スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東急バスでサイコロの旅・1

2015年5月5日(火・祝)

今回は普段の旅行記と趣が変わりますが、なかなか楽しかったのでここに記録します。

当日朝8時半に青葉台駅に集合。
登場人物は私(選択肢担当)、T氏(幹事)、S氏(ツッコミ)と3名。
水曜どうでしょうのサイコロの旅に影響されて旅をするわけですが、ここでは東急バス一日乗車券を用いた旅とします。
みんな鉄道好きなので、鉄道の旅だと乗継や選択肢の位置が感覚で分かってしまうので、これを東急バスエリアでやるっていうのはなかなかどこなのか分からなくて面白いと思います。

大体のルール。
・選択肢は現在地から乗り継ぎ1回以内くらいで行ける場所
・進む選択肢と戻る選択肢で半々くらい
・最終的には僕らの母校、駒澤大学を目指す

こんなところです。

最初の選択肢登場。

2015-05-05 18.59.20

1・SASUKEに挑戦! 「緑山」
2・駒大はすぐそば? 「日体大」
3・ちょっと難読 「上鉄鴨志田口」
4・某先輩御用達路線 「中山駅北口」
5・霧が出る高校? 「霧が丘高校前」
6・隣の駅 「藤が丘駅」

S「これ日体大出たら終わりじゃんww」
S「緑山ってSASUKEのセット常設してるの?」
S「中山駅北口出たら次どこいくの」

第1の選択

2→日体大

8:45発、青61日体大行きに乗車。
まあ6つの選択肢の中では緑山と霧が出る高校は大外れ、中山駅北口も割と外れなのでマシな方を引きました。
ちなみに日体大停留所は世田谷区ではなく青葉区。世田谷の日体大は停留所名も日本体育大学前と区別されています。

2015-05-05 09.02.09

来ました。バス乗車中に僕が必死に選択肢を考えます。

2015-05-05 09.02.31

1・今度こそ! 「緑山」
2・JKいるかな 「桐蔭学園」
3・ターミナルに戻る 「青葉台」
4・少し進む 「市が尾」
5・もっと進む 「中山駅北口」
6・あずにゃん 「川和町駅」

S「休みだからJKいないだろw」
俺「しかし部活という可能性も」

第2の選択

2→桐蔭学園

また2が出た。そして僕はミスをしていました。路線図だけみて選択肢を考えたので、バスの時刻を全く調べてなかった。
日体大から東へ行くバスは全くない。とりあえずあてもなく歩くことに。ローカル路線バス乗継の旅になってしまった。
2つ歩いて中谷都停留所まできたらバスがあるかと思ったら、まだ桐蔭方面に行くのはない。
さらに2つ歩いて常盤橋停留所。やっとバスにありつく。

2015-05-05 09.34.29

常盤橋9:27発、青27市が尾行きに乗車。2分くらい遅れていたおかげで乗れるという神接続。
5分程度で桐蔭学園についてしまいました。ちなみに人の気配はないです。
選択肢を作る時間がなかったので現地で急いで作ります。

2015-05-05 09.42.10

1・市43 「市が尾」
2・のりかえ地点 「貝の坂」
3・終点までGO 「中山駅北口」
4・戻るw 「青葉台」
5・この周辺から抜け出そう(鉄道) 「あざみ野」
6・〃 「たまプラ」

T「というか1から3全部中山行きやんw」
T「この5と6は田園都市線利用ってこと?」

第3の選択

4→青葉台

ここで一番しょうもない選択肢を引いてしまった。
9:50桐蔭学園発、青28青葉台行に乗車。
開始から1時間半。僕らは日体大と桐蔭学園を学校見学して帰ってきただけでした。

2015-05-05 10.07.32

1・さいはてへGO 「若葉台中央」
2・今度こそ 「中山駅北口」
3・1駅進む 「藤が丘」
4・進もうよ(田都) 「あざみ野」
5・〃 「たまプラ」
6・〃 「江田」

