北陸新幹線で輪島・1

2015年3月24日(火)

夜21時ごろ、本日は新宿から夜行バスに乗ります。向かうは石川県。

P3253923.jpg

丸一観光のグリーンライナー金沢経由七尾行に乗ります。
金沢に向かう夜行バスは何種類か走っており、最初はJRバスで行こうかなと思ったのですが、調べてみるとこのグリーンライナーのみ金沢を超えて七尾まで行く。せっかく石川県に行くなら行ったことのない輪島まで目指すかと思い、輪島に少しでも近づくためにこのバスを選びました。

P3253927.jpg

2015年3月25日(水)

和倉温泉駅で下車。3列シートで7100円の割にけっこう座席が広く、なかなか快適なバスでした。
バスの終点は七尾ですが、七尾より北の和倉温泉も通るのでここで降りるのが良い。

P3253937.jpg

のと鉄道穴水行きに乗車。まさかの花咲くいろはラッピングでした。なかなかの痛車ですが沿線民はどう感じているのでしょうか。

P3253940.jpg

3セクなので運賃は高く感じましたが、その代わり景色はなかなか良いものでした。

P3253953.jpg

6駅約30分で終点の穴水に到着。3セクの中でも全線の距離がかなり短い部類かもしれません。

P3253956.jpg

ここから輪島行きの路線バスに乗車します。8:26にのと鉄道で穴水駅に着き、8:35のバスに乗れるというなかなかの接続です。
しかし穴水から乗る人は自分ら以外誰もおらず。大丈夫なのだろうか。

P3253959.jpg

40分ほどの乗車で輪島駅に到着。バスの乗客は輪島の近くの停留所でお年寄りが4名くらい乗ってきて、輪島病院で降りて行きました。通院に使うなら鉄道よりバス転換された方がダイレクトにアクセスできるので便利ではあります。

輪島に着いたのが9時15分ごろ。普通の人は金沢から直通バスで輪島に行くと思いますが、こうして鉄道のあった場所を通っていくのも面白いものです。
しかし運賃がのと鉄道680円+穴水輪島バス760円=1440円と、なかなかかかります。
金沢から来るとなると、七尾線とIRの運賃で1380円かかり、特急能登かがり火に乗ったら自由席でも850円かかります。
金沢から特急利用の金額=3670円に対し、
金沢~輪島行きバスの金額=2260円!!
これはみんな直通バスに乗りますね。なんとか旧七尾線ルートで輪島へアクセスというのも楽しんでもらいたいものです。

(2015.3.26投稿)

北陸新幹線で輪島・2

2015年3月25日(水)

輪島駅ではレンタサイクルがあります。4時間1000円で借りました。電動アシストつき。

P3253968.jpg

駅から徒歩だと40分かかるねぶた温泉に楽々到着。旅先でのレンタサイクルって滅多に使わないですが、なかなか便利ですね!
輪島を周遊するなら自転車が丁度いいかもしれません。
昨夜は夜行バスだったので珍しく温泉に入浴。ぬめぬめした湯で面白かったです。

P3253970.jpg

海もきれい。ここからさらに30分くらい自転車で走れば白米の千枚田というスポットに行くことができますが、時間がギリギリになるのでやめておきました。
もし行くなら電動アシストの電池の減りが早いので、パワーをセーブしながら行かないとあとで辛くなるかもしれません。

残りの時間は朝市付近を鑑賞(今日は朝市の定休日です)したり、ワイプラザという大型ショッピングセンターで昼を食べたりしました。
多分朝市が休みの日だから全然人がいないのでしょう。朝市の通りはこの日を待っていたかのように道路工事やってたし。

P3253982.jpg

輪島での滞在を終え帰ります。輪島13:15のバスで穴水に戻り、穴水からのと鉄道。
また花咲くいろは列車でした。背後に「連続テレビ小説「まれ」は能登が舞台」とラッピングされた列車が映っています。
まれって何や。聞いたことがない。と思って調べてみたらまだ放送前で、今年の3月末から放送開始だそうで。
これは今後輪島ブームがくるかもしれませんね。というか来ますね。もっとちゃんと写真撮っておけばよかった。

日中の列車だけ実施されている、車内アナウンスの声優バージョンも流されていましたが、なんだかよく聞き取れないし、聞き取れない割に痛いことだけは伝わってくる。。まれラッピングより花咲くいろはラッピングの方が力が入ってるというのがのと鉄道のすごいところですね。

P3253998.jpg


P3253999.jpg

そして和倉温泉からは新設された特急、能登かがり火8号に乗ります!
先ほどの記事で高いとさんざん酷評しましたが、特急券はこれから乗る北陸新幹線との乗継割引が効き、乗車券も東京都区内まで通しの運賃で買えるので若干割高感は薄れます。

しかし指定席に乗りましたが、自分の乗った車両に乗ってた人は自分らを除くとわずか2名。多分6両全ての乗客合わせても30名くらいしかいなかったのではないでしょうか。
しっかり新幹線との接続が考えられたダイヤなのにこれで大丈夫なのか能登かがり火。列車名が特急っぽくない能登かがり火。

P3254015.jpg

金沢に到着。輪島と違って人がたくさんいます。活気にあふれる金沢。今いちばんホットな都市金沢。
もっとみんな輪島に足をのばしてほしい。

P3254017.jpg

そしていざ新幹線ホームに。6月末まで暫定で増発されているかがやき532号に乗ります。

P3254024.jpg

E7系と対面!しかし、今年度は長野を数回新幹線で訪れているために、E7系に乗るのはこれで4度目。
あまりE7系に乗る感動を味わえないのが残念。せっかくだからW7系に乗ってみたかった。

北陸新幹線、すでにガラガラ、みたいなネットの記事をたまに見かけますが、あれは明らかにつるぎのことですね。
はくたかも割とすいてるらしいですが。元々あさまも軽井沢以北はすいてたので、それを考えるとまあはくたかがすいてるのもまあそんなものか、といった感じです。

しかしかがやきに関しては違います。金沢で7割方座席が埋まり、富山で9割方座席が埋まりました。
長野からもけっこう乗車があります。ほぼ満席です!
旅行客、ビジネス客の両方がバランスよく乗っており、やっぱり金沢に新幹線が通じることの意義は大きいんじゃないかなと思います。
しかも一本前のかがやきは僅か30分前という、運転間隔が短いところに設定されたかがやき532号でもこの混雑なので、かがやきに関しては相当の乗車率をこれからも維持するのではないでしょうか。

2時間35分の乗車で19:44に東京に到着。2時間半はすぐですね。車窓をみたり車内をみたりしてるといつの間にか着いています。
本当は上野で下車して上野東京ラインで座って川崎まで帰りたいところでしたが、やっぱり最後まで新幹線を乗りとおしたかったので東京まで乗りました。
次回からは大宮か上野で降りることでしょう。

上野東京ラインに東京から乗りましたが、東京の時点では一番前に並んでいれば座れる状態でした。
つまり上野からなら座って川崎に帰れる。ついに川崎にも上野以北と直通の恩恵が来たのを実感しながら帰宅。

20150325.png

現在の乗りつぶしマップ。
乗車キロ:19220.3km(-24.1km)
乗車率:96.697%(-0.004%)
新幹線開業に伴い減った分を乗りなおしましたが、営業キロが短縮されたのでこれでも少し減。
あらためてJR西日本は残す区間を新幹線の広島~博多のみとなりました。可部線延伸する前に乗れるかどうか。
4月は2回旅に出る予定ですが、予定通り行くかは不明。

(2015.3.26投稿)
プロフィール

sdfまたは綿雨渉

Author:sdfまたは綿雨渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク