スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィークエンド・1

2012年5月26日(土)

神がかったきっぷ、「土日きっぷ」が廃止されたのが2010年3月。
その後釜として色々と改悪された「ウィークエンドパス」が発売されたのが2011年4月。
特急乗り放題の土日きっぷに比べ、ウィークエンドパスは特急券は別途購入。
価格は18000円vs8700円。
料金の部分が9300円を超えると土日きっぷの方が得ということになります。単純往復の場合で、そのラインはというと。
指定席利用なら東京~白石蔵王・仙台・古川で4810円×2=9620円。
自由席利用なら東京~くりこま高原で4820円×2=9640円。
そのほか、山形新幹線方面では指定席で米沢以北、自由席で天童以北で土日きっぷの方が得。
上越新幹線・羽越本線方面では指定席では新潟、自由席ではいなほにのった瞬間から土日きっぷの方が得。
上記のように、フリーきっぷなのに単純往復のみでも前身の切符の方が得という、改悪すぎるきっぷがウィークエンドパスです。
しかし!俺は気づいてしまった!あけぼのゴロンとシートの存在を!
上野~酒田の料金は3340円!これなら往復しても6680円で、デッドラインの9300円を超えません。
あけぼのゴロンとシートを使えばそんなに損じゃない気分でウィークエンドパスを使った旅行ができる!そうしよう!

旅行当日、早朝に彼女と集合し、東京駅へ。

IMGP2928.jpg

7時8分発のとき305号に乗ります。この後の行程としては40分後のMAXとき307号でも間に合いますが、305号はときなので200系です!
やっぱりせっかく乗るなら200系に乗っておきたい。しかもとき305号は通過駅がないのでゆったりと新幹線の旅を楽しめます。急いでいるわけではないので同じ値段なら長時間乗れた方が断然嬉しいわけです。

IMGP2935.jpg

ホームに上がってみると。おおっ!!!
旧塗装の200系K47編成がいるうううぅ!!
今まで、200系に1編成だけこの塗装が残っているのは知っていましたが、運用も定かではないので乗ったことはおろか、ホームで見かけたことすらありませんでした。
そのK47編成がいまここに!!嬉しすぎる!

IMGP2934.jpg

つなげよう日本、のロゴが入っています。

IMGP2947.jpg

車内です。やっぱり新幹線はいいなあ。

IMGP2961.jpg

上越新幹線内各駅に停車しながらとはいっても、あっという間に新潟に着いてしまいました。

IMGP2964.jpg

なんかホームに人だかりがあるなと思ったら。丁度SLばんえつ物語が発車する寸前でした。

IMGP2970.jpg

そして走り去っていきました。18きっぷでもウィークエンドパスでも乗れることだし、そのうち乗ってみたいな!

IMGP2971.jpg

我々が乗るのはこちら!快速きらきらうえつ!本来なら酒田行きですが、今日は羽後本荘行きとして延長運転される日です!
旅行の日程を決めた時点では羽後本荘行きだと気づいていなかったのですが、時刻表を見てみてあらびっくり。
1ヶ月に1度の羽後本荘行きという超ラッキー!

IMGP2973.jpg

入線してきました。きらきらしているなあ。

IMGP2992.jpg

海は綺麗だし。

IMGP2995.jpg

売店はカッコいいし。

IMGP3002.jpg

新潟発車時は混んでいましたが、途中で団体の方が降りたので一部の号車はガラガラになってました。

IMGP3011.jpg

3時間半ほどの乗車で羽後本荘に到着。酒田からさらに1時間も多く乗れるのですが、それを感じさせないくらいすぐに到着しました。

IMGP3012.jpg

羽後本荘駅員の方々もめったに延長運転されないので歓迎しています。

IMGP3025.jpg

羽後本荘駅。ウィークエンドパスは酒田までの有効なので乗車券は別途買ってあります。
この先、秋田を目指すのですが次の普通列車は約2時間後です。この2時間をどう過ごすか色々と考えていたのですが。
駅からちょっと離れたところに本荘公園というのがありますが、花が咲く季節でもないし割と遠いしなあ。。
本荘公園とは反対側である駅の東側、国道沿いにマックスバリュもあり店が多いようなのでとりあえずそちらに向かうことに。
ただこの羽後本荘駅、東側もそれなりに栄えているのに出口は西側のみで、東側に出るには大きく迂回しなくてはいけません。
これはそのうち橋上駅になって東口が新設されるであろう。横手駅みたいに。
駅南側の踏切を渡り迂回する形で東側へ。らーめん花月があったのでとりあえずそこで昼食にしました。

IMGP3030.jpg

IMGP3033.jpg

IMGP3034.jpg

駅に戻り、由利高原鉄道を見ておきました。3両編成で3両ともバラバラなラッピングなのが面白い。。
由利高原鉄道は数少ないタブレット閉塞なので乗っておきたい気持ちもありましたが、時間が中途半端なので乗らず。

IMGP3040.jpg

そしてやってきた普通列車に乗り、降りたのは岩城みなと駅。
割と新しめの駅で、海に近い、近くに道の駅がある、そしてもう一点。

WS000105.jpg

海に謎の埠頭が浮かんでいます。ここに行ってみたい!どうなってるんだろう!

IMGP3052.jpg

この橋から向かいます。

IMGP3059.jpg

こんな感じでした!!

駅に戻り、後続の普通列車に乗車、秋田駅に到着しました。
とりあえず宿にチェックイン。宿はコンフォートホテル秋田です。写真はとり忘れました。

まだ夕方なので適当に駅周辺を散策。でも行く場所がないので秋田にある数少ないゲーセン、ロックンボウルに行ったりしてました。
ここは思ったより狭かったですが、設置してあるゲームが自分の好きなものばかりだったのでいいゲーセンです。
夕飯ははなまるうどんというチョイス!バイトを辞めたので今は貯金があるけどこの先お金がすり減っていくという状況だったため、できるだけ節約しないと!

(2012.8.10投稿)
スポンサーサイト

ウィークエンド・2

2012年5月27日(日)

IMGP3098.jpg

ホテルを出て本日の目的地に向かおうと秋田駅へ。リゾートしらかみが停まっていました。
これももう一度乗りたい列車です。五能線まで行くのは遠いからな。北海道東日本パスで行くのが現実的か。

IMGP3103.jpg

我々が乗るのはこの味気ない701系です。

IMGP3105.jpg

降りたのは隣の土崎駅です。乗車券代がかかるのでそんなに遠くまでは行けません。

IMGP3106.jpg

ちょっと歩いていると、なんとSLが展示してある公園がありました!唐突に現れたSL!何事だ!
と思いつつ、立ち寄ってSL鑑賞しました。

IMGP3111.jpg

そのまま徒歩20分くらいの距離を歩き続け、セリオンへ。数年前にトリビアの泉に出ていたのを覚えています。

IMGP3117.jpg

無料の展望台からの眺めは透き通るような景色でした。

IMGP3130.jpg

帰りは土崎まで歩くのが面倒なのでバスで秋田駅へ。運賃は400円くらいと、電車の倍くらいかかりますがまあ楽なのでいいです。

IMGP3139.jpg

次に向かったのは和田駅です。乗車券はウィークエンドパスと酒田~和田で買ってあるので有効活用です。

IMGP3141.jpg

和田駅からすぐの乗り継ぎで、国際教養大学へ向かうバスへ乗ります。運賃は150円と安い。
バス車内では英語で会話している学生と思われる人。すごいところに来たな。
国際教養大学に到着。この大学は色々とすごいとのことなので見ておきたかったのです。
到着すると半裸で日焼けしている留学生の姿が。色々と常識を覆しています。すごいなここ。

IMGP3143.jpg

そしてカッコイイと有名な図書館を見学しました。関係者でなくとも見学するだけなら特に手続きは必要なかったのでよかったです。洋書が充実していました。

IMGP3150.jpg

国際教養大学から出ているバスは和田駅行きともう一つ。イオンモール秋田行きがあります。
これに乗車。遊びに行くと思われる学生が多数乗っており、バス車内の公用語は完全に英語。
自分らも見た目は学生。学生なのにバス車内で日本語で会話してる。完全にアウエー。
アウエーな感じのバスを頑張って切り抜けてイオンモールに到着。

IMGP3148.jpg

大津で食べて感動したオムライスの店、「ラケル」があったので夕飯にいただきました。おいしかったです。

IMGP3154.jpg

イオンモール秋田から四ツ小屋駅までは徒歩20分程度です。こういった道を歩くのは楽しい。
道中、田んぼがたくさんあり鳴き声が神秘的でした。

IMGP3167.jpg

秋田駅に戻り、適当に時間をつぶしたらもうこんな時刻です。前回の12泊と比べるとあまりにも旅行が終わるのが早すぎる。楽しい時間がすぐに終わるというのは悲しいものだ。

IMGP3172.jpg

来ました。やっぱり寝台特急は存在感がすごいなあ。

IMGP3177.jpg

ゴロンとシートです。貧乏なもので。今回は自分らの利用する区画では対面の下段が空き、対面の上段は高崎で降りるというおじいさんが秋田から乗車されていました。
夜行バスだと秋田→高崎なんて無理だから、夜行列車はこういった需要をうまく生かして生き残れるといいな。

IMGP3202.jpg

途中、連結部にあるテールマークを撮影していたら車掌さんが車掌室から出てきて、自分らが目の前にいたのでびっくりされました。
そして特別大ボーナスサービスでテールマークを点灯してくれました!優しい車掌さんだ!やっぱりこういうのって楽しい。

IMGP3217.jpg

もっと長く乗っていたい。高崎あたりで起きてそのままずっと起きていたものの、時間はすぐに過ぎ去って定刻に上野到着。

IMGP3218.jpg

本当に一瞬の寝台特急あけぼの乗車だった。このあけぼのもいつまで残るか分かりません。今回の乗車が最後にならないといいな。
今度乗るときは上野→青森という方向で乗ってみたい。ゴロンとならスリーデーパスや東北フリー乗車券での利用で最大限安く乗れますし。

(2012.8.15投稿)
プロフィール

sdfまたは綿貫渉

Author:sdfまたは綿貫渉
メインブログはこちら
更新できないことが多いですが、うp主は失踪していません。

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。