富士急線

2012年10月12日(金)

10月13日。この日は彼女の誕生日です。
ですが諸般の事情でその前日である10月12日!この日に誕生日パーティを兼ねた旅行にでかけることとします!
朝。横浜線の某駅にて集合し、八王子へ。

IMGP4299.jpg

そして誕生日なので豪華に特急に乗ってしまいます!!
かいじ103号に乗車。自由席はガラガラってほどではなく、そこそこの乗車率でした。

IMGP4306.jpg

そして早くも大月で下車!八王子~大月なら40.4キロなので500円で特急に乗れます。これがもし立川~大月で乗ると50.3キロなので900円になります。南武線沿線の方は大月まで特急に乗る場合は八王子からがいいですよ!

IMGP4307.jpg

大月駅にてJRから富士急行に乗り換えです。
ここでフジサン特急フリーきっぷを購入。2200円でなんと2日間大月~河口湖がフリーなうえフジサン特急に乗れる割には富士登山電車には乗れないというすごい切符です!
さらに事前に電話で予約しておいたある券を購入。

IMGP4308.jpg

フジサン特急は早くも入線しています!

IMGP4314.jpg

我々が乗るのは!

IMGP4316.jpg

1室のみある個室です!先ほど大月駅にて個室券を購入したのです!1室1000円で個室を利用できるとは、かなりお得な気がしますが使う人は不思議とめったにいないんですね。
冷房がないため夏季は閉鎖だそうで、この10月中旬という環境で室内の気温はどうか!?と不安でしたが、ちょうどよく快適でした。
2人で利用するにはなかなか広くて椅子も座り心地がよく、なかなか快適なところです!

IMGP4325.jpg

富士山駅で下車。ここから歩きます。

IMGP4320.jpg

国道139号ぞいの吉田うどんの店で肉うどんを食べました。
しかし!肉うどんは値段がけっこうプラスされる割に肉の量が少ない!普通のうどんをおすすめします。

IMGP4328.jpg

また歩いて富士山駅に戻ると、丁度よくフジサン特急がいます。
今回は工程をよく練っていないので本当にたまたま、2度目のフジサン特急に乗車することができました。

IMGP4330.jpg

今回は自由席です。自由席も元グリーン車なのでなかなか広々!フジサン特急は乗り得ですね!

IMGP4338.jpg

終点の河口湖にて下車。これにて富士急線を乗りつぶし完了!

IMGP4348.jpg

ここから歩いてカチカチ山ロープウェイに向かいます。駅から徒歩圏なうえ、フジサン特急フリーきっぷを使えば少し安くなります!

IMGP4369.jpg

このよくわかんないロープウェイで上へ!これも楽しいものです。

IMGP4353.jpg

多少くもってますがいい景色です。富士山も見えるし。

IMGP4355.jpg

かわらけ投げとかいうのがあります。100円?でこの2枚の皿を購入。

IMGP4357.jpg

所定の位置から投げ、鳥居についてる輪っかを通れば君はラッキーだよ!というものです。
1投目:早くもクリアー!!俺はラッキーだ!
さあ2投目どうしよう。仕方ないので速球を投じてみました。
粉々に皿は砕け散りました。これもまた楽しくてよい。

IMGP4363.jpg

しかも猿がいました。相当な山奥なんだな。その辺で猿を見るのは保津峡駅以来だ。

適当な時間でロープウェイを下り、ローソンでおでんを食べつつ河口湖駅へ。

IMGP4372.jpg

さあそして最後に乗るのは展望車!

IMGP4376.jpg

こんな座席です!

IMGP4375.jpg

こんな景色です!
なんと100円の追加でこんな座席をゲットできるのがフジサン特急のすごいところ。
しかも今日は一日にして個室→自由席→展望車という全種類の座席を制覇しました!

IMGP4391.jpg

3月の特急南紀に続き2度目の展望席だ!しかもこの列車は富士急ハイランド→富士山は後面展望ですが、富士山駅にて進行方向が変わり、富士山~大月の区間は前面展望となります!
列車の向きは事前には分からず、運に任せるしかないので自分の乗る便が前面展望でよかった!いい誕生日だ!

IMGP4393.jpg

最後は大月→八王子→鴨居ときました。
ラケルにてオムライスをいただきました!高級感があっておいしくていいですね!
いい一日でした!

(2012.12.8投稿)

鹿児島巡検・1

2012年10月15日(月)

私の所属している学科である地理学科。3年次に必修でゼミがあります。
そして、ほとんどのゼミが3~4泊くらいで現地調査に行きます。
3年次ゼミの1年間の流れとして、現地調査計画をたてる→現地調査→報告書作成という流れとなります。
我々のゼミはせっせと10月の頭くらいまで綿密に調査の計画を練っておりました。
そしてちょっと微妙なまま練り終えることができました。
さあ、いざ現地調査をする土地へ!

IMGP4397.jpg

朝6時半。川崎駅。本日は羽田空港から飛行機に乗ります。
京急川崎から羽田空港へは京急で行くと400円かかります。
ところが京急バスだと270円で行けます。ただし、時間は倍以上かかります。
まあせっかくだし、節約になるし、長時間バスに乗れるし。
と、頑張って早起きして乗ってみました。
川崎駅の東扇島方面へ行くバスは7時前だというのに長蛇の列となっていました。もっと増便してあげてよ、というか川崎~東扇島は鉄道交通でもやっていける気がしてならないのですがどうでしょう。
私の乗る羽田空港行は川崎から乗る人は3名。まあそんなものです。
バスのため所要時間が読めず、かなり早く出てきましたが結果、所要時間45分で到着しました。

IMGP4402.jpg

羽田空港に到着。7時15分。乗る飛行機は9時5分。暇だ。
とりあえず搭乗受付は始まってたのですませます。窓際の席ラス1をゲットしました。
飛行機鑑賞するも、機数が少なくて面白くない。
やることないのでゲートをくぐり、ロビーみたいなところへ。
ここでゼミの友人を発見。
ゼミ生は4人います。現地集合なのですが、特に一緒に行こうという話も出ず、全員好きなように現地に向かっています。
なのでここで1人発見できたのはけっこうラッキーです。
現地調査に関する不安をぶつけ合いながら搭乗の時間を待ちます。

IMGP4403.jpg

やっと搭乗。席はもちろん別々なので一旦解散。ここから鹿児島空港に向かいます!
久々の飛行機なのでなんだか緊張しますね。墜落しないかちょっと不安になります。

IMGP4409.jpg

無事に飛びました。ここは横浜あたり。

IMGP4422.jpg

これが多分富士山。雪が見えませんが。もしかして違う山だったかな。

IMGP4430.jpg

静岡県あたりから寝てしまって気づいたらもう九州。
この羽田~鹿児島線は終始陸地に並走するっぽいのでなかなかいい路線だと思います。今度はもっと起きて乗りたい。

IMGP4433.jpg

鹿児島空港に到着。乗ってきたスカイマークの機体。
いやー今回のフライトはWEBバーゲン合戦に勝利したため5800円で来ることができました。
新幹線より、JRの運賃のみより、ツアーバス乗り継ぐより、はるかに安いです。
これより安く来るには18きっぷ2日分で宿泊費を1200円未満に抑えるしか手段はないです。
スカイマークは偉大だなあ。貧乏人でもPCに張り付いて一瞬で個人情報を入力さえすれば5800円で乗せてくれるなんて。

IMGP4443.jpg

こんな感じのバスに乗り、鹿児島中央駅へ。
本当は何とかして嘉例川に出て、肥薩線で向かうか、せめて国分まで出て日豊本線で向かうとか、鉄道に乗りたかったのですがバスの時間が合わなすぎて叶わず。
しかも鹿児島中央に行くバスも直行が目の前で行ってしまったので直行しないのに乗り、少々タイムロス。

IMGP4445.jpg

やってきました鹿児島中央!2008年7月以来、実に4年3か月ぶりに訪問!!
観覧車があるのがナウいね。

IMGP4447.jpg

ってえー!?
鹿児島本線が脱線して運休しています。
私は特に影響がありませんが、学生の中にはJR線の駅に関する調査をする人もいるので、無事に復旧するのだろうか。

IMGP4448.jpg

とりあえず駅のコインロッカーに荷物を預け、ジョイフルで昼食。
九州はジョイフルがたくさんあっていいですね!私のベストファミレスは断トツでジョイフルです。
ジョイフルが近くにある場所を訪れたらほぼ確実にジョイフルに寄っている気がする。

IMGP4450.jpg

飯を食ったら適当に市電に乗車。

IMGP4453.jpg

そして桜島フェリーに乗ります!

IMGP4460.jpg

あっという間に桜島。私は桜島のバスに関する調査を行うので、下見に来たのです!

フェリーターミナルを出ると、タクシーの運転手さんが話しかけてきました。
運転手「お兄さん観光かい」
俺「いや違います」
驚いたことでしょう。じゃあなんなんだよという。
俺「バスの営業所ってどこでしょうか?」
運転手「営業所ならそこだけど。。」
と、不審そうにしながら教えてくれました。
営業所に挨拶に行きました。

俺「こんにちは、水曜と木曜に調査させていただきます○○と申します。」
所長「え?そんなの聞いてないよ?誰が誰に許可とってるの?調査するんであっても運賃は払っていただくからね。あとアンケートの内容も事前に見せてもらうからね。」
終わった!調査できない!しかもこの人こわそう!
俺「いや、先生が交通局の職員の方に許可をとってるはずなので私は詳しいことは分からないのですが。」
所長「では先生の名前を教えてよ。私からも交通局に確認とってみるから。」
俺「はい、わかりました。お忙しいところ申し訳ありません、失礼しました!」

と、先が不安になるなかとりあえず営業所を後にして、桜島内を散歩してみました。
10分くらい歩くとどこからか電話が。

俺「はいもしもし」
電話「鹿児島市交通局の○○と申しますが、営業所の方にいらっしゃったそうで。話は聞いていますので大丈夫です。ご安心ください。」

よかったー!とりあえず許可はとれていたそうで。しかし調査2日前なのに営業所に伝わってないとは、俺が挨拶に行ってなかったらどうなっていたんだろう。

IMGP4463.jpg

とりあえず桜島内を走るバスに乗ってみたかったのですが、次のバスまで時間があったのでフェリーターミナルから1停留所歩いて方崎停留所で待ちます。
にしても、片方の車線にしか停留所のポールがない方式なのには驚きました。
このような方式のバスがあるという話は聞いていましたが、けっこうな田舎に何度か旅行に行っても1度もこの方式のバス停に出くわしたことがなかったからです。
自分はポールがない側に向かうバスを待つのですが、とりあえず進行方向の歩道で待ちます。これで正解のはず。

IMGP4470.jpg

郵便局があるので、彼女に風景印で手紙を送ろうと考えていました。
しかし郵便局の最寄りの停留所が分からない!Googleマップと格闘しながら勘で降りてみました。
大久保停留所で下車。
結果は・・・ハズレ!
あと1つ先でした!まあ1停留所くらいならいいウォーキングになるので歩き。
郵便局に到着。風景印で郵便を頼みました。
この風景印も、課題のために何も書いてないハガキに押してもらって持ち帰ったことはありますが、このまま郵送するのは初めてなので、どうしていいか分からず押印してくれるところを見届けたほうがいいのか立ちすくんでいました。
そうしたら局員さんに「送っておきますのでこれで大丈夫ですよ」といわれました。
どんな絵柄が押されるかは見届けられないらしい。

IMGP4468.jpg

こちらが郵便局に向かうには正解となる武登山口停留所。
こういう手探りの旅も楽しいものです。
桜島港に帰るバスを待っていると、学校から帰る小学生が「こんにちは」と挨拶してくれたのにはびっくりしました。
川崎じゃありえません。独自の慣習が根付いているのが分かります。

IMGP4477.jpg

無事にフェリータミナルに帰還。
とりあえず営業所に再度あいさつに行きます。
所長「先ほど市役所の方から電話ありましたよね。水曜と木曜で。担当の乗務員にも伝えておきますので。よろしくお願いします。」
さっきはかなり怖そうだったのに、いきなりかなり優しくなってびっくりしました。
そりゃあいきなり変な若者が営業所に乗りこんで来たら警戒するわな。
とりあえずなんとかなったことだし、鹿児島港に戻ります。

IMGP4487.jpg

市電で今度は天文館で下車。
集合時間までもう少し時間があるので、ゲーセンにでも寄ります。
DrumManiaXG3が100円2クレというすさまじい設定の店があったので、ここで何クレか遊び。

IMGP4765.jpg

集合場所となっている東横イン鹿児島中央西口に到着。
なんとここに4泊します!
1泊は10ポイント貯めた特典の無料券を使い。2泊はeco連泊プランで300円引き。
金欠に悩んでいた俺ですが、4泊で13590円の支出に抑えました。
先生が宿を決めたのですが、東横インにしてもらえてよかった!無料券がここで大活躍。

そして夕飯も再びジョイフルに出向き、適当な時間に就寝。

(2013.1.6投稿)

鹿児島巡検・2

2012年10月16日(火)

1日目は現地に集合して、明日は朝8時くらいにホテルのロビーに集合ねって先生に言われて解散しただけでした。
さあ今日は2日目。ここからが巡検の本来のプログラムが始まります。

とりあえず集合より前に東横インの朝食をとるかと思ったのですが、眠かったのでギリギリまで寝ました。
東横インというとどうしてもおにぎりと味噌汁という貧相なイメージしかないので、朝の眠い状態で朝食を食べるか、もう少し寝るかという選択を迫られるとほぼ確実に寝てしまいます。
ちなみに俺以外のゼミ生は朝食をきちんと食べたようです。1年半くらい毎朝6時起きしてた割に朝に弱い俺。
朝食はとてもおいしかったそうで。ここで初めて東横インの朝食がまずいという時代は終わったことに気付きました。
もっと早く気づくべきだったな!
ホテルのロビーに8時半くらいに集合し、皆で鹿児島市役所へ。

鹿児島中央駅前→市役所前

IMGP4496.jpg

市役所の職員さんから交通政策などについてのお話を伺いました。
学生は1人1回以上質問をしなさいと先生から言われていたのですが、同行している研究員の方が、色々と意見を述べていたのに釣られて、自分も質問ではなく鹿児島市交通局の改善できそうな点に関する意見を述べてしまいました。
ちょっとやってしまったなという気がしましたが、特に怒られなかったのでよかったです。

IMGP4499.jpg

市役所でお話を伺ったあと、いったん解散し、各自昼食をとって交通局に再集合です。

IMGP4502.jpg

市役所と交通局の間で飯といったら天文館かなと思って来てみました。
しかし、あまり飲食店がない。
そして時間がほとんどない。
結果、吉野家となりました!安いしすいてるし便利だ!

IMGP4578.jpg

天文館通→交通局前

天文館から路面電車に乗ったら先客に先生方が乗っていました。同じ集合時間で時間がギリギリだったらそうなりますよね。
交通局で下車。
先ほど訪問した市役所と比べ、交通局はあまりにも建物が古いのに驚きました。
しかし、近いうちに交通局は移転するのでこの歴史のある建物が使われるのもあとわずかです。
こちらでは交通局の職員さんに主に財政についての話を聞きます。
が。なんか眠くなってきた。寝るわけにはいかない寝るわけにはいかない。
なんとかしのぎます。船をこぐという状態で。みんなに気付かれてないといいな。
こちらでも学生は1人1回以上質問をしろとのことだったのですが、会議室の利用時間が迫っているようで、自分は質問せずにすみました。
話を聞き終わったあと。
友人「寝てたでしょー」
気づかれてた。正面には交通局の方。絶対に気付かれていたことでしょう。申し訳ない!
しかし先生や院生の方々からは寝てたことを指摘されず。一番気づかれちゃまずい方たちからは気づかれずにすんだか!?危ないところだった。

IMGP4509.jpg

その後は交通局内の施設を見学させていただきました。
ラッピング電車の多いこと多いこと。何種類あるやら。
散水電車を見せてもらったり、工場みたいなところを見せてもらったり、変電所を見せてもらったり、大学の授業で来ないと見られないものを見ることができました!

ここで本日のプログラムは一応終了。ここからは先生が考えた公共交通の見ておきたいスポットめぐりです。

IMGP4581.jpg

交通局前→郡元

ここは歩道橋からの景色もいいですし、ジャンクションみたいになっているポイントもよく見えます。

IMGP4599.jpg

郡元→南鹿児島駅前

バリアフリーについて調査する学生がいるのですが、この駅はスロープがあるのにスロープが狭くて急だ、とのことで見てみました。確かにその通りでした。

IMGP4605.jpg

南鹿児島駅前→谷山

日本最南端の電停という名目のモニュメントがあります。
ここは路面電車→バスへの乗り換えがよくできている例だそうです。

IMGP4617.jpg

谷山(鹿児島市交通局)→(バス)→谷山(JR)

なのでバスを利用してJRの谷山駅へ。距離はそこそこありますが、わずか1停留所でした。

IMGP4620.jpg

個人的に最もツボだったのがここ。工事中のため、駅構造がすごいことになっています。
降りると奈落に落ちる階段。利用者は降りる階段を間違えないようにする必要があります。

IMGP4625.jpg

谷山→宇宿

1駅だけJRに乗ります。学生の帰宅ラッシュに当たり、ものすごい混雑でした。

IMGP4627.jpg

脇田→郡元→鹿児島中央駅前

戻ってきました。

ここで運よく、ボランティアでバスの案内をしている方の話を聞くことができました。

あとは昨日に引き続きジョイフルで夕食。明日に備えて寝ることとしました。
ここまでは気軽なプログラムですが、明日から2日間は現地調査です。
うまくいくか不安です。なかなか眠れませんでした。

(2013.1.19投稿)

鹿児島巡検・3

就活で全然書けなかった。。内定は出てないけど落ち着いてきたのでちょくちょく書いていきます。

2012年10月17日(水)

今日から2日間、学生は各々の設定した課題について現地調査をします。
朝5時に起床。5時25分にホテルのロビーに向かいます。
おそらくゼミ生のなかで一番早い時間から調査に向かったのが自分でしょう。
さらに、院生の方が私の調査の手伝いをしてくれるとのことで、わざわざ5時25分にロビーに集合してくれました。

しかし院生の方と話したことはほとんどなく、ぎこちない感じでの出発となりました。
鹿児島中央駅5:39発の宮崎神宮行に乗車。レア行先なので写真を撮りたかったものの、うちとけてない院生の前でそんなことできませんでした。
鹿児島駅に5:43着。そして港まで10分ほど歩き、鹿児島港6:00のフェリーに乗ります。
市電の始発がもう少し早ければ市電で港まで行けたのですが・・・、しかし、JRが朝早くから動いていたことに感謝しましょう。この時間のフェリーに乗れなければ私の研究は意味をなさないのです。
桜島フェリーの運航時間は約15分となっていますが、実際には17分ほどかかります。
そういえば始発の日豊本線はそれなりに乗客がいました。
そしてフェリー。こちらも若干ですが乗客がいました。動いてれば客はいるんだなあ。
6:17に桜島港着。これがもう少し運行時間が短ければ、次の船でも間に合ったのですが。。
時間があるので営業所に挨拶に行きました。一昨日挨拶した職員さんがいらっしゃいました。
ベンチで20分ほど待ち、6:45のバス、東白浜行に乗車します。
しかし、乗客はゼロでした。そもそもバス車内にラジオがかかってるし。運転士のドライブなのかこれは。

IMGP4643.jpg

乗客ゼロのまま、終点の東白浜に到着。ここから、私が調査する70系統・桜島代替線に入ります。
簡単に説明すると、桜島港からここ東白浜まではそれなりに栄えていて、バスの本数も多いです。
しかし、この東白浜から先は過疎地域となっており、バスの本数も激減します。
そして怪しげな路線名、桜島”代替”線。この路線の乗客の動向はどうなっているのか?気になる!調査しよう!
ということで、私は調査のフィールドを選んだわけです。

肝心の調査方法はというと、1日10往復くらいあるバスに乗り続けます。朝7時から夜7時まで。
そしてお客さん全員に対して事前に用意したアンケートをとります。
それに加えて、各々がどこで乗ってどこで降りたかを記録します。

IMGP4641.jpg

乗るのはこんなバス。本当はもっと小型のバスを使用していたんだけど、このバスが使い道がなさすぎて放置しとくのもまずいから先週から午前はこのバス、午後は小型のバスで運行してるんだって。

乗車。もちろん乗客はいません。運転士さんに挨拶をしました。
鹿児島は方言がきついのですが、標準語で丁寧に話をしてくれました。
さらに、自分らしか乗客がいないのに曲がります等のアナウンスや、次は○○ですという案内板の操作もきちっとしていました。
乗客はゼロ行進かと思ったら、途中の停留所で最初のお客さんが乗ってきました。
中学生です。通学に使ってるそうです。めっちゃおどおどしてます。
乗客全員に私はアンケートをとるので、頑張ってぎこちなくアンケートをとります。なんとかとれました。
さらに次の停留所で小学生が4名乗車。うわあ頭パンクしそう。誰に話しかければいいんだえええ。
院生「小学生のみなさん、おはようございます。今日は、このお兄さんがちょっと聞きたいことがあるそうなんだけど、手伝ってくれるかな?」
うおおおお!!!イケメンすぎるよ!!さすがプロ!!!
この一言のおかげで、小学生たちは警戒心を解いて打ち解けてくれて、色々な話をしてくれました。
そんな感じで1本目のバスの調査終了。
なんだかんだで午前中は最低1人は乗客がいて、一応調査ができました。
院生の方とも、コーラが好きという共通点で盛り上がり、コーラを飲みながら打ち解けました。
このバス、めちゃくちゃ酔うんだよね。酔い止めなんて持ってないからコーラを酔い止めにするしかないんだよね。
割と酔い止めになりました!
そんな感じで午前の調査は終了。
この路線は午前中最後の便で桜島港に直通し、車庫に入ります。
そして1時間ほど間をあけて、乗務員も交代して、そして違うバスになって午後の部として戻ってきます。

IMGP4656.jpg

ちっちゃくなりました。

IMGP4660.jpg

車内もコンパクト。午後の部の運転士さんにも挨拶をしました。
しかし、午前の運転士に午後の運転士はどんな人か伺ったところ、
「俺の運転で酔ったんだろ?午後はもっと酔うよ。元レーサーだから。ちょっと怖い人かもね。」
こわっ!!
恐る恐る、「調査をさせていただきます、よろしくお願いします。」すると。
「ああ、聞いてるから。」
ぶっきらぼうだーー!午前の人帰ってきて!
そして午前の人は標準語だったのにこちらは完全に方言で何言ってるのかあまり分からない!
しかも乗客が乗ってても乗ってなくても次は○○ですの電光掲示板は5停留所分くらい連打して進めるという。こんな乗務員日本でも数少ないであろう。というかこの人だけなんじゃ。
でも色々と話して、なんだかものすごく仲良くなりました。
とてもぶっきらぼうな江戸っ子って感じです。
「なんでタバコすわないんだ!お前も吸えよ!」
「このへんに落ちてるドングリみたいな木の実うまいから。お前も食え!」
とか、直球勝負な感じが面白かったです。
ただ、午後は乗客ゼロの便が9本中4本とヒマでした。
そんな感じで午後の部が終了。桜島港に帰り、フェリー、市電と乗り継ぎます。

IMGP4676.jpg

市電を待ってると、花電車が来ました。
はたから見ると、華やかでいいね、って感じですが、実際目の前を通っていくと。
熱い。電球が熱を放っている!なんでこんな熱いんだよ!

とりあえずホテルに戻り、ロビーでミーティング。
俺が朝1番に調査を始め、そして夜は最後に調査を終えました。ハードだなあ。
どうやら他の人は東横インの朝食をとってから調査を始め、夕方に帰ってきて他の院生に夕飯をごちそうになった人もいたようです。いいなあ。

IMGP4681.jpg

俺はまだ夕飯を食べていない友人とここに来ました。
どう見ても餃子の王将ですが別会社の鹿児島王将です。

IMGP4682.jpg

確か入店するといきなり「餃子は?」と聞かれるので餃子を頼みます。
そして他のメニューも注文しようとすると、この伝票に記入しろと店員に促されました。
難易度が高い!!二郎を超えるね。
まあとりあえず餃子と天津飯で。
天津飯といえば塩ダレ派なのですが、塩ダレが存在しなかったので残念でした。

(2013.5.10投稿)

鹿児島巡検・4

2012年10月18日(木)

本日も昨日と同じ工程で現地調査をします。

IMGP4684.jpg

昨日は撮れなかったJRの写真。数少ない宮崎神宮行に乗ります。5:39。

IMGP4685.jpg

というかこの1本だけですね。宮崎神宮行。やっぱり九州は車両がカッコイイ。

IMGP4689.jpg

普通列車でこの座席だもんなあ。カッコいいなあ。

IMGP4691.jpg

鹿児島駅からスタスタ歩き、乗船口。朝早いなあ。

IMGP4694.jpg

新しい船でした!車内がきれい。そして乗ってる人昨日より少ないっぽい。

IMGP4696.jpg

フェリーターミナルに到着。一人なのでバスを待つのがヒマだなあ。
今日も営業所の所長さんに挨拶。所長さん毎日いて大変そうだなあ。

まずは東白浜行に乗車。昨日は乗客ゼロでしたが、今回は1名いました。
港で夜勤の仕事をしているそうです。この人はバスの運転士とずっとパチンコの話をしていました。

IMGP4710.jpg

そして本日もやってきた70系統桜島代替線。
なんと乗務員は昨日の午後と同じ方でした。昨日の午後から終車まで乗務して、さらに早朝出勤して昼まで乗務だそうです。
職場で寝泊まりできない分通勤時間がかかり面倒そう。

肝心の調査は、昨日アンケートに回答して下さった方が多かったため割と楽でした。
1件だけ、イタリア人観光客カップルが来てたので焦ってiPhoneの辞書で英語を調べてアンケートしました。英語通じてよかった。イタリア語だったら無理。
にしても、イタリア人って本当に英語ペラペラなんだな。イタリア人が英語を話せるっていうのは噂にはよく聞くけど、investigationと言ったら一発で分かってくれたのに感動した。
そういえば昨日は大阪在住の韓国人留学生が来てたし。桜島ってそんなに有名なんだな。しかも埋没鳥居に行く数少ないバスに!

そんな午前の調査も終わり。運転士さんに「飯どうすんの?」と聞かれて、決めてないですと答えると。
「そしたらラーメン屋があるから!そこで食いなよ!」

IMGP4735.jpg

ここ。

IMGP4732.jpg

メニュー・・・?

IMGP4734.jpg

入口・・・・・・??

入りづらくて退散しそうになったけど、頑張って入店。

店主「・・・、セールスか何か?」
俺「いやいや、ラーメン食べにきたのですが。バスの運転手さんに教えていただいたんですよ。大学でバスの調査してまして。」
店主「まずいよ。おなか壊すよ。いいの?」
俺「いやそんなことないですよ!ぜひ!」
店主「そうか、何にする?ラーメンでいいの?」
俺「はい!お願いします!」

・・・。
どんな店だ!!!

IMGP4733.jpg

出来上がったラーメンはけっこうおいしい豚骨ラーメン。作るときにレンジの音とか聞こえてきたけどおいしい。

最初は怖かった店主も、徐々に色々な話を聞かせてくれました。
店主は昔、足立区に住んでおり、26歳で鹿児島に戻ってきてトラックを運転してたらしい。
そして定年後の暇つぶしとしてラーメン屋を始めたらしい。
暇つぶしのためこの建物の家賃は0円らしい。
暇つぶしのため、常連のみしか受け入れず、昔は暖簾があったけど今は出してないらしい。中途半端に看板は出てるけど。
それでも新規の客が迷い込んで来たら、「今日はやってないんだよね」と言って追い返すらしい。
新規の客は相当久しぶりらしい。俺どんだけすごいんだよ。
すごい店に飛び込んでしまったな。でも、また訪れたい。
この桜島で一番の思い出になったな。この未知に踏み込む感覚。RPGみたい。

IMGP4747.jpg

午後の部。右側の小さいバスで調査再開。大きいバスにも黄色いのあるんだな。
午後からは院生・研究員・先生と豪華なメンバーが合流し、院生は午後から夜まで調査を手伝ってくれました。

午後は東京から来たカップルがなかなかお似合いでいい感じでした。

そんな感じで調査を終え。
調査報告のミーティングという名の食事会!
先生や院生からここでしか聞けないような話をたくさん聞けました。
60代の院生の方、公務員時代は新駅開業に関わったらしい。すげえ。。。

さらに一度乗ってみたかったアミュプラザの観覧車に乗車。
そして東横イン鹿児島中央西口で4泊目、最後の晩です。
これにて現地調査は終了。明日は各々帰宅します。

しかし!こんなところで帰ってはいられない!
東横インの友人の部屋で僕らは明日の計画を練っていました。ギリギリだな。
果たして起きることができるのか!

(2013.5.20投稿)
プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク