鹿児島卒業旅行・3

2014年3月1日(土)

さあこの旅行もついに最終日です。8時半ごろに宿を出発。

P3010667.jpg

まずは大隅線の鹿屋市鉄道記念を訪問しました。ここの職員の方はかなり大隅線について詳しく説明して下さり、勉強になりました。

P3010672.jpg

静態保存してある車内に入ることもできるうえ、展示資料も幕や制服や乗車券類など豊富で、なかなかよくできた部類の資料館だと思います。

P3010677.jpg

気になったのがこれ。フェニックスなんて列車名が存在したのでしょうか。

P3010681.jpg

次は北上し続けて霧島神宮を訪問しました。駅から神宮まではかなり離れているので、車での訪問が便利ですね。
しかしメンバー4人とも神社にはそんなに興味がないので、わりと数分で神宮から退散したのが面白かったです。
さっきの鹿屋線には1時間くらいいたのに。

P3010693.jpg

次は南霧島信号場を訪問しました。12月に九州パスでこの線区に乗車した際、ものすごい場所に信号場があるので訪問してみたいと気になり、ついに訪問!
ここへ抜ける道路はものすごい狭隘道路。木の枝とかも落ちてて通る人は少なそう。
そしてたどり着いた南霧島信号場。周りは山。なぜここに信号場を作ったのか謎です。
秘境駅を超える秘境信号場ですね。数本列車が通過するのを見送りました。

P3010709.jpg

鹿児島中央駅に戻り、レンタカーを返却。まだ帰るまで時間があるのでもうすぐ移転する鹿児島市交通局を見に行きました。
移転したら交通局前停留所はどうなるんだろう。

P3010710.jpg

鹿児島中央駅に戻り、有名らしいざぼんラーメンを食べました。そこそこおいしかったです。

P3010711.jpg

まだ時間があるので1年半前にも乗ったアミュプラザの観覧車に乗車。
4人で乗ると安いです。せっかくなのでスケルトンなやつに乗りました。
しかしスケルトンが霞んでいてよく外が見えなかった。

P3010712.jpg

そしてついに鹿児島空港へ。地理学科の旅行は現地集合現地解散が原則です。
2名は明日のピーチで関西へ、1名は夜行バスで関西へ。今日のジェットスターで帰るのは自分だけです。
20:15の成田行きに乗ります。

P3010720.jpg

成田空港に到着、今夜は東横イン成田空港に泊まります。東横インとは思えない異様な広さにびっくり。
鹿児島旅行は今日で終わりですが、まだまだ家には帰りません。次の旅行に続きます。

(2014.3.15投稿)

北海道2014・1

2014年3月2日(日)

豪華な東横インを9時過ぎにチェックアウトし、送迎バスで空港第二ビルへ向かいます。
途中の空港へのゲートでバスに警備員が乗り込んできて身分証のチェック。
なかなか面倒な空港ですね。この人件費だけで1日何万円かかっているやら。

P3020728.jpg

スカイマークの成田→旭川線に乗ります。スカイマークが唐突にバーゲンを再開したので11月の頭のうちに予約してあり、5800円で乗ることができました。
しかも成田・旭川ともに羽田・新千歳と比べると需要が少ない空港であるため飛行機はがら空き。
1人で3席使える状況でした。そもそも成田~旭川はスカイマークが1日1便運航しているのみです。果たしてこれでいいのかスカイマーク。

P3020731.jpg

旭川空港から連絡バスで旭川駅へ。運賃は570円。安くはないですが、新千歳空港から札幌駅までバスで1000円かかることを考えると、割と便利な方です。
飛行機がガラガラだった割にバスは満席でした。

さあ昨日は鹿児島県にいたのに今日は旭川駅に降り立って一言。
「そんなに寒くない!」
気温は氷点下のはずですが、風がないので割と丁度いい気温でした。北海道には何度も来ているので北海道の気温に慣れているのかもしれません。

P3020732.jpg

そして早めに旭川駅のホームに上り、今回の旅行のお目当て、臨時快速稚内行きを待ちます!
特急サロベツがエンジン出火の可能性があるため、別の車両で運行されている列車です。
2両編成で、1両は普通のキハ40、もう1両は車両運用の都合により80%くらいの確率でお座敷列車が連結されます!
100%じゃないっていうのがまたドキドキします。

P3020733.jpg

きました!お座敷列車入線!前に並んでいた鉄道ファンと思われるおじさんと喜びをわかちあいました。
いやー嬉しい!

P3020745.jpg

あとはこの車両でゆっくりしながら4時間、稚内までの時間を過ごすまでです。
しかし旭川を発車した時点ではお座敷車両は満席。旭川側は利用者が多く、駅にとまるごとにすいていきます。
そして車内がそれなりにすいてきたころ。隣に幼稚園児くらいの女の子とお母さんが座っていたのですが、女の子がこちらに話しかけてきます。
一緒にお菓子を食べたり遊んだり鹿を探したりして和みました。
お座敷列車でゆったり過ごしながら、車内でこんな出会いが会ったり、鉄道旅行って楽しいものですね。
親子連れは札幌から旭山動物園を経由して天塩中川に帰省する途中だそうです。
臨時快速なら特急料金が2000円くらい浮くうえにお座敷でのびのびとできる。
もはやサロベツが復活できないような状況に追い込まれている気がします。

P3020748.jpg

4時間。短いようで終わってしまえばあっという間の稚内到着。2012年3月5日に訪問してから約2年ぶりの訪問です。
まさか大学4年間で2度も稚内を訪問することになるとは。

P3020754.jpg

沖縄で波止場食堂を訪問して以来、デカ盛りにはまってきており、ヴァンのとなりという定食屋を訪問。
みそカツ丼が900円くらいでした。けっこうな量です。デカ盛りの店のいいところは、観光客向けというより地元に長年愛された店が多いことです。もちろん観光寄りの店もありますが。

P3030755.jpg

ドーミーイン稚内泊。2人で8000円でした。稚内はこの前の名護と同じく、ダブルで5000円台で泊まれる宿はなく、最低で8000円くらいです。
その流れで泊まることになったドーミーインですが、なかなかいいところでした!
風呂とトイレは別になってるし、部屋は広いし、屋上に露天風呂がついてるし。
稚内の地で露天風呂に入るのは面白かったです。

asoba.jpeg

また、夜食のラーメンを無料でいただけます。フロントの方が交代でラーメンを食べていたのが印象的でした。

(2014.3.15投稿)

北海道2014・2

2014年3月3日(月)

P3030761.jpg

ドーミーインを10時前にチェックアウトし、まずは郵便局前からバスに乗ります。

P3030765.jpg

ノシャップです!2年前も来ましたが、稚内駅から手軽に訪れられる日本で2番目に北にある岬?です。
昨日はそんなに寒くないと書きましたが、やはり岬まで来ると風が強くてものすごく寒い。
立っているだけでも耐えられないような寒さでした。

P3030785.jpg

稚内駅に戻り、2年前に見逃した北防波堤ドームを訪問。駅からかなり近く、なぜ前回訪問し逃したのか疑問なくらいです。
ドーム内は地元の方のウォーキングコースとなっているようでした。

P3030795.jpg

駅に戻り、バスの窓口でこちらの乗車券を購入。宗谷岬往復乗車券です!
特に窓口で宣伝等はされていませんが、この券を買うと300円くらい安くなります。
ちょっと前まで宗谷岬に行くバスは1日4往復だったのに、いつの間にか7往復になっています。
4往復時代に宗谷岬訪問を計画しましたが時刻表と格闘の末、あきためたような記憶があります。
それに比べると訪れやすくなったものです。

P3030800.jpg

約50分の走行の末、宗谷岬に到着!地元の方が1名下車しましたが、観光で降りたのは自分らのみでした。
宗谷岬は冬季は全ての店が閉まっています。そういえば3日前にNHKのドキュメント72時間で宗谷岬がやっていたのでピンポイントなタイミングで訪問となりました。

asoya.jpg

モニュメントの裏まで行ってGPSを確認してみました。ここが本当の最北端!

P3030818.jpg

バスは大体25分くらいで稚内に戻る便が来ます。最北の地を見るだけならこれで丁度いいのですが、もう少し周遊しようとすると物足りない。
走ってバス停の裏の坂を駆け上がり展望台みたいなところから下を見下ろしてみました。
なかなかいい景色!今度はゆっくりここでの時間を過ごしたいです。

P3030821.jpg

稚内行きのバスに乗車します。地元の高校生くらいの方が宗谷岬から乗車しました。この路線はそこそこ利用がありますね。
宗谷岬が完全に観光地と化してはおらず、ここに住んでいる人がそれなりにいることに驚きました。

P3030829.jpg

稚内から本日も臨時快速に乗車します。昨日乗った編成が折り返すので、確実にお座敷に乗れる安心感があります。
稚内からお座敷に乗車したのは8名くらい。すいているので皆さん横になってくつろいでいます。
なので車内は異様な雰囲気に。名寄で20名くらい乗車してきたものの、お座敷車両はこのような雰囲気のため敬遠し、みんな普通の車両に乗り込みます。
稚内発の臨時快速は恐らく毎日このような光景が繰り返されているのでしょう。ゆっくりくつろぎたい場合は稚内発に乗る計画をたてるとよさそうです。

P3030845.jpg

旭川に到着。3分接続でスーパーカムイに乗り換えます。今回使用している切符は北海道・東日本パスなのでスーパーカムイには乗れません。
なので昨日のうちに旭川の金券ショップでSきっぷフォーのバラ売りを買っておきました。
通常なら4170円するところ、2440円で旭川~札幌を移動することができます。
もう少し所要時間がかかっていいなら、バスの高速あさひかわ号のバラ売りを使えば1600円で移動できます。滝川~旭川ワープより安くなるので、次回はバスの利用も試してみたいところ。

P3030847.jpg

札幌に19時20分に到着。ラーメン二郎札幌店を訪問。ここの営業時間が20時半までなので、バスで移動していると営業時間に間に合わなかったのです。
昨日の夜に引き続きデカ盛りの部類です。小ラーメンヤサイニンニクを注文。以前より味が落ちた気がする?

P3030851.jpg

本日の宿は札幌から急行はまなす。2年後の北海道新幹線開業で恐らく廃止になるので、今のうちに乗っておきたいと思っていました。

P3040867.jpg

カーペットが取れなかったのでドリームカーに乗車。乗車率は半分くらいでした。
しかし、ドリームカーもなかなか心地よいですね。座席は柔らかくてシートがよく倒れるし、なにより外の景色が見られるのが良い。
カーペットだと寝てしまったら外が見られませんからね。
ほぼ全区間で起きつづけて青森まで乗車しました。

(2014.3.15投稿)

北海道2014・3

2014年3月4日(火)

はまなすは2分遅れで青森に到着。こんなもの遅れじゃないですね。
昨日は風呂に入っていないため、まずは青森まちなかおんせんに。はまなすが到着したのが5:41で、はまなすの撮影などをすませてからゆっくり歩いて向かえば丁度6時の温泉が開店する時間に丁度よく着きます。
開店したばかりというのにお客さんは30人くらいいました。朝からこんなに賑わっているとは。

しかし今は賑わっている青森も、まずあけぼのが廃止され、2年後のはまなす廃止と北海道新幹線の開業により青森で降りる、という人は格段に減ってしまうはずです。
自分もあけぼのに乗りたくて、はまなすに乗りたくて、はやぶさに乗りたくて青森で降りたという回数が数えきれないほどです。
それらがなくなってしまうと一体青森駅周辺はどうなってしまうのか。意外と大丈夫だったりするのでしょうか。

P3040877.jpg

8時5分発の普通蟹田行きに乗車。ここまで北海道東日本パスを使っている割にサロベツ快速・スーパーカムイ・はまなすと乗車し、純粋な普通列車に乗るのは3日目にしてこれが初です。かなり豪華な旅行をしてますね。
この普通列車は通学に丁度いい列車なので油川で下車する青森北高校の生徒がたくさん乗っています。面白いのが前よりの車両は女子、後ろよりの車両は男子と棲み分けがなされていることです。自然とこの乗り方が定着していったのでしょうか。他の線区でもこういう場面が見られるのか気になります。

P3040883.jpg

蟹田で下車し、特急白鳥93号に乗車します。またしても北海道東日本パスで優等列車に。
青森から乗ると特急料金が発生しますが、蟹田~木古内間なら乗車券のみで乗れます。蟹田からだと混んでるかと不安でしたが、余裕で座れました。

P3040894.jpg

そして知内で下車!この知内駅は3/14付で廃止されるので、あと10日の命です。
1日2往復しか停車しないので訪問が難しいですが、こうして朝一番の白鳥利用が便利でしょうか?
下車した人は数名いましたが、それより驚いたのはホームで撮影している人が10人くらいいたこと。
恐らく函館方面からの列車が40分ほど前に到着していたのでそれで来たんだと思いますが、特に白鳥に折り返し乗車していかず写真を撮り続けている。この後どうするのだろうか?

P3040919.jpg

自分らは駅から少し歩いた所にあるバス停から木古内行きのバスに乗車。撮影班は誰もこのバスに乗ってきませんでした。
恐らく各自散策を楽しんで1時間後のバスに乗るのでしょう。しかしバスに乗って分かる、知内駅の知内市街地からの離れ具合。
知内町役場は知内駅と木古内駅のほぼ中間地点にあります。これだと廃止になっても地元から文句も出ませんね。
スムーズに廃止して新幹線の建設に専念できるので、JR北海道としては良かったのかな?

P3040922.jpg

バスの運賃はワンコイン500円。まるで自由席特急料金のようだ。木古内駅に到着。新幹線の駅ができる駅です。

P3040949.jpg

バスが発着する方と反対側、北口は着々と新幹線駅の建設が進んでいました。駅舎が30~40%くらい完成している状況ってところでしょうか?ついに北海道まで新幹線が来るんですね。

P3040933.jpg

そして木古内駅はもう一つ。5月12日付で廃止される江差線の末端区間の展示が多数行われています。
4年くらい前に初めて木古内駅を訪れた際は何していいか分からないくらい何もない駅でしたが、今回は新幹線の建設に見入り、江差線の展示に見入り、次に乗る列車までの時間があっという間でした。

P3040962.jpg

10:56発のスーパー白鳥95号に乗ります。木古内から先は500円の自由席特急券を購入すれば北海道東日本パスで特急に乗れます。
券売機で特急券を購入したら小さい切符でした。保管しづらいので次からは窓口で買おう。

P3040966.jpg

函館駅に到着!北海道を訪問するのは多分9回目、JR北海道完乗も果たしている自分ですが、函館駅で下車するのは今回が初めてだったりします。
函館駅はどうしても夜行列車で通過してしまうので、なかなか降りる機会がなかったのです。

P3040969.jpg

まずは函館駅前にあるラッキーピエロを訪問。函館山ハンバーガー1100円を食べました。
とてもデカイ!周りの視線が痛い!視線を気にしながら完食しました。おいしかったものの、ハンバーガーはこんなに多くなくてもいいかなとも感じました。

P3040974.jpg

路面電車の一日乗車券を購入し、まずは五稜郭を購入。タワーから星の形を見るのもいいですが、普通に公園内を散策するのもいいものです。タワーには割と人がいましたが、公園内にはあまり人がいなかったのもびっくり。

P3040992.jpg

暇なので終点の函館どつく前まで乗りました。すこし歩くと海で、カモメを鑑賞して過ごしました。

P3050996.jpg

早くもやることがなくなったので、15時にコンフォートホテル函館にチェックイン。まあ朝が早かったのでこういうのも良いでしょう。
昨日のドーミーインは8000円だったのに対し、こちらは2人で4800円!昨日より40%も安いです。
しかも朝食が豪華。たまにはドーミーインもいいなと思いましたが、やはりコンフォートとスーパーホテルは二強ですね。

(2014.3.15投稿)

北海道2014・4

2014年3月5日(水)

今日も割とヒマなので10時ギリギリに宿をチェックアウト。
ちなみにこの後の旅行の予定として、あと5泊してから帰宅する予定ですが宿に泊まるのは今日が最後です。
残りの5泊の正体はいかに。

P3050998.jpg

せっかくなので朝市を訪問。朝市食堂二番館というところで早めの昼食。五目丼が500円というワンコインで提供されていて人気ですが、イクラが食べたかったので二色丼(1000円)を食べました。五目丼と比べてご飯がデフォルトで大盛りになっています。しかしご飯が多すぎてイクラの味が薄く感じた。やっぱりこの店では五目丼がお勧めです!

P3051001.jpg

やることがなくなったので、とりあえず適当に駅訪問をしてみようと江差線普通上磯行きに乗車。
江差線はもともと上磯線として開業し、この上磯駅が終点でした。木古内~江差が廃線になったら上磯線に名前を戻した方が実態に合っていることになります。
もちろん既に80年近く江差線の名称が定着しているので簡単に路線名が変わることはないと思いますが、新幹線開業後の三セク移管時の路線名はどうなるんだろう。

P3051005.jpg

上磯までは行かずに七重浜で下車。この駅はみどりの窓口があるので、この後に使う特急券を購入しておきます。
三セク移管後はこの駅の緑の窓口も廃止となると思われるので、こういった切符も貴重なものとなります。

P3051012.jpg

10分くらい歩くと、海。鴨が波に乗ってる姿が印象的でした。ずっと見ていたいくらい癒されます。
しかし先ほどの列車が上磯から折り返してくるので乗らなくてはいけません。鴨に別れを告げます。

P3051017.jpg

函館に戻り、森行きに乗車します。新函館駅になる渡島大野駅を訪問したいのですが、この列車は渡島大野を通りません。

P3051022.jpg

なので一旦大沼で下車。なんとここで渡島大野経由の函館行きに乗り換えることが出来ます。
試しに乗換案内アプリで試してみたところ、この経由は出てきませんでした。時刻表と闘わないと発見できないルートだと思います。
函館から渡島大野を訪問する際は、函館→大沼→渡島大野のルートも検討してみるといいかも?

P3051043.jpg

渡島大野で下車!絶賛建設中って感じです。

P3051047.jpg

駅舎の完成予想図と建設中の駅舎。やはり30%程度完成というところでしょうか。

P3051049.jpg

駅前の風景。ぽつぽつと住宅が立ち並ぶ程度です。あと2年でどのように変わっていくのでしょうか。

P3051065.jpg

渡島大野から大沼方面へ向かう列車に乗り、大沼で下車。大沼公園とそんなに離れていないのでこの駅からも沼を鑑賞できるかなと思っていましたが、何も鑑賞できませんでした。

P3051074.jpg

ここからは少しずつ南下していきます。大沼→函館→木古内→(スーパー白鳥42号)→蟹田。
大沼15:36発に乗ると接続がテンポ良く、18:32に蟹田に着きます。
蟹田からは普通三厩行きに乗り換えます。

P3051075.jpg

津軽二股で下車!ここは北海道新幹線の奥津軽駅が建設されています。
夜なうえ雨が降っていたのであまり観察できませんでしたが、とりあえず駅周辺は何もないです。
津軽二股から津軽今別駅へ階段を上り乗り換えます。

P3051087.jpg

津軽今別が割と姿を変えていた!上下線がとても離れたところに移動しており、プレハブのような待合室ができていました。
しかも意外なことに、待合室で地元の方らしき人が列車を待っていました。1日2往復の駅なのに地元の利用もあるとは。
津軽二股から12分の乗換というタイミングの良さで白鳥96号に乗車。七重浜で買っておいた自由席特急券500円を使い、青森まで乗車します。
青森に20時14分に到着。今夜の宿はお察しの通り急行はまなす。入線まで2時間くらいあります。
味噌カレー牛乳ラーメンを食べて、この旅行二度目のまちなか温泉に行きました。夜のまちなか温泉は朝のまちなか温泉よりすいていました。

P3061107.jpg

さあ22時15分ごろ、急行はまなす入線!またこの列車に乗れるなんて嬉しい限り。

P3051099.jpg

そして今夜は念願のカーペットカー!やはり横になれて快適です!
しかし下段は満席ですが上段は1席あいてました。これは狙えば上段が取れるってことでしょうか?
廃止になる前にB寝台とカーペットの上段に乗っておきたい。
自由席・指定席・増結指定席・カーペットと乗車したことがあるのでB寝台に乗ればはまなすの全設備制覇にもなります。
これはお盆に増結21号車狙いで乗車するしかないですね。

(2014.3.15投稿)
プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク