スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地訪問・1

2013年6月15日(土)

5月末、無事に就職が決まりました。
これで僕はJR全線完乗という目標に向けて走り出すことができます!
今回の旅行は遅い出発、12:33横浜の湘南新宿に乗ります。豪華にグリーン車に。

P6150316.jpg

そして赤羽で東北本線黒磯行に乗り換え!
これで横浜→黒磯の3時間40分もの間、ホリデー料金の750円でグリーン車に乗り続けることができます。

P6150319.jpg

乗り続け、黒磯に着き郡山行に乗り換えます。

P6150320.jpg

新白河で下車。ここで今回使う切符、東北ローカル線パスを買います!
今日から3日間有効で、既に17時でちょっともったいない気がしますが、行きたい的には今からの利用開始で丁度いいのでまあいいです。
ただ、新白河で下車して買うと次の列車に乗るまで1時間ほど待たなくてはいけません。
そこのロスがちょっと暇だなーというこの頃。

P6150326.jpg

そこからは無心で東北本線に乗り続け、20:54仙台着。

P6150327.jpg

恒例の唐揚げうどんを食べます。

ここから本日宿泊するカプセルホテルリーブスへ向かいます。
地下鉄勾当台公園駅から近いのですが、僕はケチなので頑張って100円のバスで向かおうとしました。
しかし情弱なのでどのバスに乗ればいいか分かりませんでした。普通に仙台市交通局の公式サイトで検索すれば出てきた。。
結局、地下鉄で行ったので200円かかりました。まあ、倍額になったと思うと損な感じですが、100円損したと考えるとそんなに損な感じはしません。

P6150328.jpg

僕はケチるので1人旅行ならカプセルホテルもガンガン活用しようと思います。
最近は1人旅行の機会がほぼなかったので3年ぶりのカプセルホテルです。
カプセルホテルリーブス泊。学割で2500円。

(2013.7.15投稿)
スポンサーサイト

被災地訪問・2

2013年6月16日(日)

朝6時前にチェックアウト。フロントの人がホテルの外にいて焦りました。

P6160330.jpg

昨日の夜にバスで100円で仙台駅に向かう方法を調べたのですが、今朝は早朝すぎてまだバスがありません。

P6160332.jpg

始発から2番目の6:04発の地下鉄で仙台駅へ。

P6160334.jpg

JRに乗り換え。ここから再び東北ローカル線パスです。

P6160337.jpg

まず乗るのは利府支線!そう、これは乗りつぶしの旅なのです。利府支線に乗ったことがないのでただ意味もなく乗ります。

P6160340.jpg

新幹線の車庫の横を通るのでなかなか楽しい景観ではあります。この利府支線、新幹線の乗務員の通勤用としてもよく使われるそうで。

P6160342.jpg

あっという間に利府駅に到着。下車しても何もなさそうなのですぐに乗ってきた列車で折り返します。

P6160344.jpg

岩切で下車。ここから北上します。

P6160346.jpg

次に乗るのは小牛田行き。701系かーと思ったら701系じゃない車両も連結されておりラッキー!

P6160350.jpg

小牛田から次は陸羽東線に乗ります。古川行きですが、小牛田~古川間のみ未乗なのでこれでいいのです。

P6160354.jpg

すぐに古川着。

P6160359.jpg

若干時間があるので散策。東横インから運営が譲渡された東北イン。パッと見は色違いの東横イン。

P6160360.jpg

古川→小牛田→前谷地

P6160366.jpg

ここで気仙沼線の柳津行きに乗り換えます!とてもすいてます!

P6160376.jpg

せっかくなので後面展望ができる車掌席でずっと展望していました。

P6160381.jpg

終点の柳津。駅だけどバス停。

P6160388.jpg

ここからBRTに乗り換えです。

P6160394.jpg

津波にのまれた地域。がれきは撤去されており、何もないところが何もない状態になっています。
ただ、プレハブの店舗が多くできており、復興に向かって突き進んでいることを感じました。

P6160397.jpg

バス専用道はこんな感じです。ただ、あまりBRTの特性を有効活用していないのではと感じます。
特に、気仙沼の手前ではわざわざ遠回りしてバス専用道に入っています。
一般道も渋滞しているわけではないし、所要時間はそんなに変わっていません。
BRTという言葉をJRが使ってみたかっただけなのか、雇用を確保するためにわざとバス専用道の工事を行ったのか。

P6160400.jpg

気仙沼に到着。

P6160404.jpg

ここから大船渡線に乗り換え、一ノ関へ。

P6160408.jpg

一ノ関駅に到着。ここで、次に乗り換える列車まで時間があるので散策することとします。
18きっぷ旅行ではよく通るけど大抵素通りの一ノ関。でも駅周辺には飲み屋ばかりです。
15分くらい歩いたところにブックオフがあったため、暇つぶし用の本を4冊くらい購入しました。

P6160412.jpg

さあそんなに待ったうえで乗るのはこちら!ジパング平泉号です!

P6160415.jpg

外側を向いた座席!701系区間であってもこの列車なら快適に盛岡まで移動できます!

P6160422.jpg

快適に盛岡着。

P6160421.jpg

そして1年ぶりの山田線に乗車!

P6160425.jpg

浅岸で下車!どうせ暗いので、ホテルでずっと寝てようかとも思いましたが、夏至なので19時過ぎまで明るいようなので来てみました。
でも暗かった。。
ただここは隣の駅で交換なので、すぐに帰りの列車が来てくれるのが嬉しいです。
駅ノートに何かを書き残し、盛岡へ戻ります。
これで牛山さんの秘境駅トップ10のうち、尾盛・八ツ森・赤岩を除く7駅を制覇しました。
プレイピア白浜が廃止されたうえに、秘境駅の冬季閉鎖が相次いでいるため、JR東日本としては八ツ森駅もまもなく廃止でしょうか。
今度駆け込み訪問してみようかな。

P6160418.jpg

スーパーホテル盛岡泊。学割で3500円くらいでした。

(2013.7.16投稿)

被災地訪問・3

2013年6月17日(月)

スーパーホテルなのでしっかりと朝食をいただいてチェックアウト。スーパーホテルのバイキング朝食は他のホテルより食べ物の幅が広い気がします。

P6170443.jpg

盛岡8:44発、快速はまゆり釜石行き。

P6170447.jpg

そして指定席に乗車。完全なる貸切でした。快速はまゆりは指定席以外は通常のシートだと思っていたのですが、今回は自由席もリクライニングシートでした。
でもまあ、指定券を購入すると記念にもなるし、指定席は自分しか乗ってなかったから完全なる貸切だし、これはこれでいいかな!

釜石線は土日きっぷでほぼ全ての区間を乗っていたのですが、花巻~新花巻のみ未乗です。それならいっそのこと、快速でゆったり全区間乗るかということでゆったり乗車しています。

P6170456.jpg

国道沿いを車と競い合いながら行く路線という印象でした。国道沿いから唯一外れるのが上有住。
高校生のときに降りたなあ。でも洞窟が営業時間外で残念だったなあ。

P6170467.jpg

釜石駅に到着。釜石駅まで復旧していない三陸鉄道の駅は開いていて、軽食が売っていたりグッズが売っていたりバスの時刻が明示されていたりしました。

P6170472.jpg

そして僕はバスで三陸鉄道の駅をめぐろうと思い、バス停へ。
しかし、路線図はなく、ただ行先と時刻が羅列されただけの紙が貼ってあります。
地元民しか絶対に分かりません。この中で三陸鉄道沿いに走るバスは一部。
私は事前に調べておいたので、正解のバスに乗り込む。

P6170476.jpg

釜石の隣駅、平田駅に近い上平田停留所で下車。

P6170480.jpg

こちらが平田駅。電車に乗るには階段を上らなくてはいけません。
バリアフリー皆無。ここだけ見るとバスの方が嬉しい人もいるかもしれません。
運賃は200円だったかな?そこまで高くない。しかし路線バスの情報ってネットにほとんど上がってないからちょっと冒険できていいね。

P6170486.jpg

平田駅ホームからの眺め。高台なのでよい景色。駅自体に津波の被害はないですが、線路が多少歪んでいました。

P6170507.jpg

続けてバスに乗車し、平田の隣の駅である唐丹駅前で下車。ここまでも200円くらい。

P6170514.jpg

こちらが唐丹駅。先ほどの平田駅は駅ホームに入れましたが、こちらは復旧工事真っ最中です。
現在南リアス線は釜石~平田~唐丹~吉浜の4駅間のみ運休しており、来年に復旧する予定です。
こんだけ工事をしていればすぐに復旧しそうなのに来年になるとは、工事も奥が深いのだろう。

P6170537.jpg

駅に入れないのでは見るものもないので、隣の停留所まで歩きます。
こちらは荒川停留所。ここまで来るバスは多数ありますが、ここより先へは1日4本しかありません。
この1日4本のバスを待つまで時間があったので平田と唐丹の訪問が叶いました。
あとはここで吉浜駅に向かうバスを待つのみです。
ここの付近は新道を作る工事をしており、トラックがたくさん通ります。トラックを誘導する係員もバス停の近くに立っていました。
私はバス停で1時間ほど読書でもしながら時間をつぶします。

さあ、やっとバスが来ました。
乗ろう。私は立ち上がりました。

バスは剛速球で通過。

俺「・・・。」

えええええええ。
私は一瞬で色々と考えました。

1.次のバスまで待つ
2.バス会社に苦情の電話を入れて代替案を提示してもらう
3.タクシーを電話で呼ぶ
4.吉浜駅まで歩く

1案はダメです。次のバスまで待つと時間的に家に帰れなくなります。
2案はどうか。電話しようかとも思いましたが、きっと次まで待てと言われるまでだろうな。
3案は。まあ2000円くらいかかるかもしれないが、計画を狂わせないにはこれか。しかし唐丹駅前にはタクシー会社はなく、一番近いのは釜石とのこと。私は普段タクシーを使わないので、タクシーを呼ぶといくらかかるか分かりません。
もし釜石駅からのメーターが回った状態できたら。恐ろしい。そんな値段では来ないだろうけど、お迎え料って実際いくらなんだろう。。
4案。そう、実際吉浜駅までバスで行ってもその先の三陸鉄道の接続が悪いので、ここから吉浜駅まで徒歩90分かけて歩いても乗り換えは間に合います。
まあ徒歩でしか見えない景色もあるし、これでいくか!
歩行開始。
20分くらい歩いたところで。
長大なトンネル出現。歩道なし。工事の関係でトラックがバンバン通る。

俺「いや無理だろ」

5.ヒッチハイク
僕にそんな勇気はありません。
もしここで引き返したら今日中に帰ることはできるか?時刻表をめくる。あ、帰れる。

今度は誤通過されないように荒川停留所よりも先の唐丹駅前停留所まで歩き、そこでバスを待つ。
下手にトンネルまで歩いたせいで1時間くらいバスを待つ結果となったがいいでしょう。
もうあまりにもショックだったのでここから何も写真をとっていません。

さあ釜石駅に帰るバスが見えた。今度は誤通過されないようにバスの動きを見つめます。
ちゃんと停車してくれた!バスに乗れる!乗った!やったー!帰れる!!

釜石→花巻→一ノ関

そこからは電車で一ノ関へ。帰りの夜行バスは一ノ関から乗ります。
本来の予定が、吉浜→盛→一ノ関だったためです。
しかしバス誤通過のせいで意味もなく一ノ関でバスを待つ。こうなるなら盛岡から乗りたかった。
ここでも3時間くらい待ってやっとツアーバスに乗車。
ここからは何事もなく自宅に帰りました。
1日の半分くらいがバスを待つ時間に費やされたよ。
バスは必ずしも停留所を注視していないということが身に染みて分かった旅でした。

20130620_20130808192726ce2.png

現時点での乗りつぶしマップ。今回の旅行により、東北ローカル線パスエリアは男鹿線・岩泉線・大船渡線のみを残す形となりました。
バスに乗れたら大船渡線にも乗れたのですが、これは旅のアクシデントはつきものだと割り切るしかないね。
乗車キロ:15023.9キロ(+154.8)
乗車率:75.188%(+0.775)
この旅行で15000キロと75%という2つの大台を突破しました。つまりJR全線の3/4を乗ったということです。
次の目標は4/5である80%だ!しかし3日間かけて旅行しても1%すら増えないというのは乗りつぶしの難易度を感じさせます。
(2013.8.7投稿)

北海道完乗・1

2013年6月25日(火)

ある日、唐突にこんな切符が発売されました。
「エアアジア道東フリーパス」
新千歳空港までエアアジアの航空機で来た方にのみ、5日間15000円で特急も乗れるフリーパスを発売します。
とのことです。
ちなみに札幌→釧路→網走→札幌と道東を回って帰ってくる企画券である「ぐるっと道東Vきっぷ」は15500円です。
そもそもこのエアアジア道東フリーパスは1日あたり3000円。18きっぷは1日あたり2300円。
使えるエリアは狭まるとはいえ、18きっぷに700円プラスしたら特急も乗っていいよと言っているような切符です。
このくらい熱く解説したくなるくらいエアアジア道東フリーパスは安い!
そして私はJR全線乗りつぶしに向け、北海道内の乗っていない路線を確認してみます。
なんと、北海道内の未乗路線は全てエアアジア道東フリーパスの範囲内でした!
これは使うしかない!と思い立ったら既に飛行機を予約していました。

P6250550.jpg

やってきました空港第2ビル。高2の修学旅行のとき以来です。当時はなぜか検問をした覚えがありませんでしたが、今回はしっかりありました。検問。まあ身分証を呈示するだけですが。
成田1130→新千歳1325の便に乗ります。
飛行機なんて滅多に乗らないし、スカイマークは数回利用したことがあるもののLCCは初なので全く勝手が分かりません。
チェックインの機会が押しても反応しないので係の人に操作方法を聞いちゃったよ。恥ずかしい。
スクリーンセーバー的な画面が表示されていたのでどこを押してもいいのかと思ったのですが、touchって書いてある部分に触れなくてはダメでした。
レシートのような搭乗券を受け取り、ここでまた悩む。
このチェックイン機の横にあるゲートを進んでいいのか?それともまだなのか?止められても恥ずかしいし。
と思っていると、後から来た人がゲートを通過して行ったので自分も続きました。

P6250552.jpg

ゲートをくぐると、このような広い待合室が現れるのでここでしばらく待ちます。

P6250553.jpg

次にこのようなバスで飛行機に向かいます。

P6250556.jpg

飛びました!しかも、LCCは座席指定に追加料金がかかるので指定しなかったのですが、それでも窓側をゲットできました。
飛行機からの景色なんてめったに眺められないのでいいものです。

P6250561.jpg

しかし座席はまさにツアーバス並みの狭さ。もしくはツアーバス以下かもしれません。
とはいえ、これで約5000円で成田→新千歳を移動できるなら喜んで乗ります。
そしてLCCなので遅れないか多少不安でしたが、見事に定刻で到着。

P6250563.jpg

まあ僕は腹が減ったので新千歳空港の吉野家で牛丼を食べます。僕が一人旅をすると食費が勝手に削られるので面白いです。
食事を終え、みどりの窓口でエアアジア道東フリーパスを購入。少し並んでいましたが、難なく買えました。

P6250566.jpg

時間に余裕があるのでスーパーカムイのエアポートに乗車。
そしてすぐに南千歳で下車。

P6250570.jpg

そしてここから未乗である石勝線夕張支線、夕張行に乗り込みます!

P6250580.jpg

南千歳1432→夕張1611
終点夕張に着きました。この夕張支線、北海道のローカル線らしくほぼ何もない草原を走り抜けていきました。
財政破たんで有名な夕張ですが、夕張市内のJRはそれなりに乗客がおり、夕張駅前の店も賑わっていたのが印象的でした。

P6250584.jpg

滞在時間が少ないのが残念ですが、来た列車で引き返します。
夕張1619→新夕張1641

P6250597.jpg

P6250598.jpg

新夕張には何度か降り立ったことがありますが、その全てが雪の季節です。
夏に北海道に来るのは実はこれで2回目だったりします。
私が知っている北海道とはまた違う景色が見られるのがまた楽しい。
今まで気づかなかった神社が駅の近くにあったので見学しました。

P6250620.jpg

今回の旅はここからが違う。特急に乗れることが違う。
スーパーとかち8号に乗車!
新夕張1739→札幌1843
石勝線の特急は割と混む印象があるので自由席に座れるか不安でしたが、杞憂でした。

P6250623.jpg

札幌に到着。そして私は鉄道とは別の訪問したい場所があります。

P6250624.jpg

ラーメン二郎札幌店です。JR乗りつぶしと並んで、二郎全店制覇にも挑戦しています。
小ラーメンをいただきました。おいしかったです。これで残すは栃木街道店の1店舗のみです。
ここからヨドバシでデジカメのレンズキャップとイヤホンを買い、ブックオフで暇つぶし用の本を5冊くらい買うという現地調達ぶりを発揮したのち、宿泊施設へ。

P6250626.jpg

すすきのにあるスパ・サフロに泊。なんと1980円です。カプセルなら普通か。
やはり大都市は安い宿泊施設があるから良い。しかしすすきのなので、路上で盛り上がってる若者の叫び声がいつまでも聞こえてきたのが面白かった。

(2013.8.12投稿)

北海道完乗・2

2013年6月26日(水)

今回使用しているエアアジア道東フリーパスは特急乗り放題なのでなるべく特急に乗りたい。
様々な特急を乗りつくしてみたい。

P6260633.jpg

札幌から臨時特急フラノラベンダーエクスプレスに乗車します!滝川~富良野間が未乗なのですが、ここを特急で乗り潰すことができます。

P6260630.jpg

座席は普通のクロスシートと、このようなボックスシートがあります。そして2階建て車両だとボックスシートです。
私はもちろん2階建てボックスシートを選びました。しかしこれが失敗だった。
平日なのにやたら混んでる。どうやら外国人観光客が多いみたいです。自分のボックスも相席。
普通のクロスシートならいくら混んでても足を伸ばせるのですが、こちらはそうもいかない。狭い2時間でした。

札幌906→富良野1103

P6260632.jpg

P6260643.jpg

終点富良野で3分の接続でこちらに乗り換えます。そう、最長普通列車です!
本当は全区間最長普通列車に乗って、釧路で乗車証明書をもらう旅もいいかなと思ったのですが、さすがに特急に乗れる切符でそれをやるのは勿体ない。
最長普通列車に一部区間で乗車する旅としました。
にしても北海道の普通列車は遅い。落合駅で20分程度停まりました。
路線図や時刻表だけ見ると、ここで長時間停車する意味に悩みますが、地図を見ると落合駅を出て少し走った時点で石勝線と合流するため、落合の時点で待ち合わせが必要な訳です。
というのに私は地図を見て気づいたのですが、近くに座っていた鉄道ファンっぽくないカップルの男性は普通に最初から知っていてびっくりしました。

富良野1106→新得1246

P6260648.jpg

P6260649.jpg

新得で下車。北海道の重心地らしいです。ここも雪の季節にしか訪れたことがありません。
ただSLの静態保存は前回見たことだし、近くのセイコーマートで弁当を買って昼食にしました。

P6260662.jpg

駅に戻り、次に乗るのはスーパーおおぞら5号!
混んでいるのか不安でしたが、新得の時点ではすいていました。しかし、意外なことに次の帯広で満席。
平日の昼間でも乗る人が結構いるのにはびっくりです。

新得1346→釧路1544

P6260666.jpg

釧路からは珍行先?である普通大楽毛行きに乗車。

P6260674.jpg

P6260675.jpg

そして終点大楽毛で下車。駅名がカッコイイので一度訪れてみたかったのです。
区間列車の終点なだけはあって、そこそこ栄えています。駅舎が役所の出張所としても使われていたのが新鮮でした。
駅名が平仮名で書いてあると「おたのしみ」みたいでいいね。

P6260682.jpg

折り返しの列車に乗り、新富士駅で下車。ここも駅名が明らかに静岡県なので一度来てみたかったのです。

P6260689.jpg

駅の裏に公園があるのでここで景色を眺めていました。

P6260700.jpg

そして釧路周辺駅めぐりの最終章は新大楽毛。この駅名に憧れる。
しかし駅自体は駅舎がなく簡素な駅でした。駅前にある学校から学生が帰宅している時間だったのですが、学生はみな1人1台で車に乗り、交差点で停車中に窓から顔を出して前後の車と会話していたのが面白かったです。

P6260705.jpg

そして新大楽毛から乗るのはいつぞやの最長普通列車!追いつかれた!

新大楽毛1729→釧路1739

P6260706.jpg

10分間の乗車で釧路に到着。釧路支社のサイトを見ると、
”2429D到着時に釧路駅の改札係員に「全区間に有効な乗車券」をご提示のうえ、「完乗した旨」をお申し出ください。「2429D完全乗車証明書」をお一人様につき1枚お渡しいたします。”
と書かれています。ということはエアアジア道東フリーパスを呈示すれば完乗証明書が難なくゲットできてしまう!
しかし完乗したわけではないのでさすがに貰うのは辞めておきました。改札口を少し眺めていましたが、誰も完乗証明書を貰っていなかったので本日の完乗者はいない模様。
さすがに18きっぷ期間じゃないと乗らないよな。

P6270710.jpg

本日の宿はホテル946。なんと楽天スーパーセールで1泊2100円でした。
昨日のすすきののカプセルとほぼ同じ値段でシングルルームに泊まれるとは感動です。

(2013.8.24投稿)
プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。