車)行き。11:26発、540円。
静鉄電車と並走するように見えますが、電車はJRより南に対し、こちらは北街道を通るのでJR線より北をカバーしています。
途中の押切停留所からは新宿から来る駿府ライナーも通る区間です。12:07新静岡着。
162.0/275.4

P6084585.jpg

16本目、ジャストラインの静岡駅発藤枝駅行き。12:10発、600円。
新静岡の停留所はバスターミナルの外で下されました。次の藤枝行はバスターミナルから発車です。
ここの3分乗換はバス停の位置を把握していないと無理です。ギリギリ間に合い藤枝方面へ。
こうして見ると、ここまで30分以上の乗り換え待ち時間というのがないですね。予定を組むのが上手いのか、本数が多い所を旅してるだけなのか。13:19藤枝着。地味に20km走りました。残り100kmを切った。
182.1/275.4

P6084590.jpg

17本目、ジャストラインの藤枝駅発相良営業所行き。13:45発、920円。
1時間おきなのでちょっとした難関です。ツーステップ仕様の座席が多い車でした。
そういえばジャストラインではSuicaが使えますがPitapaエリアなのでバス特対象外です。
以前は昼間専用カードという割引率が高いプリペイドカードがありましたが最近廃止。実質大幅値上げです。ルルカのポイントも改悪したみたいだしこの会社大丈夫なのだろうか。
話を戻し相良行き。東海道線沿いを直接進むバスはないので詰みかけますが、海側を回ると先へ進める救世主的なバスです。
乗客は数名だけどどんどん減って最後は1人。14:46相良営業所着。
キロ数は金谷駅とみなして計算します。
194.7/275.4

P6084596.jpg

18本目、ジャストラインの相良営業所発御前崎総合病院行き(浜岡営業所で下車)。14:54発、550円。
このバスは小学生の通学に使われているようです。5人くらいの小学生が営業所から乗車し、5つ目くらいでみんな降りました。
その先は結局自分1人しか乗ってません。15:22浜岡営業所着。菊川駅とみなします。
204.0/275.4

P6084602.jpg

19本目、ジャストラインの浜岡営業所発掛川駅行き(大東支所で下車)。15:40発、410円。
なんとこのバスは最初から最後まで(途中下車だけど)乗客が自分だけ。何か心配になってきます。そして地味に高い。
16:00大東支所着。掛川駅とみなします。
211.1/275.4

P6084610.jpg

20本目、秋葉バスサービスの大東支所発袋井駅前行き(横須賀車庫で下車)。16:10発、330円。
また自分しか乗っていないと思ったらさすがに途中から数名乗ってきました。
ついにここからはICカード利用不可エリア再びです。秋葉バスサービスは前述のパサールカードの昼間券がまだ売ってるので、逆ルートならここで買い込んでジャストラインに割引で乗ることもできたのですが。
16:25横須賀車庫着。愛野駅とみなします。
216.4/275.4

P6084623.jpg

21本目、遠鉄バスの横須賀車庫発浜松行き。16:58発、650円。
ついに遠鉄ゾーン。33分の待ち時間でしたが、30分以上待ったのがここが初ではないでしょうか?
そしてこの横須賀車庫、秋葉バスの車庫と道路をはさんだ反対側に遠鉄の車庫があるので、秋葉バスを降りた停留所に浜松行きの時刻表がなくて焦りました。周りをよく見ると反対側に遠鉄があるという。
そしてこの遠鉄は教習車。ベテラン運転士と思われる方が新人を指導していました。
途中から渋滞に巻き込まれるも、運転時分も相当確保されておりほぼ定時。18:21浜松着。
238.9/275.4

P6084634.jpg

本日はバスの旅は浜松で打ち止め。遠鉄に乗ったことがなかったので1駅だけ乗ってみます。なんと初乗り100円。
隣の第一通り駅で下車しましたが、さすがにこの500mだけ乗ったのは自分だけでした。

P6094636.jpg

東横イン浜松泊、4617円。1/2の確率で遠鉄ビューになる宿でしたが、線路と反対側の部屋でした。
ゴールまであと少し!!

(2015.6.10投稿)

路線バス乗継の旅・川崎から豊橋・4

2015年6月9日(火)

昨日泊まったスーパーホテルの朝食は当たり外れがありますが、東横インの朝食は全て外れなので基本食べません。
昨日も夕飯を食べていませんが、それでも腹が減らないので朝食も食べずに出発。

P6094640.jpg

22本目、遠鉄バスの浜松発湖西市役所行き。8:07発、650円。
乗車口の左右にカードリーダーが設置されており、驚きの二列乗車が実施されています。大胆だ。
そういえばICカードは遠鉄のナイスパスのみ利用可で、静鉄のように全国相互利用には加盟していません。静鉄もpitapa加盟には数十億かけたらしいし、IC全国相互利用問題は大規模な金をかけた争いのようです。
朝ラッシュのこともありけっこう乗客がいましたが、途中の可美中学で全員下車。そこからは乗客1名と2名をさまよっていました。
湖西市役所9:08着。鷲津駅とみなします。
258.4/275.4

P6094656.jpg

23本目、湖西市コミュニティバス岡崎鷲津線に乗車(おぼと→新所原駅)。9:30(+10分遅れ)発、200円。
ついにコミュニティバス登場です。平日のみ1日6本。これに日程を合わせるのにも頑張りました。
おぼと停留所はさっき降りた湖西市役所のすぐそばです。お年寄りが発車時刻を2分過ぎたあたりでバス停に来て、まだバスが来ていないと教えてあげると安堵していた姿が印象的でした。
久々にコミュニティバスに乗りましたが、公共施設に少しずつ寄り道していく感じが乗っていて楽しいです。次世代のバス旅行ですね。
新所原駅着9:58。
264.2/275.4

P6094661.jpg

ここまでで再びバスが途切れます。無理やり乗り継ぐなら浜松から本長篠周りで行けるらしいですが、超遠回りなうえに上手く乗り継げるかも不明なため、ここで徒歩を発動します。
新所原駅を出て数分のところで愛知県。久々の県境越えは徒歩でした。
目指すバス停は大脇停留所。徒歩35分くらいのようです。

P6094663.jpg

大脇停留所着、10:40。バス停の前にラーメン屋があるのでここで飯を食おうと思っていたのですが、なんと11時半開店。
そのため他に暇をつぶす施設はスーパーとコンビニとホームセンターしかありません。これだけあれば恵まれてる方だけど。
新所原駅を出て徒歩10分くらいの場所にモスバーガーがあったので、ここで時間調整をしてから来ることをおすすめします。
二川駅到着とみなす。
268.5/275.4

P6094664.jpg

ついに最後、24本目。豊鉄バスシンフォニアテクノロジー発(大脇から乗車)豊橋行き。11:13発、510円。
二川駅から少しいったところまでは自分しか乗っていませんでしたが、豊橋駅が近づくと乗客が増え、7名乗車の状態でゴールに到着!

P6094666.jpg

11:47
ゴール!!275.4km走破。大幅な遅れもなく、大幅な徒歩もなく、大幅な待ち時間もなく、かなり初心者コースなバス旅でした。
それでもこういう旅もありですね。正直豊橋以西は私鉄だけで網干まで乗り継ぐっていうのをやろうと思っていたので豊橋をゴールにしていたのですが、このまま中断と再開を繰り返して博多やら鹿児島まで行くのも面白いかもしれません。
次回どうなるかは未定。

P6094680.jpg

そして12:47発、ひかり518号。豊橋の次は新横浜に停まるという実質のぞみなひかり号を使って3日で来た道を1時間で帰りました。

この旅のまとめ。
乗車運賃総額:13496円(駿河健康ランド入館料含む、神奈中は一日券の値段で計算)
宿泊費総額:9707円
帰りの新幹線回数券バラ売り:7550円

バス乗継で行くと新幹線の倍額かかります。18きっぷのような割引が日本バス協会で発売されたらこの旅を実行する人が増えると思われますが、現段階ではただの金持ちの道楽です。だからこそやる人がめったにいなくて、時間を調べるところからがスタートで面白いのかもしれませんが。
果たして次回も開催するのかは未定ですが、中規模くらいの路線バス乗継の旅を実行したい人は本記事が参考になると思います。
自分は川崎~国府津、国府津~富士で日程が分断されていますが朝早く出れば川崎~富士を1日で行けるので、2泊3日で3日目の昼に豊橋に着くという余裕をもった旅行が可能です。

来週から過酷な泊り勤務開始ですが果たして旅行に行く余裕はあるのか。当ブログ次回更新未定。

(2015.6.10投稿)
プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。