S「また中山駅北口wwどんだけ中山に行かせたがってるんだ」
T「江田って東急バスあんの?」
俺「長大路線・綱島行きがあります!!」

第4の選択

6→江田

ことごとく微妙な選択肢を引いていくwそして早くも鉄道で移動w

2015-05-05 10.16.52

移動時間は一瞬でしたがなんとか選択肢を作成。

2015-05-05 10.20.41

1・綱45 「センター南」
2・折返場 「道中坂下」
3・終点 「綱島」
4・戻るw 「市が尾」
5・た51 「あざみ野」
6・〃 「たまプラ」

T「今度は綱島行きに乗せたがってるよw道中坂下ってどこだよw」
俺「のどかでいい所です」

第5の選択

6→たまプラ

連続で6が出ました。俺の乗りたかった中山駅北口行きも出なければ綱島行きも出ない。何故だ。

2015-05-05 10.21.40

10:25発、た51たまプラーザ行きに乗車。約1時間に1本というレア路線ですが、偶然にも5分待ちほどで乗れました。
やはり時刻を調べて選択肢を考えるのは大事だ。

2015-05-05 10.55.30

1・遠いっす 「柿生」
2・東へ 「北山田小学校入口」
3・北郎 「センター北」
4・「美 し の 森」
5・ちょっとワープ 「鷺沼」
6・ハイパーワープ 「羽田空港」

T「羽田空港ってww」
俺「これが出たら、高速バスで1130円です。」
S「二連続で6だから6出さないように頑張らないと」

第6の選択

4→美しの森

ここまでの目は2・4・6が2回ずつ。偶数しか出ないのか?

2015-05-05 11.07.52

11:00発、た81美しの森循環に乗車。
俺「美しの森って森があるのかな?」
T「絶対ないww新興住宅地だww」

美しの森中央で下車。

2015-05-05 11.09.56

1・遠いっす 「柿生か新百合ヶ丘」
2・東へ 「北山田小学校入口」
3・北郎 「センター北」
4・たまプラ→北山田→グリーンライン 「日吉」
5・ちょっとワープ 「鷺沼」
6・ハイパーワープ 「羽田空港」

俺「ここからはたまプラに戻るしかないので、前回の選択肢をほぼ流用しています。」
T「また羽田出てきたww」
俺「ちなみに3を引くともれなく昼食はセンター北郎になります。」
T「4日連続二郎系はちょっと避けたいw」

第7の選択

2→北山田小学校入口

T「どこだよww」
俺「まあ他の路線と交わる地点です」

11:17発たまプラーザ行き、11:43発センター南行きに乗車。やたら混んでました。

2015-05-05 11.46.20

ちゃんと北山田小学校入口で下車。次の選択肢へ。というかそろそろ午後なのにまだ横浜市。
川崎を目指そう。

2015-05-05 11.51.26

1・「鷺沼」
2・鷺沼経由 「小杉」
3・北郎 「センター北」
4・日40 「日吉」
5・鷺沼経由 「溝口」
6・センター南経由 「綱島」

T「これは経由のやつも全部バスで行けるということ?」
俺「そうです!(実は1つ違った)」
T「まあ次引いたところらへんで飯にしますか。ただし家系限定。」

第8の選択

5→溝口

初の奇数の目。そして俺が勘違いしてたバスのみで行けない場所を見事引き当ててしまう。
そして何度も登場する日吉・センター北・綱島という選択肢はスルーされ続ける。

すみれが丘11:57発、鷺沼行に乗車。

2015-05-05 12.34.27

鷺沼駅前に見事に家系があったのでここで昼食、田園都市線に乗り換え。

S「しかも鷺沼から溝の口ってけっこう距離あるしw」
T「駅周辺を散策して鉄道で進む旅になってるな」
実際、青葉台→溝の口のうちバスで進んだのは江田→鷺沼のみです。

2015-05-05 12.46.25

そろそろ川を渡ろうシリーズ。

1・高津営業所から 「二子玉川」
2・小杉経由 「多摩川」
3・小杉経由 「西大井」
4・小向経由 「池上警察」
5・端っこ 「川崎駅西口北」
6・乙! 「蟹ヶ谷」

S「西大井ってバスあるの?」
俺「少しあります」

第9の選択

1→二子玉川

何とも遠回りせず多摩川を超える結果に!

次回、都内編アップ予定。

(2015.5.7投稿)
スポンサーサイト

東急バスでサイコロの旅・2

2015年5月5日(火・祝)

第9の選択

1→二子玉川

6つの選択肢のうち、最も面白くないものを引きました。全く迂回せず田園都市線沿いに進む。
このペースだとだいぶ早くゴールに着いてしまいそうです。

2015-05-05 13.07.41

溝の口駅から直通はないので、10分ほど歩き梅林停留所へ。

13時1分発、向02二子玉川行に乗車。10分くらい遅れていたおかげで運よく待たずに乗れました。
しかもこのバスはかなりの混雑。久地・向ヶ丘遊園から乗り換えなしで二子玉川に行けるのは便利なのでしょうか。

2015-05-05 13.27.33

偽ゴールシリーズ

1・農村? 「砧本村」
2・博多? 「天神森橋」
3・大田区? 「鎌田」
4・東へ 「多摩川」
5・東? 「目黒」
6・「成育医療センター」

S「1~3全部同じだろww」

第10の選択

3→鎌田

13時29分発の玉07に乗ろうと思ったら丁度行ってしまった。次は16分後。

T「宇奈根一丁目循環いるwwこれで鎌田いこうww」

13時33分発、玉05宇奈根一丁目循環に乗車。つくづくタイミングがいい。

2015-05-05 14.03.37

狭隘路を走るコミュニティバス的な路線です。途中の天神森橋で降りれば鎌田とほぼ同じ位置ですが、あくまで出た選択肢は鎌田。循環部分を一周して鎌田で下車。
鎌田の交差点で事故があったようで若干遅れました。

鎌田、天神森橋、砧本村に共通するものは何かというと、駒澤大学玉川キャンパスの最寄停留所だということです。
玉川キャンパスに久々の訪問を果たし、本来の目的地、駒澤大学駒沢キャンパスを目指します。

2015-05-05 14.25.34

1・さいはて 「成城学園」
2・行きすぎ 「渋谷」
3・のりかえ 「都立大学」
4・東へ 「多摩川」
5・東? 「目黒」
6・「美 術 館」

T「美術館ってどこw」
俺「休日のみ運行らしいです。」

第11の選択

5→目黒

2015-05-05 14.32.47

砧本村14時38分発二子玉川行に乗車。二子玉川で黒02目黒行きに乗り換え。
長距離路線だし眠いので寝てました。

2015-05-05 15.42.39

1・首都 「TOKYO」
2・戻るのかよ 「等々力」
3・ほぼゴール 「三軒茶屋」
4・下宿 「桜新町」
5・徒歩 「恵比寿」
6・どうしても行きたい 「TOKYO」

S「東京行き2つもあるよww」
T「徒歩ってww」

第12の選択

4→桜新町

S「都立大学まで来た道戻るだけやんw」

16時0分発、黒07鶴巻営業所行きに乗車。途中の桜新町で下車。

2015-05-05 16.44.54

ついにゴール登場!!

1・渋12  「駒沢」(ゴール)
2・徒歩 「駒沢」(ゴール)
3・渋05 「三軒茶屋」
4・「日本体育大学」
5・123円払う 「駒沢大学駅」(ゴール)
6・だるいわ 「成城学園」

T「成城学園はだるいわwww」

第13の選択

6→成城学園

T「クズ!カス!どうしてくれるんだ!」
S「すみません・・・」
(サイコロはTとSで交互に振っており、今回はSが振った)

桜新町16時52分発、都立01成城学園前行きに乗車。

2015-05-05 17.29.19

時間の都合上、これが最後の選択肢。激甘。

1・二子玉川経由 「駒沢」(ゴール)
2・祖師ヶ谷経由 「駒沢」(ゴール)
3・代田経由 「上馬」(ほぼゴール)
4・あえて千歳船橋から 「駒沢」
5・下北沢経由 「上馬」(ほぼゴール)
6・小田急バス本社 「仙川」

1はゴールだけど遠回りなのでけっこう面倒。
2は完璧なゴール。
3は上馬から駒沢までもう1振りありそう。
4も2と同じく完璧なゴール。
5は小田急バス利用になってしまう。
6は終了。仙川から頑張って電車で駒澤に戻ってくる。

T「さっき6出たからな。やばいな6は。」
S「6とか今まで全然でなかったのに怖いわ。」
T「1も地味にだるいw」
俺「まあこれが最後。頑張りましょう!」

第14の選択

4→駒沢!!

やった!小田急線に飛び乗る!

2015-05-05 17.49.07

17時55分千歳船橋発、等11、等々力行きに乗車!地味に運行回数が少なく、終車の1本前であった。

2015-05-05 18.18.01

駒沢で下車!!

2015-05-05 18.20.24

じつに青葉台駅からバス15本、電車3本を乗り継ぎ、遠回りしながらも母校駒澤大学訪問を果たした。
我々綿貫渉グループの旅はまだ始まったばかりだ・・・。

2015-05-05 18.35.37

第15の選択

T「5と6は避けたいww」
S「なんで6に地雷入れたのww」

無事に2が出ました。

ちなみにサイコロキャラメルでやって出目が偏ったのかどうか計算してみると。
1→1回
2→4回
3→1回
4→4回
5→2回
6→3回

やたら偶数に偏ってるけど、特定の目に偏るということはなさそうです。この回数じゃよく分からんけど。

次回サイコロの旅は本場・北海道にて!?

(2015.5.9投稿)

こだま号で東京から博多を乗りとおしてみた

2015年5月11日(月)

来週から不規則な泊り勤務になるとのことで、だったら今のうちに豪快な旅行をしようと思い立ち、朝5時半に家を出て出発!

P5114093.jpg

6時20分ごろに東京駅着。今回のコンセプトは「東京~博多をこだま号に乗り続けたらどんな感じなのか」です。
ネットで旅行記を探してみましたが見当たりませんでした。18きっぷで東京~博多なら割と見当たりますし、のぞみで東京~博多ならもちろん見当たります。

さて今回の東京~博多、使用する切符は普通乗車券と自由席特急券です。
合計金額21810円。せっかくならこだまに乗った証明として指定席でもいいかなと思ったのですが、こだまの指定席はぷらっとこだま等旅行商品の客で混んでいるとの噂なので、自由席を自由に活用した方がいいかと思い自由席にしました。

そして今話題に出たぷらっとこだま、それと山陽新幹線のバリ得こだまを合わせればもっと安く行けます。
東京→新大阪10300円
新大阪→博多7700円
合計18000円と、3810円も安くなります。しかし問題があり、バリ得こだまは関西じゃないと受け取れない。
そしてそもそも自分が東京から乗るこだま633号は静岡以西しかぷらっとこだまの設定がされていないという点です。
諦めて普通乗車券で旅に出ます。のぞみ自由席と全く値段が変わらないというのももったいないが、仕方ない。

P5114098.jpg

こだま633号、新大阪行き、700系。2号車最後部A席を確保。僕の好きな席です。
700系はコンセント有の車両と無しの車両がありますが、無しの方でした。長時間乗るので有の方がよかったものの、まあ仕方ないです。

P5114101.jpg

車内はこんな感じ。2号車の乗客は東京の時点では11名。すいてるけどガラガラってほどでもないかなって状態で出発。
しかし次の品川で乗客が増え30名くらいに、そしてさらに新横浜で大量乗車がありB列以外は満席に。
こだま号はガラガラ、このイメージがありましたが予想外に混んでました。本数は少ないし、この朝の通勤時間帯に時間短縮したい人がたくさん乗っているのでしょう。

小田原で停車、1駅だけで降りる人がけっこう降りましたが、乗る人もけっこういてまだまだ混んでます。
そしてここから怒涛の通過待ち開始。こだま号は退避できる駅では基本退避して、しかも2本退避がデフォです。
なので終点までの間に数えきれないほどののぞみ・ひかりに抜かれることでしょう。

P5114123.jpg

三島付近。静岡県はのどかでいいですね。熱海は退避設備がないので退避せず、三島で1本退避、新富士で2本退避、静岡で1本退避みたいなペースで来ました。駅間が一定でもないのに、待ち時間が一貫して5分というのを守るのってけっこうダイヤを組むのも運転するのも大変そうですがどうなのでしょうか。

P5114136.jpg

静岡名物、左富士。静岡を出て少しの間だけ海側の座席からでも富士山が見えます。
うっすらですが撮影に成功しました。前回乗った時は天候のせいか見られなかったのでしっかり見ることができてよかったです。

P5114147.jpg

弁天島付近、東海道本線と並走。このあたりの区間だと在来線にどんな列車が現れるかを見るのが楽しみですね。
この写真を撮ったところではなぜか二連続貨物列車だった気がします。

P5114153.jpg

豊橋。せっかくなので追い抜かれる風景を写真に撮ってみました。
毎回通過待ちがあるのでホームを散策できるのはいいですが、通過待ちが各駅で5分となるとこれが積もっていくのでかなり長い。
通過待ちを一切しなかったら、もしくは通過待ちしても1駅1本だけだったらかなり所要時間は短くなるのにもったいない。
それだけこだまは見捨てられた存在ということでしょうか。


P5114183.jpg

米原では謎のブルートレインが停まっていました。SLか何かに使う客車のようです。
新幹線の車内からだと車両基地を上から見下ろせるのはいいですね。

P5114187.jpg

京都では修学旅行臨時列車が停まっていました。学生がいっぱいいます。
新幹線の修学旅行臨、自分の学校では乗れなかったので一度乗ってみたかったです。

P5114192.jpg

そして到着、新大阪!!東京出発から4時間4分。東京を6分前に発車したのぞみ7号はもう広島にいます。
さあしかしここで終わりではない。次に乗り換える列車が僕にはあるのだ!
ここでちょっと降りたい所ですが、降りたら特急券が無効になってしまうので降りず。
何か弁当でも買おうかなと思いましたが、座ってるだけじゃ腹が減らないので昼食抜き。ちなみに朝食も抜き。

P5114195.jpg

11時32分発、こだま741号に乗り換えます。乗り換え時間が30分ほどありますが、いい席を確保するために早めに並んでおきました。

P5114200.jpg

入線。やっぱ500系はカッコいい。入線はけっこう早めにしたものの、折り返し作業で結局車内に入れたのは11時25分ごろでした。
そして乗客は見事にビジネスマンのみ。1号車がプラレールカーなので親子連れがいっぱいいるかと思ったら、折り返し時間中に見学して乗らずに帰っていく人ばかり。
今回も2号車最後部のA席を確保して新大阪を出発。

P5114212.jpg

なんと車両基地にトワイライトがいました!この時点では編成が分割されていますが、この記事を書いてる5月13日に団臨の編成となっての姿が披露されたようです。A寝台のみの編成になったようなので、B寝台の車はどこかへ?

P5114231.jpg

こちらも通過待ちの風景を撮影してみました。こちらのこだま741号も先ほどの633号と同様、退避できる駅では退避していきます。1本の場合も2本の場合もあり。
しかし違うのが退避時間の長さ。なんと最長10分待ちというのもありました。九州新幹線直通の影響でしょうか。
さすがにこれだけ退避時間が長いと面倒になってきます。面倒というか、せっかく高速走行をしているのにこれだけ長時間通過待ちをしてしまっては無駄ではないかという思いが生じます。やっぱりのぞみが1番ということですね。

P5114220.jpg

先ほど話題にしたプラレールカー。すいてるかと思ったら、発車直後にどこからか続々と子供連れが入れ替わり1号車に集まっていて、なかなか自分が入る隙がありませんでした。
しかし新岩国あたりで外から覗いてみるとすいてそうだったのでついに突入!

P5114256.jpg

主に車内はジオラマとプレイルームの二本立て。プレイルーム的な場所では子供連れ3組くらいが遊んでました。
ジオラマは華麗にスルーされていました。お子様用運転台も華麗にスルーされていました。

P5114257.jpg

しかし何より嬉しかったのは係員のお姉さんが記念品のシールを自分にもくれたことです。
こういう子供向けの催しって年齢を制限すること(例:プリキュアの映画のミラクルライト配布)が多いですが、差別せず配布してくれる姿勢が嬉しかったです。

P5114264.jpg

のろのろ進んで新下関到着。乗客の数は多くもなく少なくもなく。
こだまはガラガラ!のイメージは見事に覆されました。
2013年5月に乗ったひかり538号のように、明らかに前の列車との間隔が詰まってる列車とかじゃないとすいてないようです。
そして、山陽新幹線は東海道新幹線と違ってトンネルが多い!
なので車窓を眺めてたら山が近づいてきて、山にIN!!という展開が多いのが残念です。

P5114268.jpg

そして16時7分、東京出発から9時間11分かけて博多に到着!のぞみなら約5時間です。
さらにこの列車をもってJR西日本を完乗しました!

2015年5月11日16時7分
741A列車
博多駅にてJR西日本完乗

過去ログは以下のとおり。

2013年10月30日16時8分
4923D列車
伊予大洲駅にてJR四国完乗

2013年9月9日12時54分
532C列車
武豊駅にてJR東海完乗

2013年6月27日11時5分
3630D列車
東根室駅にてJR北海道完乗

1年半ぶりに新たなJRを完乗しましたね。これで残るは九州と東日本。
九州はあと1回行けば完乗できるのできっと九州が先でしょう。東日本もやろうと思えばすぐに完乗できるが。でもガーラ湯沢が冬まで待たないと。

きりがいいので旅行記の続きは次の記事で。

(2015.5.13投稿)

佐賀空港を目指す

2015年5月11日(月)

P5114274.jpg

博多駅でJR西日本完乗を果たした僕ですが、完乗の余韻にひたっている場合ではありません。
市営地下鉄博多駅へ向かいます。博多駅はわずか14分の滞在で次の乗り換えです。僕は駅に滞在するより、華麗な乗換を実践するのが好きなのかもしれません。
博多の地下鉄の改札の近くにある金券ショップは若い女性の店員さんが3名で楽しそうに働いてました。僕もこんな職場で働きたいなと思ったことだけが博多駅での記憶です。

P5114279.jpg

福岡市営地下鉄、筑肥線直通筑前前原行きに乗車。単調な地下鉄区間を超えて筑肥線唐津行に乗り換えです。
さすが大都市博多、電車が混んでます。混んでて景色を見るどころではありません。

P5114283.jpg

徐々にすいてきて景色がよく見えるように。海がきれいです。道路から見た方がきれいですが。
ちなみにこの道路は2013年7月に車で走っています。先に車で走ったところを電車で乗り潰すとは高校生の頃は考えられなかったな。

P5114285.jpg

虹の松原の中を走ります。けっこうこの中をウォーキングしたら楽しそうです。

P5114291.jpg

終点の唐津に到着。ここから西唐津まで一駅飛び出ているので、乗りつぶしのためにさらに進みます。

P5114299.jpg

唐津線西唐津行。しかもロマンシング佐賀の車両でした。佐賀県の中でもこんな場所がラッピングに選ばれるとは。

P5114315.jpg

終点の西唐津に到着。本日の宿は2駅戻った和多田駅付近です。普通に電車で戻ってもいいのですが、それでは面白くありません。

P5114324.jpg

裏技、バス移動!しかも予想と違ってマイクロバスを路線バスとして改造したものが来ました。

P5114322.jpg

無理やり運賃箱が設置されてます。こんなバスは初めて見ました。乗客が自分だけだったので運転士さんと話せばよかったかな。
自分が降りるのが松浦橋というバス停なのですが、ここまで直通するバスは18:16が最終なのでこれに乗るためには博多で14分乗換が必要だったのです。

思ったより停留所が多く、15分くらい乗って松浦橋で下車。運賃は270円。電車の方が安くて速いですが、この停留所は宿の目の前なので便利です。
そしてこんなローカルな路線バスを旅行に活用している人が他にいないっていうのがいい。鉄道の旅は広まってますが、こうしたちょっとした旅行中の移動に地元のバスを使うって言うのはなかなか難しいでしょうね。

P5124334.jpg

唐津第一ホテルリベール泊。目の前には山の上に鳥居がある場所とか長い橋を渡った先に虹ノ松原があったり、なかなか泊まって観光するのによさそうな宿です。ですが雨なので散策する気力はわかず。
目の前にジョイフルがあるので今日初の食事を奮発して食べました。

2015年5月12日(火)

P5124339.jpg

今日は宿から徒歩10分くらいの場所にある和多田駅から旅がスタートです。
ちなみに宿の周辺の道路はものすごい渋滞していました。地方都市である唐津でも朝にこれだけの渋滞が発生するとなると、公共交通をもっともっと発達させるべきなのでは、とも思いますがそう簡単にはいきませんね。
その割に事故が多そうな交差点にわざわざ警察官を3人も配備していました。事故・違反を防止するのもいいけどもっとスムーズに道路が回る取り組みをしてほしいものです。

P5124342.jpg

そしてなんと新型の305系が来ました!この列車は今月号の運転協会誌で特集されていたので乗れたらいいなと思っていた車両です。

P5124343.jpg

車内は安定の水戸岡デザイン。水戸岡デザインは水戸岡デザインでも、似たり寄ったりではなく列車ごとに個性がある。
乗ってて楽しいものです。1駅だけだけど。

P5124346.jpg

唐津で伊万里行に乗り換え。筑肥線伊万里行は幹線ですが日中は3時間に1本。自分が乗る8:33発の次は11:24発です。調べるまではもっと本数があるだろうと思っていたので、この少なさにはびっくりでした。

P5124359.jpg

唐津を出て和多田駅の手前で分岐し、さらに山本駅の先、本牟田部駅を超えたところで分岐します。
二度の分岐を楽しめる路線というのも珍しいかもしれません。しかも二回とも和多田・本牟田部と真横に駅があるのに停まらない。

P5124370.jpg

幹線の割に延々と田畑が続く風景を走り、終点の伊万里に到着。
ここに来たら松浦鉄道に乗り換えるか、筑肥線で折り返すかになると思います。
乗ってきた列車は40分後に折り返しますが、これに乗ると最終的な目的地である佐賀空港からの飛行機に間に合わない。
計画段階で諦めかけましたが裏技がありました。

P5124374.jpg

わずか7分の待ち時間で来た高速バスいまり号。本来このバスは伊万里から博多方面にアクセスするためのものですが、なんと山本駅で降りることができます。

P5124380.jpg

ありがたく乗車し、30分ほど乗って山本駅で下車。もちろん降りたのは自分だけ。
電車だと560円ですが、バス代はなんと820円。しかしこれでかなりの時間短縮に成功しました。

P5124388.jpg

山本から唐津線佐賀行きに乗車。これで筑肥線と唐津線をかなりの好接続で乗り潰すことに成功しました。
ちなみに唐津線は地方交通線ですが、さっきの筑肥線とは違ってそれなりに街中を行きます。
完全に幹線と地方交通線が逆転してるけど、もう変えるに変えられない状況なのであろう。

P5124411.jpg

佐賀駅に到着。次に乗るバスまで1時間少々時間があるので昼食。
かどやラーメンという場所で食べました。なんとラーメン500円でライス1杯無料。安い。そしてうまい。

P5124417.jpg

12時50分発、佐賀市営バス佐賀空港行に乗車。高速バスの車両ですが、準急という扱いで所々の停留所に停まっていく路線バスです。
高校生も1人乗って途中で降りてました。そして車内は完全に中国人対策仕様。運賃とか中国語でしか書いてなかった。
このバスには乗客5人くらいしか乗ってませんでしたが、春秋航空の影響で佐賀空港は中国人がたくさん利用していることが予想されます。

P5124428.jpg

佐賀空港到着。予想通りたくさんの中国人がいます。まるで中国に来た気分です。対応する職員が日本人で日本語で対応してましたが、さすがにこれなら職員も中国人にした方が効率がいいのではと思いました。

春秋航空IJ602便に乗ります。客は9割方中国人。この日だけ2000円くらい高かったので、恐らく中国人ツアーか何かで中国→佐賀→成田の乗り継ぎ利用が多いのでしょう。
僕はせっかく昼間に飛行機に乗るので、ゆっくり外の景色を眺めて帰ろうという考えのため400円払って窓側の座席を指定しました。
これがファインプレーだった!座席指定したからか僕が日本人だからかは知りませんが、なんと自分の列は3席あるうち自分の席しか人がいませんでした。
もしかしたら中国人に対する苦情が多いため、日本人と中国人は隣の席にならないようになっているのかもしれません。
もちろん中国人なので、僕の列が空席だから勝手に移動してきて座っている人がいましたが、CAに追い出されていました。
そして「なぜこいつ(俺)の隣だけ空席なんだ!!」とキレてる中国人がいましたが、
CA「お金を払って座席を指定してるんで・・・」
CA「勝手に移動されると重量のバランスが変わってしまうんで・・・」
という微妙な言い訳であしらっていました。
中国の航空会社なのにこんなに日本人を優遇していいのだろうかと心配になってきます。

僕はイヤホンで周りが騒音でも防御に徹していましたが、大声でしゃべり続けたり動画を大音量で再生してたり、中国らしさを体験できました。日本にいながら中国気分を体験できる、貴重な路線です。
以前乗った春秋航空の広島→成田線は普通に日本人の乗客ばかりでしたが、佐賀→成田線は明らかに需要がない路線。
この路線に限っては中国人が多いのかもしれません。

P5124453.jpg

あっという間に成田着。4月から第3ターミナルが出来たのでこちらに連絡バスで連行されます。
駐機場から10分以上バスに乗っていました。どんだけ遠いんだか。

P5124470.jpg

今まで空港から鉄道で帰ってましたが、第3ターミナルからならこれに乗ってもいいんじゃないかと思い、THEアクセス成田に乗車!
成田→東京が1000円です。しかもJRバスを狙って乗ったので楽座シート。コンセント付き。かなり豪華です。

P5124471.jpg

しかも運転士がめちゃくちゃ飛ばす人で追い抜きまくってました。最終的に10分差のはずの一本前のバスに東京駅で追いついているという事態に。
しかし初めて乗りましたが、THEアクセス成田はいいですね!1000円だし乗り心地はいいし。本数も多いし。
高速道路で次々と他社の高速バスにすれ違うのも面白い。
でも乗客15人くらいしかいなかったので、これでは赤字です。今後どうなるのでしょうか?それとも乗る便は乗るのでしょうか?
謎が膨らむ高速バスでした。

20150512.png

現在の乗りつぶしマップ。
乗車キロ:19636.2km(+413.2km)
乗車率:98.790%(+2.079%)
ついに一気に乗車キロを稼げる山陽新幹線にも乗ってしまった。残りはちまちました旅です。
まだ1%残ってるのか。ちまちました1%は結構な量だぞ。今年度中にいけるか、完乗。

(2015.5.13投稿)
プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。